寒い季節になってくると、お肌は嫌でも乾燥してきますよね。特に女子はメイクもするので乾燥したからといって、直ぐにクリームを塗れるというわけではありません。ボディもどれだけスキンケアしても、時間が経てば痒みが出るほどの乾燥肌の人も珍しくなく、ボディクリームが色々な所から発売されているのも納得です。
ですが、なぜ秋冬になるとお肌は痒みを発生するのでしょうか?乾燥からくるものだったとしても、乾燥=痒みに繋がる理由を皆さんご存知ですか?今回は、お肌の痒みを徹底解析したいと思います。


【秋冬になるとお肌が痒くなる原因】

原因1、 お肌のバリア機能の低下

お肌は色々な要因で、お肌の体力が低下してしまいます。極度な冷えや寒いからといって、熱いお風呂にはいるなど、私達が寒さを緩和させるためにしている行動が、お肌の体力低下につながっている場合があるのです。一概には言えませんが、その体力低下が原因でお肌のバリア機能に大切な皮脂膜が上手く作られなくなり、ちょっとした刺激に対しても敏感になってしまい、そのため痒みなどの症状に表れるのです。

原因2、 秋冬で寒い時期だからといって紫外線対策を怠らない
紫外線対策をしているのは、紫外線が強い夏や春だけです~という方が多いですが、絶対にダメです!秋冬の寒い時期でも紫外線はちゃんとあります!女子からすると紫外線はお肌の大敵、お肌の機能を低下するばかりか、より一層乾燥肌にしてしまう原因なのです。紫外線はお肌のターンオーバーを狂わし、弱めてしまうので弱くなったお肌は、少しの刺激で痒みをおぼえます。今では、顔だけでなく体に塗るボディクリームにもSPFが配合されているものもあるので、秋冬はお肌を服で隠すからといっても、気を付けなくてはいけない所です。

このように、冷たい所と温かい所の差が激しい秋冬は、お肌の刺激にもなりやすいため痒みが出るほどの乾燥を招くのだと考えられます。
夏の場合でもそうですよね?クーラーがガンガンな所と太陽の下だと差がありすぎて、乾燥しやすくなってしまいます。ですが夏の場合は、自ら皮脂や汗がでるので秋冬のように痒みまで伴う乾燥はしないのです。


【痒みを抑える・乾燥を招かないボディケア方法】

◆乾燥を招かないためには、入浴後のケアが最も大切!

お風呂上りはポカポカして体が温まっているから、乾燥なんかしない!と思っている方も多いですが、お風呂上りは一番乾燥を招く重要なポイントです。
入浴によりお肌の水分は蒸発されるため、早めの水分補給が必要になります。体内の水分もそうですが、お肌も同様です。お風呂から上がって、まずすることは保湿クリームやボディオイルなどで水分の蒸発を防ぐことです。それでも乾燥が気になるという方は、保湿クリームやボディオイルを塗る前にお手持ちの化粧水で体全体を潤わすと、その後の保湿クリームやボディオイルの持続性は高まると思います。

◆入浴時、お肌をゴシゴシこする行為はお肌を傷めている!
体を洗う時、スポンジやタオルなど洗いますよね?それが乾燥を招く要因でもあります。体の汚れを取るために念入りにゴシゴシしてしまいがちですが、お肌はそれほど強くありません。
ですから、お肌を傷つける事でもバリア機能の低下に繋がり、お肌を弱めていってしまうのです。モデルさんたちのボディケアは基本的に手で洗うといいます。そして一週間に一回くらいの頻度でボディスクラブをして角質ケアも行っているのです。
手で洗うだけでも十分汚れは取り除かれますし、毎日の事なのでそんなに体は汚れる事はありません。手だと洗った感じがしないと変な気持ちですが、それはいつもゴシゴシと洗っている癖なので、手で洗う事も慣れれば気になりません。

◆保湿クリームを塗った後は、夜用のタイツなど締め付けないもので、カバーする!
保湿クリームやボディオイルを塗った後は、ちゃんと保護しましょう。塗った後はそのままと言う女子が多いのですが、潤いを逃さないためにも上からカバーするのです。就寝前になるので、それほど締め付け効果のあるものは反対に体に良くないので、緩めのレギンスや浮腫みとりに最高のメディキュットなどで潤いを保護するのです。そうすることで、朝までお肌はプルプル潤い、外出時にまた軽く保湿クリームを塗ることで一日持続できると思います。


その他に、ボディケア以外にも乾燥を防ぐ方法があります!
乾燥肌は外的刺激ばかりではなく、日々の生活習慣にも原因は隠されており、疲労やストレス、そして睡眠不足なども乾燥肌を招いてしまうのです。規則正しい生活をすることで、体内ケアも出来るので、生活習慣も見直す必要はあると思います。お肌の痒みの主な原因は‶乾燥“からくるものと感じられます。その乾燥は、日頃のボディケアや日々の生活主観を見直すことで、痒みの原因の乾燥は防ぐことが出来ると思います。

hot-6

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)