身体は華奢だったり痩せ型なのに、おへそから下がぽっこりしていることでお悩みの女性は多いかと思います。下腹部だけがぽっこりしてしまっているほとんどの原因は筋力の低下が考えられます。普段から猫背だったり、肩や腰が曲がった状態のまま生活を続けていると腹筋が使われず筋力が低下してしまいます。そうなると気づかないうちに内臓を正しい位置で支えることができなくなってしまうので結果的に下っ腹がポッコリとでてしまいます。
その他の原因としては、骨盤のゆがみが影響します。例えば、デスクワークや椅子に座る時に足を組む癖があったり、鞄をいつも同じ肩にかけていたり、片脚立ちも骨盤を歪ませてしまいます。さらに、骨盤が歪んでしまうとひどい便秘になってしまうこともあります。便秘になると、腸内に便やガスが溜まるので下腹部が膨らんでしまいます。また、炭水化物の摂り過ぎも脂肪を溜め込んでしまいぽっこりの原因になります。
このように元々の原因をたどっていくと私生活の乱れが下腹部のぽっこりに繋がってしまうことを覚えていてください。 下腹部の運動(筋力)が弱まっているかどうかを判断する簡単な方法は、おへそから下の部分に力を入れて凹ませてみてください。この時、手で押さえたりせずお腹の力だけで行います。もし十分に凹ませることができれば筋力低下の問題はないと思います。
お腹を凹ませる動作には、下部腹直筋・大腰筋・腹横筋の3つの筋肉を同時に使わなければなりませんので、いずれかの筋力が低下していると凹ませる動作はできないのです。 では最後に、本当に簡単に筋トレなしの下腹部痩せの方法をご紹介します。

【カンタン下腹部痩せ方法】
1. 姿勢をまっすぐに正して立ったら、親指と人差し指で逆三角形をつくり、おへそのあたりに添えます。
2. 息を大きく吸い込んだら一度止めて、下腹部にグッと力を入れながら、おへその下のお肉を背中にくっつける意識でひっこめていきます。
3. 限界までお腹をひっこめた状態で10秒間キープします。
※お腹が出てこないように、両手をお腹に当てて圧迫しながらゆっくりと息を吐くとまだ少しひっこむと思うので限界までがんばってください。
4. 1~3までの動作を3回~5回繰り返してください。
キツイ筋トレでなくても、意識しながら続けることで普段は気に留めない筋肉も活性化されるので地味ながら効果は抜群ですよ! 私も暇な待ち時間や、電車で立っている時、仕事の休憩時間などに1~2回意識して行っています。
ある程度の筋力がついてくると下腹部のぽっこりが改善されてきます。筋力が上がると腸内の流れもよくなるので便通も良くなり、体も軽く、お肌も綺麗になりますしいい事尽くめです。

9cf8f9c8-s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)