女子のなりたい顔の多くは、目はパッチリ二重で、鼻筋は通っていて、そして小顔。これが、世の女性の「可愛い」の定義ですよね。でも、中には最初からパッチリ二重の人もいれば、瞼の上に重たく脂肪が乗っている一重の人もいます。でも、一重でも可愛いく綺麗な芸能人は沢山いるけれど、やっぱり一重だと「可愛さ」よりは「キリリ」としたイメージが強いですよね。

アイプチやアイテープで毎回メイクの時使用するのは面倒だし、しかもスッピンでアイプチやアイテープは出来ないというデメリットがあります。彼とお泊りデートの時なんかは大変困りますよね?そんな時にお勧めな、アイプチ不要!二重に出来るマッサージ術をご紹介したいと思います。



【アイプチの盲点】
アイプチは二重にしてくれる画期的なアイテムですが、やはりメリットがあればデメリットもありますよね。


◆頑固な一重だと、アイプチをしているとばれてしまう
女子同士なら「彼女アイプチなんだ」などと簡単に見破れてしまいますが、男子はあまりわからない人が多いです。
ですが、アイプチの盲点は皮膚と皮膚を引っ付けることで、無理やり二重にさせるのですから、下を向いた時はモロばれてしまいますよね。両目でも怖い顔になってしまいますが、中には片目だけアイプチを使っている人もいるので、その顔は違和感があってたまりません。元々奥二重の人がくっきり二重にするのと、ぷっくりした一重の人が二重にするのとでは、同じ製品を使っているのですから個人差は大きいです。

◆水に弱いため、汗などで簡単に取れてしまう
アイプチは水に弱いため、プールや海など夏は不向きに感じます。しかも、水につくとボロボロと白いダマみたいになってしまうので、少しこすっただけでも簡単に取れてしまうのです。

◆アイプチで目が腫れてしまう
アイプチは皮膚と皮膚を接着剤のような成分で引っ付けるので、皮膚が弱い人はすぐに瞼がかぶれてしまったりする恐れがあります。赤くただれてしまったり、二重にするためのアイテムなのに反対に腫れが引かなくなってしまったり、このようなアイプチトラブルは意外に多いのです。だからと言って「アイプチ使わないでおこう…」という気持ちにならず、腫れが引いたらまた使用するといったお肌に負担をものすごくかけてしまっているのです。

◆皮膚に大きな負担になる
アイプチを続けていると、自然に二重になった!という声も聞きますが、一重の人は瞼が浮腫んでいるということなので、その浮腫みが軽減されたら自然にくぼみが出来、二重になることもあります。
ですが、アイプチをしていて二重になったという事は、浮腫みを取ってくれているわけではなく、瞼の老化が原因かもしれません。無理に皮膚を引っ張ったり、皮膚に接着剤をつけることは、お肌の負担になってしまいます。ですから、浮腫みがなくなったというよりは、瞼の張りがなくなったという方が正しいかもしれませんね。


【アイプチ不要!簡単に出来る二重マッサージ】
まずはマッサージを始める前に、ホットタオルで顔全体を温めます。顔全体の血行をよくするだけでも、浮腫みは軽減しますし、しかもお肌のノリも段違いなので、二重マッサージ以外でも使用してみて下さい。顔全体を温めたら、オイルやクリームを顔に塗りマッサージをする時強くこすりすぎないようにします。

クレンジングクリームを使う方がいますが、クレンジングはメイクを落とすための化粧品なので、長時間お肌に乗せておくと乾燥を招いてしまうので、ココは乳液やオイル、保湿クリームが良いと思います。

<その1>まずは、親指の平を眉下の骨の内側に引っ掻けるようにして、眉間からグッグッ押していきます。この時の強さは、痛気持ちいい位が丁度良く、押さえ過ぎると反対に目を圧迫してしまうので加減が必要です。眉間から外側にかけての指圧を5回ほど行ってください。

<その2>指を鍵フックのような形にして、目の下の半月上になっている部分に引っ掻けて、優しくスライドしていきます。目の下の皮膚は一番顔の皮膚の中で薄く柔らかい部分なので、強くこすり過ぎてしまうと目の下のシワの原因になってしまうので、ここは気持ち優しく「流れろ・流れろ」というイメージで行ってください。

<その3>最後はこめかみの部分を強めの力で押していきます。この時、一転集中的に押すのではなく、円を描くように大きく回しながら押していってください。要らない老廃物は、こめかみから耳に行きそして首すじ、鎖骨と流れて大きなリンパに流れていくのです。

<その4>一通り終わったら手の平全体で流すように、首元や鎖骨まで押し流して終了です。

このマッサージを朝起きた時のスキンケアの時、そして夜寝る前お風呂上りなど血行が良くなっている時に行う事で、顔全体に血行もよくなり目の上の頑固な滞りも流れていくと思います。


【さいごに】
アイプチは便利で簡単ですが、デメリットがある分、やはり続けていくのは怖いですよね。ですから、アイテムの頼らずに、この二重マッサージ方法でナチュラル二重を作っていって欲しいと思います。


lgf01a201308290100

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)