オシャレ上級者は「ワントーンコーデ」が上手にできています。ワントーンコーデは、今年の流行りのファッションですが、なかなかうまくいかないものですよね。しかし、コツを掴むことでワントーンコーデを上手に着こなすことができますので、ぜひ頑張ってください。

ワントーンコーデとは?
白や黒、グレーなどの一つの色で全身コーディネートする着こなし方のことをいいます。

2014秋冬のおすすめカラーとは?
今年に秋冬のオススメカラーは、黒、白、ネイビー、グレー、ピンクなどになるでしょう。

ワントーンコーデのおすすめコーデ
・グレーコーデ
グレーは色の濃淡がつけやすいので、ワントーンコーデが苦手な人でもトライしやすいものとなります。微妙に色味の違うグレーを合わせ、タイツまでグレーにしてみまそう。シャツをはさむことでメリハリがつくでしょう。また、パーカーにしてカジュアルにしてもいいですし、チェスターコートをもってきても大丈夫です。グレーだと重たくならないので、オシャレな印象を与えることができます。

・白
全身コーデはやっぱり「白」をきわめたいところですね。冬だからこそ白。まさに新鮮です。とはいっても、全身白で統一するのは難しそうだと思いませんか?白パンツを履くときは、白ニットを合わせましょう。そこで黒の小物を持ってくることで引き締まります。
白ニットにプリーツスカートを合わせた上品コーデもオススメです。また、タイトスカートで合わせることで女っぽさを上げることができます。さらに、アウターに白を持ってこれたら上級者です。

・黒、ネイビー
黒・ネイビーは異素材で着るのがコツです。重たい感じになりやすいので、ニットやチュールスカートにすると、重たい感じがなくなります。ネイビーのワントーンも、チェックを取り入れることで華やかさを出すことができます。メンズライクなチェスターコートも、ネイビーにすると女性らしくなりますね。ここでヒールを合わせておくと、大人っぽくすることができますよ。

ただ単色を合わせるだけではだめ
ワントーンコーデは、単に同じ色を合わせるだけではいけません。同じ色が続いてしまうとメリハリがなくなってしまいますので、トップスとボトムスで素材を変えてみるようにしてください。白や黒のワントーンコーデにしたら、ニットに同じ色のデニムを合わせることでメリハリが出てきます。

・同じ色味で濃淡を
淡い色で全身をコーデしてしまうとぼんやりしてしまいます。また、上下ともに濃い色にしてしまうと、はっきりしすぎてしまいますよね。同じ色味の中で濃淡のグラデーションを作るようにしてください。

・柄を入れる
無地でワントーンコーデをすると地味になってしまう場合は、柄アイテムを入れてみましょう。ただし、色は変えてはいけませんよ。カラーを変えずに、縦じまの柄の入ったものを持って来たりすることで印象が変わります。

・小物を入れる
白系の色で統一してみたら、なんとなく物足りない・・・ということであれば、バッグやベルト、靴に差し色を入れることでアクセントができます。冬であれば、ブーツですよね。後は、ストールなどでしょうか。

さいごに
ワントーンコーディネートは、文字通りファッションを同じ様なトーンのカラーでまとめるファッションです。しかし、単色で揃えてオシャレに着こなすのは、それこそ上級者しか無理だと思います。ワントーンコーデがうまくいかないのであれば、カラーを似せるだけでも十分だと思います。
同じトーンのアイテムを使うだけではただのシンプルなコーディネートになってしまいますので、「奥行き」のあるカラーコーデにチャレンジしてみてくださいね。ワントーンコーデの場合、あまりにも個性的なカラーを使ってしまうと、非常に難しくなってしまいます。黒であってもアクセントをつけづらくなってしまいますよ。オシャレな人は簡単にコーデをしていますが、それは「熟練」されているからです(笑)
もちろん、そういった人たちの格好をまず真似することから始めてもいいと思いますが、やりやすい「グレー」でワントーンコーデを始めてみるようにしましょう。また、あまりにカジュアルな雰囲気を作ってしまうと、部屋着みたいになってしまいますので、注意してくださいね。
ワントーンコーデが最初は難しかったら、グラデーションコーデから始めてみてもいいと思います。グラデーションコーデのほうが、やりやすいですからね。コツをつかんで、ワントーンコーデに挑戦してみるようにしましょう。ピンクのワントーンコーデも人気ですが、あまりにピンクピンクし過ぎると、痛々しく見えるのでご注意を・・・。

20140419_hiruta_1
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)