小鼻の周りなど、気になる毛穴の開き。どうにか毛穴を目立たなくする方法はあるのでしょうか?今回は、毛穴の開き原因とその対策をご紹介します。

【どうして顔の毛穴は目立つの?】
◆顔の毛穴と身体の毛穴は違います
顔の皮膚は、身体に比べて体温調節よりも、皮脂を分泌する働きが強くなっています。そのため顔の毛穴の内側では、毛が細く、皮脂腺は大きく発達しているので、毛穴が目立ちやすくなっています。

◆毛穴の黒ずみの原因
毛穴の黒ずみの正体は、毛穴から分泌された皮脂と古い角質が混ざったものです。この皮脂と角質が混ざったものを角栓といいます。この角栓の先端が空気に触れて酸化すると黒く変色し、黒ずみとなってしまうのです。また、角栓が長く毛穴に留まると毛穴にメラニン色素が定着して、シミのようになることもあります。

【毛穴にもタイプがあります】
目立ってしまう毛穴の開き。開いた毛穴にもタイプがあるのです。ここからは、タイプ別に詳しく原因をみていきましょう。

詰まり型毛穴
Tゾーンの毛穴に多いのが詰まり型の毛穴です。皮脂と古い角質が混ざり合うと角栓ができてしまいます。この角栓が酸化して黒ずむと黒ずみになります。また、角栓に細菌が繁殖して炎症を起こすとニキビになることもあります。

開き型毛穴
顔全体の毛穴が開いてしまうタイプは、開き型の毛穴です。皮脂の過剰分泌が原因で、オイリー肌のタイプに多くみられます。

たるみ型毛穴
頬の毛穴などに多いのが、たるみ型の毛穴です。加齢などによって、真皮のコラーゲンなどが減少すると、毛穴を支えることができなくなります。そうすると毛穴がしずく型に垂れ下り、毛穴が目立つようになります。

【毛穴のタイプ別にお手入れしましょう】
毛穴のタイプによって、お手入れ方法も異なります。ここでは、毛穴のタイプに合わせたお手入れをご紹介します。

詰まり型毛穴
まずは、角栓を取り除くようにしましょう。酵素が配合された洗顔料やAHAなどが配合されたピーリング剤を使うのもおすすめです。クレイも余分な皮脂や角質を取り除いてくれるので、クレイパックをするのも良いでしょう。ただし、これらのお手入れの後は、必ず保湿をするのが大事です。保湿ケアまでしっかりと行いましょう。

開き型毛穴
まずは、過剰な皮脂を取るようにしましょう。脂取り紙をこまめに使って、浮いた皮脂を取り、洗顔でしっかりと余分な皮脂を洗い流すことが大切です。皮脂抑制作用のある、ビタミンAやビタミンCを摂取するのも効果的です。

たるみ型毛穴
たるみを最善しながらのケアが必要になります。コラーゲンを増やす働きがあるレチノール配合の化粧品を取り入れたりして、真皮の再生機能を高めましょう。

【毛穴が気になる時のメイク】
毛穴が気になる時は、上手にメイクをして毛穴をカバーしましょう。毛穴のトラブルをカバーするタイプの下地を使うのがおすすめです。皮脂を吸着するタイプの下地や、毛穴に入る光をコントロールする下地など、様々な下地があるので毛穴のタイプに応じて下地を選びましょう。
また、隠したいからと言ってファンデーションを厚塗りするのは厳禁です。厚塗りすると化粧崩れを起こしやすくなります。薄く塗り、こまめにお直しをすることを心掛けて、上手にメイクでカバーしましょう。

みんなが悩む毛穴の開き。まずは、自分の毛穴のタイプを知って、適切なお手入れをするのが大切です。また、しっかりと下地を使えばメイクでもカバーすることができます。上手にケアをしながら、毛穴が目立たないお肌作りを目指してくださいね。

hada1
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)