夏の季節、美肌対策として必須なのが「紫外線対策!!」では、冬の季節に美肌を保つための対策は??これからの時期の美肌対策に「肌の保湿」が大切なのはもちろんですが、実は、秋冬の季節も「紫外線対策」を行う事はとても重要なのです!!今回は、夏と秋冬の紫外線が肌に与えるダメージの違いと秋冬に最適な「紫外線対策方法」をお伝えさせて頂きたいと思います!!

夏と秋冬の紫外線が与える影響の違いは何?!
<夏の紫外線が肌に与える影響>
紫外線が降り注ぐ量が多い夏は、一年の中でも紫外線が地上に降り注ぐ量が多い季節になります。特に8月は、紫外線の中でも肌の炎症を起こす原因にもなるUVBの照射量が一番多く、紫外線対策を怠ると火脹れなどの肌トラブルを起こしやすくなります。

顔だけではなく身体も日焼けしてしまう
夏の季節は、薄着や肌の露出が多くなるので身体の日焼もしやすくなります。特に、年齢の出る首や手なども日焼けにより、シミが出来たりシワやたるみを引き起こしてしまうこともあります。

日焼け止めが落ちやすい
夏場は気温や湿度が高いため、日焼け止めなどを使用してもはがれやすい状態になります。塗り直しをしないことがムラ焼けの原因になったりもします。

<秋冬の紫外線が肌に与える影響>
油断して日焼けをしやすい
秋冬は夏に比べたら紫外線の照射量自体は減りますが、全く紫外線が地上に降り注いでいないわけではありません。気温も下がり日照時間も減るため日焼けをしている感覚がなくなることによって「うっかり日焼」が起こりやすくなります。

肌の乾燥により紫外線の影響を受けやすい
秋冬は外気の乾燥と共にお肌も乾燥しやすくなってきます。角質層の水分量が減るとバリア機能が落ちて紫外線の影響を肌に受けやすくなるのです。

日差しに長時間あたっている時が増える
夏場は、日差しも強いので日頃から日傘をさしたり外出した際にはなるべく陽に当たらないように自然と気を遣うようになりますが、秋冬は日差しが気にならないこともあります。そうすると、長時間、紫外線を浴びていても気付きにくくいつの間にか日焼けをしていることが多くなるのです。
このように夏場に紫外線対策を行うことは必須ですが、秋冬も美肌を保つためにきちんと肌を紫外線から守ることが必要な季節なのです。では、秋冬の紫外線対策はどのような方法があるのでしょうか??

秋冬に適した紫外線対策とは??
対策1、日差しを感じたら日傘をさす
秋冬になると夏に比べると大分日差しも和らぎますが、特に秋はまだまだ紫外線の量が多い季節です。外出時には日傘を持っていくようにし日差しを感じたらきちんと日傘をさすように心掛けましょう。

対策2、肌の保湿を怠らない
肌の角質層は外からの刺激(紫外線、アレルゲンなど)から肌を守ってくれています。この角質層内の水分量が乾燥により減少すると外からの刺激も肌の中に入りやすくなり肌トラブルを起こしやすくなるのです。肌にたっぷりの水分を補うということは、それだけで紫外線の影響を受けにくい強い肌を作ってくれることに繋がります。

対策3、日焼け度止めを塗る事に気を遣う
秋冬は、日焼け止めよりも保湿系の下地などに目がいきがちになりますが、必ず日焼け止めを塗ることを忘れないようにしましょう。また、夏同様に日焼け度止めが剥がれてきたなと感じた時はこまめに塗り直すように心がけることも必要です。

対策4、室内でも日焼け止めを塗るようにする
これは、夏でも秋冬の季節でも言えることですが、日焼け止めは外出時だけではなく室内にいるときでも塗る必要があります。紫外線の中でも、シミやしわ、たるみなどを火kじ起こす原因にもなるUVAの波長は長いためガラスもすり抜けて室内に届いてしまいます。ですので、室内でノーメイクでいるということは避けて日焼け止めをきちんと塗るようにしましょう。

対策5、日焼け止めのタイプを変える
秋冬になったら、保湿効果の高い日焼け止めに切り替えるようにしましょう。また、乾燥肌の方などは、乾燥がひどくなると肌が敏感になるので、日焼け止め商品も紫外線吸収剤(化学反応によって紫外線を吸収し熱などのエネルギーに変換し肌内部に紫外線の影響を与えないようにしたもの)の商品よりも、紫外線散乱剤(肌表面に受けた紫外線を乱反射させ肌内部に届かにようにするもの)の商品を選ぶようにされると肌への負担は少なくなります。
*最近は、「紫外線吸収剤不使用」や「ノンケミカル」「吸収剤無配合」などの表示もされていますので、肌が弱い方が日焼け止めを購入される場合は確認される事をおすすめします。

これからの季節は、ただでさえ乾燥肌で悩ませられる季節になります。せめて日焼け止めをきちんと塗ることで紫外線の悪影響を肌に受けないようにしたいものですね。また、夏場に受けた紫外線の影響もこの秋冬でケアする必要もありますので、紫外線による新たなシミを出現させないように紫外線対策を頑張りましょう!!

130725-nikibi-ultraviolet-rays
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)