お肌をウルウル・プルプルにする為には、コットンパックでしょ!と思っているあなた。もしかしたら間違った使用方法で余計に、お肌に負担をかけているかもしれませんよ?

現にコットンパックよりも、ハンドプレスの方がお肌に優しく手のぬくもりで浸透させる方がよいとも言われていますが、コットンパックの効果的な方法、ハンドプレスが必要な時など、使用方法に分けてご紹介したいと思います。


『どんな時に使うのが一番?』
コットンパック使用する最適な時は、お風呂上りの毛穴が開き熱を持った状態の時に、化粧水をヒタヒタに湿らせたコットンを顔全体に包むように貼っていきます。その間にボディケアを行い、コットンパックの上から両手でハンドプレスします。
渇く前にコットンを取ります、時間は長くて五分で十分です。その変わり、コットンに含ます化粧水をケチらずに、化粧水が滴る位で行ってください。これが、乾燥しないためにコットンパックをしているのに、反対にコットンパックをしているのに乾燥を招く一番の原因です。

そして、入浴せずにコットンパックを行う場合は、スチームなど蒸気をあてながら行う事をお勧めします。ですから、夜は入浴後にコットンパックし、朝はスチームを使用しながらコットンパックしてください。


『コットンパックもいつもの化粧水を使う方が良いの?』
ハンドプレス用の化粧水を、コットンパックで使うとなると、少し勿体なく感じてしまいますよね?その時はコットンパック用にお手頃の化粧水を用意しておいて下さい。
そして、お肌の浸透はやはり、化粧水から浸透していくのでコットンパック用はサラサラのテクスチャのものを選び、その後のハンドプレスをする時はとろみのあるものを選ぶと言うように使い分けるのが良いと思います。
とろみのある化粧水でコットンパックを行うと、大量に消費してしまうのでお気を付けください。


『使用後のコットンパックの使い道』
使用した後のコットン、まだ使えそうだから勿体ないと感じます。そんな時は、ボディに使ってください。体も皮膚ですから、クリームだけで保湿するよりも、化粧水をボディにまんべんなく塗った後で、保湿ボディクリームを塗ると、お肌の潤いは全然違います。
体にも使用することで、コットンパックも無駄にすることなく使えるので、一石二鳥ですよね。


『コットンパックのNG行動』
・頬だけコットンパックし、あいている部分が乾燥している
・コットンパック後、ハンドプレスなしに美容液や保湿クリームを塗っていく
・強い力で叩き込む
・分厚いコットンを使わない
・出来る事ならオーガニックコットンを使用する

コットンパックに最適なのが、何枚にも分けられるコットンがお勧めですね。化粧水でヒタヒタにしたコットンを分厚く一枚貼るのではなく、薄く一枚一枚裂いていき全体に貼るのがポイントです。

これからの季節乾燥は大敵です!大人ニキビの原因や、ターンオーバーの乱れにも繋がるのでコットンパックは日々のスキンケアの一つに入れましょう。女子たるものいつの時でもお肌はプルプル・ツヤツヤでなくてはなりません!





↓↓【人気コラム】ズボラ飯レシピ・時短ダイエット法の記事はこちら!↓↓
超簡単!「缶詰」を使った、すぐ作れて美味しいズボラ飯レシピ4つを教えます。
足の筋肉を鍛えて基礎代謝UP!簡単時短トレーニング法で脱ぽっちゃり女子!


↓↓【人気特集】簡単&時短レシピにおすすめな食材を多数ご紹介中!↓↓
★全国各地の旨いを集めました!《お取り寄せグルメ特集》
★ご飯にのせてるだけで絶品!《めし友特集》




RSSを登録してWomanNewsの新着記事を簡単チェック!
follow us in feedly

rss






*:.。..。.:*・゚゚・*:.。゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・
EdyやTポイント、航空マイレージなど約200種類のポイントに交換できる
たんぽぽポイントが貯まる「たんぽぽメルマガ会員」の新規登録(無料)はコチラ