丈の短いボーイッシュなブルゾンでありますが、そこに何ともフェミニンな要素、花柄をプラスしたアイテムがクるようでございます。春にぴったりのマストアイテム、さぁ皆様ショップへダッシュしてくださいませ。

【オーバーオール/サロペットコーデ】
白のオーバーオールに原色花柄ブルゾンで締めたり、ボーイッシュ過ぎてしまうデニムのそれにも◎。存在感の在る一着でございますから、合わせるのはシンプルなのが吉。

【キュロットコーデ】
ハイウエストキュロットに合わせると、足長効果がございますから、短足女子の皆様は是非挑戦してみてくださいませ。脚もほっそりと見えますし、大いに周囲を騙しましょう。色はブルゾンの中にあるものを一色チョイスして同じにするか、煩くならない抑えた色味なんかだと◎。逆もありです。

【スキニー/レギンスコーデ】
腰骨くらいの丈のブルゾンでありますから、相当脚長でないと不格好なコーデであります。なのでオススメいたしません。しかし何事も挑戦でありますから、楽しんでみましょう。ワンカラーのパンツならばやはりケンカしない色を。黒のレギンスでもブルゾンが際立つので◎。

【ショートパンツコーデ】
デニムならアクティブな見た目、チノなら落ち着いた大人な印象、と気分に合わせて下を変える事も可。サスペンダーなんか使っても、可愛いのではないでしょうか、チラッと見える感じが。統一感を求めるなら撤退的に、陰陽をはっきりさせたいのなら、控えめな色/柄を。

【ワンピースコーデ】
シンプルすぎる、大胆すぎる、派手すぎる、そんなワンピースでも花柄ブルゾンを合わせればグッとオシャレになりましょう。派手過ぎるものには控えめな柄のブルゾンを、といった具合に強弱をつけると良いでしょう。

【セットアップコーデ】
ボトムスとおそろにしちゃえ!という個性派ファッション。インパクト大であります。全身花柄、ちょっと古い感じがまた良いのではないでしょうか。

いかがでしたでしょうか。ブルゾン自体様々なファッションに一役買ってくれますから、想像が尽き易いでしょう。花柄は間違えると老けてみえがちですので、入手する時は自身の顔色、雰囲気に合わせ購入すると良いでしょうね。 

o0640042512860539075
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)