体のパーツで、気になる部分。足、二の腕、お腹と筋肉が男子よりも少ない分、脂肪がぷよぷよと目立ってしまうのです。腹筋でぽっこりお腹を引き締めることも出来ますが、毎日の積み重ねが大切な筋トレだから、今日明日でお腹が引っ込むことはありません。

しかもお腹が出ていることで、早くも中年体型の仲間入りを果たしているのは、女子として辛い所です。ウェストラインは女子の象徴ともいえる部分なので、ココが引き締まっていないとファッションもおばさん臭くなってしまいますよね。
でもやっぱりファッションは楽しみたい!トレンドのファッションアイテムで可愛い冬コーデがしたい!そんなぽっこりお腹ボディの女子達のために上手に隠せるコーディネート術を紹介いたします。


【ぽっこりお腹で苦労すること】

ぽっこりお腹を隠すコーディネートとなると、ワンパターンになってしまいがち。だからと言って色々なファッションを楽しみたいですよね?そんなぽっこりお腹で悩む女子の日々の苦労とは一体どういったものでしょうか?

◆シルエットがはっきり見えるコーディネートが出来ない
シルエットが綺麗なワンピース、ニットセーターなどボディラインがはっきりくっきりと出てしまう服装は、ぽっこりお腹には手が届かないファッション。スレンダータイプのアイテムが最近は多いので、何かとお腹が気になってしまいます。

◆締め付ける系のアイテムは苦手
タイトスカートや、レギンスタイプのボトムは伸縮性がなく、お腹は窮屈になってしまいます。お出かけの時に、そのようなコーディネートを選んでしまうと、時間が経つにつれ気分が悪くなりやすいようです。

◆ワンピースばかりのワンパターンファッション
シルエットが気にならないストンとしたワンピースが、ぽっこりお腹ボディ女子の必需品。ですが、色々なファッションが楽しめなくなりがちで、気づけばクローゼットの中は季節折々のワンピースばかり…。

◆デニムやボトムなど、腰で履けない
ローライズが流行った時、1番困りましたよね。腰で履くタイプのものはぽっこりお腹では辛いです。しかも1番脂肪がついている所で、ボタンを止めるので足は入るのにボタンが閉まらないという切ないお話もよく聞きます。

◆お腹のポッコリの存在感をなくすために、ボトムカラーは基本的に黒がメイン
お腹を目立たせないようにと、ハイウェストボトムも黒や寒色カラーを選びがちです。ですが、そうなるとコーディネートの色合いは無難になってしまいますし、可愛さもへったくれもありませんよね。


【ぽっこりお腹でも大丈夫!上手に隠せるコーディネート術】
それでは、ボディラインに自信がない方必見の、上手に隠しちゃいます講座!数あるファッションアイテムの中から、ぽっこりお腹でも大丈夫なコーディネートを紹介したいと思います!

◆ハイウェストボトムは大判な柄物でぼやかすこと
ハイウェストタイプのボトムは、ぽっこりお腹女子からすると神的アイテム。ですが、ハイウェストはハイウェストでも、ボトムを柄物にしコーディネートのポイントにしちゃいます。そしてスカートならフレアの物を選び、フワフワ感を出しお腹をカバーしちゃいます。今季のトレンド感も出し、尚且つ女の子らしく見えるので一石二鳥コーディネートです。

◆ダボダボニットでウェストラインを徹底カバー
ウェストラインを出さなければいい!トップスをダボ系のスウェットやざっくりニットで上半身のラインを、すっぽり隠しちゃいましょう。ですが、この時足は出すなどメリハリを付けることで抜け感を出してみるといいと思います。ショートパンツなら、足は寒色カラーのレギンスやタイツなどがお勧めです。

◆細ベルト、太ベルトを有効活用しよう
ワンピースの時でも、何かアクセントを入れたいという時ベルトを有効活用します。細ベルトは縦のラインを際立たせるので、ワンピースなら細ベルト。フレアスカートなど、トップスとボトムがバラバラの時は、太ベルトでまとまりを持たすことでぽっこりお腹は目立ちにくくなります。

◆カラーサッシュでコーディネートのワンポイントに
サッシュは高度ファッションアイテムだと思いがちですが、カラーサッシュを使うことでコーディネートのポイントを腰回りに持っていきます。カラーと言う色物を持ってくることでウェストラインは引き締まって見え、しかも上級者おしゃれコーディネートに見えるのです。


ぽっこりお腹で好きなファッションを諦めていませんか?ポッコリお腹を凹ますためには、腹筋やウェスト重視のストレッチがお勧めです。いつか理想の体型になるまで、それまではポッコリお腹を隠すコーディネート術で試してみて下さい。そんな毎日でも色々なコーディネートで、自分にあったモノを探す楽しみを無くさぬように、どんどんファッションを楽しんでみて下さい。


20130627073559_51cb6ccf32b21

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)