美白スキンケアの商品は色々出ていますが、本当に美白ケアが出来ているのか少し不安になってしまいますよね。美白スキンケアで注目されているプラセンタやビタミンCですが、この成分は美白よりも、お肌のハリなどの方が効果があって、美白スキンケアというには濃度が高いものでないと、あまり意味がありません。
季節問わず、紫外線でうけるお肌の負担を考えると、美白スキンケアコスメには、力を入れたいですよね。


 【シミや黒ずみが出来る原因とは?】

シミや黒ずみが出来る原因は、紫外線やお肌に対しての刺激によりメラニン色素が過剰分泌し、シミや黒ずみが出来てしまうのです。しかも、紫外線がお肌を貫くスピードはとても速く、年齢と共にシミや黒ずみは目立ってきてしまうのです。


【シミや黒ずみに効果抜群の成分、ハイドロキノンとは?】

このハイドロキノンという成分、実は美白効果にとても優れていて、日本での歴史は浅いのですが、海外ではシミや黒ずみに効果絶大として、シミなどの治療法として用いられていました。ですが日本ではまだまだ認知度は低いです。先ほども書きましたが、日本では美白スキンケアで多く使われているのが、プラセンタやビタミンcですが、このハイドロキノンという成分はこの二つよりも10倍~100倍の効果があると言われています。
プラセンタは美白予防に効きますが、シミや黒ずみを撃退するという効果は、とても低いです。ですが、ハイドロキノンは予防するだけでなくて、皮膚に色素沈着したメラニン細胞にも働きかけ、しかも予防するという。今美容界では最も注目されている成分なのです。


【ハイドロキノン配合の化粧品】
ハイドロキノン配合のスキンケア商品は、日本でも沢山発売されているのですが、このハイドロキノンという成分、効果が絶大な分副作用もあることで知られています。ですから、ハイドロキノン配合と言っても、その成分は約2%しか使われていません。ですから、お肌に悪影響を及ぼすことはないのですが、異様に敏感肌なのであれば、パッチテストを行うのもいいでしょう。


◆オバジ(ブライトニングナイトセラム)
オバジの化粧品は昔から人気の化粧品です。オバジの人気商品でもあるオバジCは、高濃度のビタミンCが配合されているので、お肌をよみがえらせる最高の美容液と言われています。そのオバジから「ブライトニングナイトセラム」という美白化粧品があることをご存知ですか?ハイドロキノンは本来成分が劣化、酸化しやすいものなのですが、オバジの独自の安定化技術により刺激が起こりにくく作られていますので、お肌が敏感な方でも使用できると思います。スポッツケア専用の夜用集中美容液となっていますのでお手入れの方も簡単なのが特徴です。


◆ビーグレン(ホワイトクリームex)
ビーグレン化粧品は、大人ニキビに長けている化粧品です。その為、大人ニキビによるニキビ跡の沈着などの効果もあり、お肌トラブルで悩んでいる方の救世主とも言われています。そのビーグレンから、新たに美白スキンケアシリーズが出来、ハイドロキノン配合のクリームが誕生しました。それでなくても、ビーグレンはナノ化に特化しているので、ハイドロキノン配合の化粧品も効果を期待できると思います。美白ケアシリーズも人気ですが、大人ニキビシリーズのCセラム美容液も高い美白ケアも出来るので、こちらの商品もお勧めですね。


◆アンプルール(ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ)
アンプルールの美白ケアシリーズは、点と面との両方で攻めるという、効果が期待できる化粧品です。今回はその点の、ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQをご紹介したいと思います。この化粧品のポイントは、特殊シリコンゲルがぴったりと密着することで、ハイドロキノンの成分を逃すことなく一部集中型でお使いいただけます。

ピンポイントで気になる部分に、働きかけるので効果の実感は早く感じられると思います。気になる部分が大きな範囲なら、もう一つの人気化粧品、ラグジュアリーホワイト薬用アクティブフォーミュラをお勧めします。こちらは、顔全体のくすみや透明感のなさに、配合されているハイドロキノンが効果的に働き、シミの発生を防ぎお肌の透明感を生み出します。


日本での認知度は低いと言われていますが、これほどまでに効果を実感できる美白成分は少ないと思います。その分の副作用もあると言われていますが、日本の技術でハイドロキノンを安定化することを重視されているものが多いので、心配することは有りません。

年齢が気になりだした時に、美白スキンケアに変えるのは正直遅いと思います。シミや黒ずみは出来てからでは遅いのです。ですが、美白スキンケア化粧品は、効果を感じるのに時間がかかってしまうものが多いので、途中でやめてしまう方が多いです。ですが、お肌は持続させることが大切、まだシミが顔を見せていない時から、美白化粧品をスキンケアの一つに入れ、これからのお肌のために使う事をお勧めします。

名称未設定 1

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)