女性はホルモンバランスの影響もあって、肌トラブルとは常に隣り合わせです。思いもよらないときにふと現れる”大人ニキビ”。同じような場所に何度もできることもあれば、なぜこんなところに?というところにまで魔の手が及ぶことも。そんな大人ニキビの正体やできてしまったときの対策法&スキンケア方法をご紹介します。

【ニキビの種類】
ニキビと一言でいっても原因は様々です。実はニキビにも種類があるのです。種類によってニキビのできる場所が異なります。また、原因や対処法にも違いがあります。
■大人ニキビ
その名の通り、大人になってからできるニキビのことを指します。
■原因
表皮のターンオーバーが正常に働かずにリズムが崩れ、古い角質がうまくはがれ落ちずに肌表面に分厚く積み重なります。この分厚く積み重なった古い角質が毛穴をふさいでしまい、詰まってしまうことが原因。ターンオーバーの乱れの原因は様々あり、不規則な生活週間やストレス、肌に合わない化粧品やスキンケアなど人によって異なります。

■思春期ニキビ
思春期と呼ばれる10代にできるニキビのことを指します。
■原因
成長期真っ只中の思春期には、体の形成のために成長ホルモンが分泌されています。この成長ホルモンが皮脂腺を刺激することから皮脂分泌が過剰になる傾向があるため、毛穴詰まりを引き起こしやすくなります。
そこにニキビのもとともいわれる”アクネ菌”が繁殖し、ニキビができやすくなるのです。思春期を過ぎると、徐々にホルモンバランスも整い始めるので思春期ニキビは終息を迎えます。

【思春期ニキビとの大きな違いとは】
■ニキビ跡として残りやすい
大人ニキビは思春期ニキビに比べると跡に残りやすいのが特徴的です。しかし、思春期ニキビが酷かった人は跡に残っているのでは?と疑問を持つ方もいるかと思います。
根本的にみると、思春期と大人になってからではターンオーバーの周期に変化があります。思春期の若いうちはターンオーバーもより正常で、できてしまったニキビも適切なケアを施すことにより、健康な肌に戻るのが早いといえるでしょう。
しかし、年齢を重ねるとともにターンオーバーの周期は長くなってきます。そうなると、1度できてしまったニキビは適切なケアを施しても思春期ニキビに比べると治りは遅く、正常な肌に戻るには時間を要し跡になってしまうリスクが高まります。
■できる場所が異なる
思春期ニキビと大人ニキビでは、ニキビのできる場所が異なります。例えば、皮脂の分泌に大きく左右されやすい思春期ニキビは、顔のなかでも皮脂分泌の多い額や鼻にかけてのTゾーンと呼ばれる部分にできることが多くなります。
また、大人ニキビは生活習慣やホルモンバランスが原因で起こることが多いからかフェイスラインやあごにできることが多くなります。
これらが思春期ニキビと大人ニキビの大きな違いといえるでしょう。

【大人ニキビができてしまったときの対策法】
大人ニキビは一般的に、フェイスラインやあごを中心とした口周りにできることが多い傾向にあります。
■触らない!
基本的に、ニキビができてしまったときに共通することは”触らない”ことです。手にはたくさんの雑菌がいます。顔を清潔にしていても、ふとした拍子に手で患部を触ってしまい雑菌が付着することで、ニキビ部分で雑菌が繁殖し悪化してしまいます。
■患部を清潔に保つ!
先述にもありますが、不衛生な手で患部を触らないことはもちろんのことですが、ニキビができている部分も清潔に保つことが重要です。正しく洗顔を行い、肌質に合ったスキンケアを施します。大人ニキビができてしまったときは、まずこの2つを徹底しましょう。

【大人ニキビができたしまったときのスキンケア方法】
大人ニキビのスキンケアには落とし穴があります。ニキビというと、肌が脂っぽくてできるというイメージが一般的にうえついています。しかし、皮脂分泌が過剰になって起こるニキビというのは思春期ニキビを指します。
大人ニキビというのは、実は”乾燥”によって引き起こされることが多いといわれています。そうなると、スキンケアは保湿に重点をおいてしっかりと行うことが大切なのです。
■クレンジング選びが重要
メイククレンジングには、色んな種類があります。しっかりメイクも一気に落とすことができる”オイルクレンジング”や、洗い上がりがマイルドな”ミルククレンジング”など、肌質に合ったクレンジングを選ぶことが大切です。
大人ニキビが気になる方は、ダブル洗顔はなるべく避けましょう。ダブル洗顔はしっかりと汚れを落とすことができるものの、逆によく落ちることで必要な肌の油分までも取り去ってしまうデメリットがあります。そういった場合は、ダブル洗顔が不要なクレンジングを選ぶことをオススメします。
■スキンケアは保湿重視
ニキビにはなんといっても”ビタミンC”や”ビタミンC誘導体”がオススメ!これらを肌に塗布することで、過剰な皮脂を抑え毛穴を引き締めるのでニキビができにくくなります。
乾燥によりできやすい大人ニキビは、保湿が重要。今ではドラッグストアなどでもビタミンCやビタミンC誘導体が配合された化粧水も販売されています。そういったものを使うことで、保湿もニキビ予防の毛穴ケアもうまくできるでしょう。

いかがでしたでしょうか。大人ニキビは様々な原因でできてしまいます。繰り返し同じ場所にできてしまうのも大人ニキビの特徴です。きちんと洗う、きちんと保湿するというのはどのような肌タイプにとっても共通することです。しかし、大人ニキビもあまりに酷いときには、皮膚科を受診して薬を処方していただくことも検討しましょう。まずは普段の生活習慣を整えて大人ニキビができにくい体を作りましょう!


AI_IMG_7772500-thumb-1200x800-5622


↓↓【人気コラム】ズボラ飯レシピ・時短ダイエット法の記事はこちら!↓↓
超簡単!「缶詰」を使った、すぐ作れて美味しいズボラ飯レシピ4つを教えます。
足の筋肉を鍛えて基礎代謝UP!簡単時短トレーニング法で脱ぽっちゃり女子!


↓↓【人気特集】簡単&時短レシピにおすすめな食材を多数ご紹介中!↓↓
★全国各地の旨いを集めました!《お取り寄せグルメ特集》
★ご飯にのせてるだけで絶品!《めし友特集》