「ささむけに引っかかってストッキングが電線してしまった…」
外気が乾燥してくるこの季節、このようなご経験があられる方もいらっしゃるのではないでしょうか。空気の乾燥と共に口やほっぺなどの顔の皮膚も乾燥してきますが、その他にも乾燥を感じることが多い部分が「手」です。お肌の乾燥には、化粧水や乳液などのスキンケア商品。そして、手のケアに必要不可欠なのが「ハンドクリーム」です。
最近では、店頭に並ぶハンドクリームも沢山の種類があってどれを選んでよいかわからなくなりますよね…好きな香りで選ぶのもよいですが、自分の手の乾燥の状態に合わせてハンドクリームを使用するとより一層効果を出すことができます。今回は、乾燥する季節の手荒れとハンドクリームの選び方についてお伝えさせて頂きたいと思います。

<手が荒れる原因とは?!>
寒くない季節でも手が乾燥することはありますが、やっぱり冬の季節はケアが必要なほど乾燥するものですよね。そもそも、手が荒れる原因は何なのでしょうか??


お湯で食器を洗う
寒い季節、ついつい食器洗いをお湯で洗ってしまうという方も多いのではないでしょうか。しかし、その行為は、手を簡単に荒れさせてしまう原因になるのです。皮膚の潤いを保ってくれている皮脂膜やセラミドは42℃位の温度のお湯だと溶け出してしまいます。そして、食器を洗う際に洗剤を使用する事で手荒れを助長してしまいます。*熱い温度のお風呂に入るのも同じことがいえます。

冬は、外気も乾燥しますが、まず気温が下がります。
気温が下がると冷え性の方は指先などの末端まで血液がスムーズに流れず血行が悪くなるのです。そうすると、手先まで栄養が行き渡りにくくなり手荒れを起こしてしまうことがあります。


<自分に合ったハンドクリームの選び方とは??>
沢山の種類がある中、自分に合ったハンドクリームはどのようにして選べば良いのでしょうか。タイプ別にお伝えしたいと思います。

手の角質が厚くなっていてゴワゴワしている方
手の角質が厚くなりゴワゴワしている方へお勧めのハンドクリームは「尿素配合のハンドクリーム」です。尿素は、もともと身体の中にもある成分で厚くなった角質を柔らかくしてくれてなめらかにしてくれる作用があります。ですので、手だけではなく肘やかかと、膝小僧などがゴワゴワしている場合にも使用できます。

しかし、尿素配合のハンドクリームは、皮膚が薄い方が使用すると余計に薄くしてしまい肌の保湿機能を落とす事にもつながるので注意が必要です。角質が厚い方も、使っている内になめらかになったら違うタイプのハンドクリームに切り替えるようにしましょう。

肌の水分が逃げて乾燥されている方
ヒアルロン酸やセラミド(皮膚の水分保持などに役立つ成分)が多く含まれているハンドクリームがオススメです。特に、熱いお湯で手を洗った後の乾燥は、角質層内のセラミドが溶け出して少なくなっている状態ですのでたっぷり補ってあげましょう。


あかぎれ、ひびわれをされている方
あかぎれやひびわれの状態は、水分と共に油分が足りなくなっている状態です。そんな方は、水分や油分を補ってくれるビタミンを多く含むハンドクリームがオススメです。

特に、ビタミンEが配合されているハンドクリームは油分と水分を補うと同時に血行も良くしてくれるのでしもやけの方や冷え性の方にもオススメです。

アレルギーをお持ちの方
アレルギーをお持ちの方は、人間の皮脂に近いスクワランなどのオイルを使用しましょう。ワセリンや酸化しにくいホホバオイルなどもオススメです。


<手荒れを予防する方法>
せっかくハンドクリームで乾燥のケアを行っても、日常の生活で手荒れを起こすような事をしていたのでは本末転倒ですね。手荒れを起こさないように予防するためにはどのような事に気をつければ良いのでしょうか??

入浴やシャワー、食器を洗う際のお湯の温度に気をつける
お湯の温度が42℃になると、肌の皮脂膜や保湿成分が溶け出します。お湯を使用するときは38℃~40℃に設定しましょう。


家事を行う際は手袋を装着する
食器洗い、掃除などを行う際は、手袋を装着して行いましょう。素手で掃除などを行うと、手を何度も洗ってしまうことに繋がり乾燥をまねく原因になります。もし、ゴム手袋を装着するとアレルギーが出てしまうという方は、ゴム手袋下に薄い面の手袋を装着すると改善されます。


なるべく手足が冷えないように気をつける
冷え性の方は、末端まで血液がスムーズに運ばれにくい状態で栄養も運ばれにくくなります。ですので、なるべく手足などを冷やさないようにすることが大切です。ながら美容で、テレビを見るときなどにハンドクリームを塗って綿の手袋を装着すると冷えを予防してくれます。

手は、身体の中でも、季節を問わず人前に出すことが多い部分になります。そして、年齢が出やすい部分でもありますよね。夏の紫外線ケアを怠らないことももちろんですが、冬の乾燥する季節もきちんと保湿ケアを行い、いつまでも若々しい手を保てるようにしましょう!!

49dfa6fb-c559-4b78-94ea-1a4c9f927181_l
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)