お風呂でダイエットをするといいというお話はよく聞きますよね。お風呂は毎日入るものですから、それでダイエット出来たら嬉しい限りです。入浴ダイエット法で痩せると言われているのは、やはり半身浴が一番効果的だと言われていますが、半身浴が苦手な人もいますし、入浴にそれほど時間をかけられないという方もいます。
でも半身浴は基礎代謝も上げてくれ、ダイエットだけでなくお肌もピチピチにさせてくれる0円美容なのです。三日に一回など毎日でなくても続けることで効果を実感できると思います。
その半身浴の時に、身体のパーツで「ここが気になる!」という部分を、入浴中にマッサージすることで浮腫み改善にもなり、何もしないで半身浴するよりもより効果は出ると思います。


【半身浴はなぜダイエットに向いているのか?半身浴の方法】
足が太いや二の腕が気になる、お尻が大きい、顔が大きいなどは基本的に浮腫みが原因だと言われています。その浮腫み改善に効果があるのは、お風呂で気になる部分をよく揉むか、毎日適度な運動を続け筋力を上げるかになってきます。簡単な方はやはり半身浴だと思う方が多いです。ただ入っていれば、いいだけだから楽々~なんて考えていたら、のぼせてしまったり、反対に身体に負担が掛かってしまっていたりする可能性があるので、半身浴の方法をご説明したいと思います。

◆半身浴のお湯の量は自分に合った量が必要
半身浴=みぞおちまで浸かっていればいいだけだと思っている方もいますが、半身浴のお湯の量が少ない理由は体にかかる水圧の量を減らすためです。そのため一人一人お湯の量は異なりますので、自分に合った量を見つける事から始めて下さい。

◆半身浴のお湯の温度は38度~40度と低め
熱いお風呂になれてる方なら、少しぬるいと感じるかもしれません。ですが40度以上のお湯で長時間浸かることは身体に負担をかけてしまうのです。

◆半身浴には室内温も大切
半身浴をしていたら風邪を引いた・・・という方もいますが、それはきっとぬるめのお湯に加え室内温がとても低いからだと思います。半身浴は肩から上を出すので、室内温が低すぎたら方が冷えてしまって、汗どころか震えてきてしまいますよね。ですから、肩が出ていても寒くないと感じる位の室内温で半身浴をすることをお勧めします。

◆半身浴の入浴時間は長ければいいという事ではない
「これ位の温度なら長い時間入っていられる~」なんて思ってしまいますが、半身浴の入浴時間は20分~40分が丁度いいと思います。これ位の時間でも十分汗をかきますので、汗を引いた後でも入浴を続けると反対に体は体温を低くしようとするので、長ければ長いほどイイというわけではありません。


【その半身浴中にマッサージをして、よりダイエット効果を実感しよう】
半身浴中は雑誌を読んだり、音楽を聴いたり時間を使いますが、こんな時こそ部分痩せマッサージでダイエット!身体が温まっている状態でマッサージをすることで、より効果を促進させてくれるのです。

◆脚
両手で足首を後ろから掴み膝の裏側に向かってさすっていきます。それを片方ずつゆっくりと5回~6回ほど行ってください。次に膝裏のくぼんでいる部分を指全体で押すようにマッサージしてください。そして次は太ももです、両手で太ももを掴むようにして足の付け根まで流していきます。これで浮腫みも予防できますし、翌日の足の軽さを実感できると思います。

◆お腹
プヨプヨしがちな下っ腹を、両手でつまむようにして絞っていきます。脂肪を雑巾のように絞っていく感覚です。皮膚はすぐに赤くなってしまうと思いますが、力いっぱい絞ってしまうと皮膚に傷がついてしまうかもしれませんので、そこは適度に「少し痛いかな?」位で大丈夫です。
そして、絞って柔らかくしたお腹を、次はウェストラインに沿って、おへそのある中心に流していきます。そうすることでくびれがキレイに出来るので、お風呂の中で一番行ってほしいマッサージです。

◆顔
汗をいっぱいかいた事でリンパの流れは良くなっているので、この時に顔のマッサージも行います。鎖骨のくぼんでいる所を、内から外にさするように流していきます。これを両方5回ずつ行ってください。そして耳の後ろ側を親指で少し強めに押し、そのまま肩まで流していきます。顔の表面部分は、いくら火照っているからといってクリームも塗らずにしてしまう事はお勧めできないので、顔表面のマッサージはスキンケアの際に行ってください。
最後に頭をゆっくり回していきます。その時に深呼吸しながらすることで心身ともにリラックスできると思います。

お風呂の入浴時間をフルに使って、ダイエットと美容にかけてみてはいかがでしょうか?このマッサージ法で冬太りも解消できるでしょう。

部分痩せ

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)