昔では、ファンでは黒めで眉はきりっと吊り上がった、イケイケ系なメイクが流行ったり、美白重視でマスカラ・アイライナーバッチリのデカ目メイクが流行ったりと、女子のメイクで時代風景がわかるほど、メイク方法は日々進化しています。流行りのメイクを全部取り入れるのは、やはり自分の顔に合っている、合っていないで判断するので、難しいとも思いますが、誰でも作れて、しかも簡単に可愛い女子を演出出来ちゃうメイク方法が最近の流行りです。


その一つが『涙袋メイク』です!
涙袋が流行り出したのも、きっと韓流の影響でもあるとおもいます。なにしろ韓国人スターの方たちは、男子女子関係なく、びっくりするほどキレイに涙袋があるではありませんか。その涙袋メイクをするのと、しないのとでは顔の印象は大きく変わり、顔全体を女の子らしく優しい印象にしてくれるのです。
では、今流行りの『涙袋メイク』のナチュラルに見せ方と、メイク下手でも大丈夫!簡単メイク術をご紹介したいと思います。


【涙袋メイクが人気の理由とは?男子受けがいいメイクナンバーワン!】涙袋メイクの元祖、韓国で人気のオルチャンメイク!オルチャンって一体何?という方に簡単に説明させていただきますと、オルチャンとは韓国語で「可愛い」という意味らしく、童顔で可愛らしい女の子を表す言葉として使われています。ナチュラルメイクだけど、目は大きく肌は陶器のようで、しかも抜け感があるメイク方法となっています。
そのオルチャンメイクで基本中の基本なのが、涙袋メイクなのです。涙袋をぷっくり見せることで、目が大きく見え、可愛さを極限まで上げ、しかも小顔効果まで感じさせるという利点があり、今トレンドのメイク方法では、この涙袋メイクが女子の中では必須となっているのです。


【涙袋メイクの簡単な作り方】
では、初心者の方でもメイクがあまり苦手でない方でも、簡単に可愛い印象に見せる涙袋メイクの方法をご紹介したいと思います。

◆用意するものは、いつものメイク用品の中から選びましょう!
・眉毛ペンシル(明るめのブラウン)
・アイブロウパウダー(明るめでも、普通でもどちらでもOKなブラウン)
・ゴールド系のアイシャドウ(ラメ入りならなおよし)

この三点があれば、誰でも簡単にキュートな涙袋を完成させることができちゃいます。

◆涙袋を書き足す順番は、ファンデーションでお肌を整えた後
最後にこの涙袋を書き足してしまうと、目だけが浮いて見えるので書く順番は初めの方がイイと思います。メイクが完成するときには、ちゃんと目に馴染んで見えるので、浮いて見える心配はありません。

◆それでは、涙袋を書いていってみましょう!
1、まずは眉毛ペンシルで、笑った時に出来る目の下のくぼみに線を入れていきます。
この時、一回できつく書いてしまうのではなく、軽いタッチでサッサッサと細い線を入れていきます。眉毛ペンシルは、初心者の場合柔らかめの方が書きやすくて、馴染みやすいのでおすすめです。

2、その次に、アイブロウパウダーを使い、先ほど眉毛ペンシルで書いた線の上を、ぼやかすようになぞっていきます。
こちらは、ぼやかすために使用するものなので、眉毛ペンシルの色味よりも少し明るめの方がお勧めです。そして、下まつ毛が生えている際の部分も、同じようにブラウンのパウダーで軽く引きます。

3、最後にゴールド系のアイシャドウで、一番ふくらみのある部分に軽くポンポンとのせていきます。
ここで注意が必要なのですが、先ほどと同様にガッツリ線上に引いてしまうと、ゴールドが強く出ちゃうので、ここは控えめのポンポン位がベストです。

いかがでしたでしょうか?意外に簡単だと思ったかたは、この使用しているメイク用品を自分なりにアレンジし、自分に合った涙袋メイクを研究するのもいいと思います。


【涙袋メイクの注意点!】
涙袋メイクで注意が必要なのは、やりすぎない事です!もっとぷっくりみせたいからといって、ふくらみを見せるアイシャドウを引きすぎると、違和感の塊でしかありませんからね。
如何にナチュラルに近づけるか、元々私涙袋ありましたから的に見せられるか、どうかが勝負なのです。初心者の方にはあえてゴールド系のアイシャドウと言いましたが、最近では涙袋メイク用のペンシルも発売されているので、そちらでも簡単に涙袋を作ることができます。
ですが、ハイライトの白と涙袋が交わらないように、ブラウン系のペンシルやパウダーでメリハリを作ることを忘れないように!

メイクにはファッションのように、今の流行りが大きく関わってきます。流行りだからといって似合わないメイクをするのはどうかと思いますが、この涙袋メイクでいつもの変わり映えしないメイクを少しイメージチェンジするだけで、一気に今年っぽいメイクになり、印象はグッと変わること間違いなしだと思います。

20120725032218-1232-494_thumbnail[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)