自分では、気が付きにくい首のシワ。首のシワは意外と目立つものです。顔がきれいにメイクアップされているのに、首にシワがあると見た目年齢がぐんと上がり、老けた印象を与えてしまいます。そんな首のシワはどうしてできるのでしょう?また、解消方法はあるのでしょうか?

【首のシワの原因って?】
首のシワの原因は、次の2つが考えられます。

悪い姿勢
猫背などで姿勢が悪いと、血行不良となりシワやたるみができやすくなります。寝ている間の姿勢にも注意してみましょう。枕の高さは合っていますか?首の皮膚はとても薄いので、枕の高さがあっていないと首に負担がかかり、シワができやすくなります。また、いつも横向きで同じ方向を向いて寝ると、血行不良を起こして、シワの原因となってしまいます。

スキンケア不足
お顔はスキンケアをしっかりとしているのに、首のスキンケアをされていない方も意外と多いです。スキンケアをしないと、お肌が乾燥して、シワやたるみができやすくなります。また、首は紫外線を浴びているもの。紫外線によるダメージは、乾燥や老化を引き起こし、シワの原因となります。

【首シワを解消しよう!】
老けた印象を与えてしまう首シワ。そんな首シワの解消方法はあるのでしょうか?

◆首のスキンケア
潤いが不足すると肌表面のしなやかさがなくなって、シワができやすくなります。しっかりと保湿し、乾燥から首を守りましょう。紫外線防止も忘れないようにしましょう。また、加齢とともに肌の中にあるコラーゲンやエラスチンは減少し、肌の弾力性や柔軟性が失われていきます。
これがシワにつながるのです。コラーゲンやエラスチンに働きかける化粧品を使ってケアするのも良いでしょう。
最近では、ネックケア用のシートマスクなども販売されているので、パックなどのスペシャルケアを取り入れてみるのも良いでしょう。

リンパマッサージ
身体の中にはリンパと呼ばれる管があります。リンパは、体内で発生した老廃物を体外に排出する働きをしています。リンパを刺激することで、老廃物の排出を促し、肌機能の活性化をしましょう。

①耳のマッサージから始めます。両手を両耳にあてます。
②両手の中指と薬指の間に耳をはさみ、指の腹を使って、そのまま指を頭の上に向かって引き上げます。これを3~5回繰り返しましょう。
③次は、首とデコルテのマッサージです。両手ををグーの形に握ります。両耳の下に両手のグーを当て、耳の下から首の横に沿って、鎖骨までグーの手を押当てながら、優しく滑らせます。
④鎖骨のくぼみに人差指、中指、薬指、小指の4本の指を当てます。優しくプッシュしながら、肩に向かって指を移動させていきます。指の腹を使って優しく押していくのがコツです。

摩擦によって、肌が傷むのを防ぐために、マッサージ用のクリームやローション、オイルなどを使うとよいでしょう。リンパが流れてすっきりとし、むくみの解消にもなります。また、血液循環が良くなるので、肌の活性化を促してくれます。リラックスタイムとして毎日の習慣にするのもおすすめです。

普段から首を伸ばすこと
日常生活を送っていると、首には負担がかかりがちです。ついつい首にシワができるような窮屈な姿勢をとっていたりします。普段から、首を伸ばすことを意識しましょう。

首のストレッチ
あごを突き上げて首を伸ばします。その時に首に力を入れると、首の筋肉が鍛えられて、シワの防止にもつながります。こまめにストレッチなどをして、首を動かしましょう。

冬にはマフラー
寒い冬は、血行不良になりやすい季節。首には、太い血管があるので、マフラーを巻いて首を温かくし、血行不良を防ぎましょう。また、首の皮膚はとても薄く、刺激を感じやすい場所。マフラーの素材にも気を使いましょう。チクチクしたりする場合は、素材の刺激によりお肌を傷めていることもあります。肌荒れは、シワや色素沈着にもつながるので注意しましょう。

見た目年齢に大きく関係する首しわ。顔と一緒にきちんと首もお手入れしましょう。きれいな首やデコルテは、おしゃれの幅も広げてくれます。ぜひ、普段からお手入れしてくださいね。

CRI_IMG_6021500-thumb-1500x1000-5954
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)