女子にはこの手の記事は大変重要かもしれません…。メイク用品やメイク道具って、中々捨てられないし整理するのが難しいですよね?中でもメイク用品の小物類は、いつか使うかもしれないと思ってしまったり、可愛いのや新作を見つけたらすぐに買ってしまったりと、増えていってしまう一方です。お気に入りのアイテムは毎日決まってはいるけれど、それでも人に上げるのも失礼だし、捨てるのは勿体ないしでメイク用品の整理が一番厄介かもしれません。

ですが、収納を繰り返しても、メイク用品って何かと汚れてしまうため、可愛い収納ボックスを買ったとしてもすぐに汚れて汚くなってしまうのも嫌ですよね。今回は汚れやすいメイク用品の収納なら、100均の商品で十分収納できる!という情報をご紹介したいと思います。


【メイク用品の簡単収納術とは】
100でまず用意するものは、100均ショップには必ずあるペン立て、または自分で区切る所を決められる小物入れ(高さがあるもの)を選びます。その中に入れるものは、清潔さが大切なチークブラシやアイシャドウブラシなど、ブラシタイプを収納していきます。ブラシ類は基本的に清潔さが大切なので、引き出しの中に入れっぱなしにしておくのは菌が繁殖していってしまうので、空気にさらされるようにペン立てなどに入れて収納するのが一番ベストです。

そして、小物入れによく使われる、三段になっている小さな引き出しタイプのものが100均にはありますが、その三段引き出しを、気づいたらどんどん増えていってしまうアイシャドウや、チーク、ラメなどのパウダー類を収納していきます。メイク用品の整理で一番厄介なのが、パウダー類が容器から出てきてしまい汚れやすくなってしまうからです。ですから、簡単にふき取ることの出来るプラスチック製の三段引き出しが一番お勧めですね。
三段もあるので、たまりにたまった小物類を使うもの使わないモノに分けなくても、収納できるので「こんなカラーあったんだ!」と前に購入したものを、またつかうかもしれませんから一緒に入れておいて損はありません。

そして整理に困るのがもう一つ!それはパフ類です。パフ類はキレイに洗ったものでも、そのままにしておくと何だか汚くなってしまわないかきになってしまうし、収納するにも空気に触れないとダメなような気がするし…と、パフ類の収納は少し考えてしまいますよね。パフ類の整理は、キレイなモノと使用済のものに分ける必要があります。一緒にしたらお肌に直接ふれるものなので清潔に保たないとなりません。
100均ショップにあるメッシュ素材のポーチがあります。パフ類の整理には空気を通すためにメッシュ素材のポーチでないと密封してしまうと、あまりよくありませんよね。小さ目のメッシュポーチを使う事で、ブラシ入れに使っているペン入れに一緒に入れておくのも良いと思います。中にはファンデーションをブラシで使う人もいるので、使う用途が同じのモノは一緒に収納することで、使う時も簡単に出し入れできますよね。

きっちり収納できたとしても、出し入れするのが面倒だと、何の事だかわからなくなってしまうので、出し入れする時の事も考えて収納しないと意味がありません。


【収納する時に一緒にメイク道具もお掃除しましょう!】
せっかく収納してキレイにするのですから、ブラシやパフが汚かったらキレイになった気がしませんよね。ですが、あまりメイク道具のお手入れ方法って知っている人が少ないと思います。キレイにしても使い心地が悪くなってきたり、肌触りがよくなくなってしまうかも…と思って中々洗う事が出来ない場合もあります。お肌に直接当てるものなので、肌触りが悪いとお肌トラブルに繋がってしまうので、ちゃんとした洗い方をしないといけません。ですので、今回は元のパフや、ブラシのように戻せる洗濯方法をご紹介したいと思います。

◆ブラシの洗い方
ブラシの洗い方は、皆さんどのようにしていますか?シャンプーやボディシャンプーで洗うという方もいますが、同じ毛だからいいと思ってしている方も多いです。ですが、洗浄力の強いモノを使うと、ブラシ自体のコーティングが取れてしまうので、洗浄力の弱いモノか、もしくはメイク道具専用の洗浄液を使うといいと思います。

冷たい水で洗うのではなく、ぬるま湯程度の温度を使い、ゴシゴシとパウダーを取っていくのではなく、優しく優しく取り除いていってください。そして乾かす時は、余分な水をふき取ったあと日陰や室内の風当たりのいい場所で乾かしていってください。日光に当てた方が、菌が除菌出来るような気がしますが、日光に当てる事で乾燥を招くので避けた方がいいと思います。

◆パフの洗い方パフの洗い方はブラシ同様、専用の洗浄液で洗い時間はかかりますが、日陰でゆっくりと乾かしてください。パフは乾燥してしまうと硬くなってしまう恐れがあるので、乾いたかどうか手で握って確認してください。そうすることで硬くなることを防ぐことができますし、乾きも早くなっていきます。メイクの整理や掃除方法は、何かと面倒ですがキレイになったら気持ちがいいものですよね。100均で簡単に出来る収納方法を皆さん実践してキレイなメイク道具でオシャレを楽しんでください。

E1415761025240_1

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)