肌荒れの原因になったり、ぽっこりお腹になってしまいスタイルが悪く見える原因になったりと、便秘は女性の永遠の課題でもあります。食べるものにも気を使っているし、水も人より多めに飲んでいるという自負があるにもかかわらず、便秘でお悩みの方も多いのではないでしょうか?そんな方にオススメしたいのが「腸マッサージ」です。便秘が起こる原因とともに、ご紹介していきたいと思います。

【便秘が起きる原因とは?】
もともと、女性は便秘になりやすい体型をしています。男性よりも骨盤が広く、腸が骨盤内に落ち込んでしまい、たるみやすいため、便が腸内に滞留する時間が長くなってしまうのです。そのため便が硬くなり、便秘に陥ってしまうんだとか。また腹筋や横隔膜の筋力が弱いので、排出する力も弱いのも関係しているようです。他にも、様々な原因があります。

水分不足
水分が不足してしまうと、便が硬くなってしまい、排出するのが難しくなってしまいます。また便秘になると、便の水分が奪われてしまうので、より排便が困難になってしまうのだとか。

運動不足
運動不足になってしまうと、排便に必要な腹筋や横隔膜の筋力が弱ってしまい、排便が促されずに便秘が引き起こされてしまいます。またストレスを溜め込みがちになり、便意を感じにくくなるんだそうです。

腸内環境の悪化
腸内には、善玉菌と悪玉菌が存在しています。この2つのバランスが乱れ、悪玉菌が増えすぎてしまうと、腸の働きが鈍ってしまい、便秘になってしまうのです。しかし現代の食生活は悪玉菌を増やす肉類を多く摂取することが多いため、腸内環境を整えるのが難しく、便秘になる人が増えてきているのでしょう。

食物繊維不足
先にも書いた食生活の変化により、食物繊維を摂取することが戦前に比べると半分以下になっているのだとか。消化・吸収・排便にあたって、非常に重要な役割を持つとされているため、不足すると便秘が引き起こされてしまうのです。

【腸マッサージとは?】
様々な原因で引き起こされる、便秘。しかし、いきなり生活を変えるのは難しいのではないでしょうか?そこでオススメしたいのが「腸マッサージ」です。腸をマッサージして動かすことで、腸内に滞っている老廃物に刺激を与えます。
そして、便を移動させ、便意を促すというもの。場所や時間にとらわれずに出来る上、服の上からでも可能です。所用時間も1分〜2分と、短くて済みます。ただすぐに効果が出るものではないので、まずは2週間続けるようにしてください。

【自分でできる正しい腸マッサージの方法】
では、どのように腸マッサージを行えばいいのでしょうか?今回は基本のやり方を、ご紹介したいと思います。
1.椅子に腰掛け、背筋を伸ばします。
2.指を開き、ウエストの両脇に当てましょう。指を動かしながら、手も上下に動かしてください。力はやや強めに、だいたい10回程度おこないましょう。
3.おへそから3cm左横を両指先でおさえます。そこからU字を描きながら、おへその右横まで動かしましょう。老廃物を移動させるイメージで、3回おこなってください。なんとなくゴリゴリしたような感覚を感じたら、その部分を入念にマッサージしましょう。
4.おへその右横から、上を通り、左下まで、先ほどと同じ手の形をしてマッサージしてください。特に、左下は大腸の出口です。便を流すように、しっかりとマッサージしましょう。こちらも同じように、3周おこなってください。
5.最後は、お腹全体を右下からグルッと1周マッサージを5回してください。ゆっくりと丁寧に、腸内に溜まった毒素を移動させるイメージでもみほぐすことで、便意を促します。

これなら、思い立った時やオフィスに座っていてもできますよね。もちろん寝た状態でも可能です。その際は仰向けに寝転がって、ひざをたてた状態から始めてください。お腹の筋肉を緩めるポーズなので、マッサージがより効果を発揮します。生理前におこなうと、ストレスやイライラなどの不快症状をやわらげ効果も期待できるんだとか。ただ妊娠中と、生理痛がひどい時は避けてください。

ここまで紹介した便秘解消にオススメな腸マッサージですが、実はダイエットにも効果的なのです。腸マッサージを続けることで、ウエストや下腹がほっそりした方も多いんだとか。美肌にも、健康にも近づける上、スタイルがよくなるなんて最高ですね。短時間でできますから、すきま時間に今から実践してみてはいかがでしょうか?

cho-massage_0
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)