ネイルサロンに行かないと爪は長持ちしないし、自分でネイルしても中々雑誌のような可愛い感じにならない!でも、ネイルサロンで毎回お手入れしてお直しして…となるとお値段もそこそこかかってしまいますよね。でもセルフだと利き手は得意でも、反対の手は少し難しいのでデザインも簡素な感じになってしまいがちです。
しかも、ネイルキットやマニュキアなど揃えるとなると、これまた大きなお金が動く可能性が…。オシャレに仕上げたいのに、自分では中々出来ない!または自分でしたいのにネイルの種類が少なくて思うようにデザインできない!なんて方にお勧めな方法をご紹介したいと思います!

【ネイルサロンやネイルキットがなくても簡単に出来るセルフネイルとは?】
そんな方法、本当にあるの?と思ってしまいますが、簡単で可愛い方法があるのです!それは「マスキングテープ」です。マスキングテープとは文房具店や雑貨店に売られている、色やデザインが豊富なテープです。皆さんも一度は見たことや使用したことはあると思いますが、そんなものがネイルに使えるの?と思いますが、意外にこのテープ使用できる幅が多いのが特徴なのです。
そのマスキングテープを使い、ネイルキットやカラーの種類がなくても、トップコートさえあれば誰でも簡単に可愛く爪をアレンジできます。それでは、マスキングテープでのセルフネイルの仕方をご紹介したいと思います。


【マスキングテープのセルフネイル方法】

1)まずは、雑貨屋さんや文房具屋さんにいって、自分のお気に入りのマスキングテープを選びます。種類は本当に沢山あるので、選ぶ方が難しいかも…と思ってしまいますが、マスキングテープ自体のお値段がとても低価格で売られているので、お気に入りを何個か購入して合わせて使うのも可愛いと思います。

2)初心者の方なら、爪全体にマスキングテープを貼るよりは、フレンチネイルにした方がキレイに仕上がるし、見た目も良いと思います。それではマスキングテープをフレンチの形にカットしていきます。少し大きめにカットしても、その上にトップコートを塗っていくので、多少のはみ出しは大丈夫です。

3)そして、マスキングテープをキレイに爪の上に貼っていったら、その上からトップコートを塗っていきます。マスキングテープ自体は紙で出来ているので、上から塗るトップコートは厚めに塗るか、または二度塗りや三度塗りにしてください。そうしないと全体的にボコボコに見えてしまったり、マスキングテープの部分が浮いてきてしまうので、この部分が一番丁寧にしていかないといけません。トップコートは透明なので、利き手じゃない方の手でも失敗せずに塗っていけると思います。

4)そして乾いたら完成です!!とても簡単だったでしょう!そしてもう少しアレンジしてみたいなぁと思う方なら、マスキングテープの境目に小さなパールなどポイントに付けて見るのもいいと思います。そうすることで一段と可愛く見えるし、まさかマスキングテープで作られたセルフネイルだなんて思いもしませんからね!


【マスキングテープのアレンジ方法】
その他にもマスキングテープの用途はまだまだあって、マスキングテープを貼ってフレンチに仕上げるほかにも、マスキングテープを自分の好きな形にカットして、自分なりのデザインも出来るのです。そして、ネイルキットやマニュキアの種類がないという方なら、二種類のカラーマニュキアさえあれば自分なりに可愛くデザイン出来るのです。その方法は、まずはワンカラーを爪全体に塗っていきます。

そしてマスキングテープを細く切っていき爪の上に無造作に置いていきます、その時のデザインは自分なりの感覚で大丈夫です。そしてマスキングテープを貼ったまま、もう一つの、マニュキアを上から塗っていきます。はみ出してもマスキングテープを貼っているので気にせず塗っていって大丈夫です。そして全体的に乾いた時、マスキングテープをピリピリとはがすと、自分なりのデザインしたネイルが出来上がるというわけです。セルフネイルの一番難しい所は、はみ出す事なく塗っていく事ですが、初心者の方ならそれが一番難しい所ですよね。そんな悩みもマスキングテープがあれば一気に解決出来ちゃうのですから、このマスキングテープは万能だという事です。

女子にとって指先のオシャレは欠かせないモノ。でもだからと言って毎月や毎週ネイルサロンに出向く時間もお金もかかってしまいます。そんな時初心者でも簡単に出来るセルフネイル方法さえあればいいのに…と思っていたら、こんなに簡単でしかもお手頃な方法があったなんてびっくりですよね。このマスキングテープネイル方法で腕を上げていけば、色々なデザインも出来るようになるし、デザインの幅も広がっていくと思います。きっと自宅ネイルサロンが楽しい時間に変わっていく事だと思います。

20100919_663418

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)