日差しが暖かくなるにつれて出番が増えてくるスカート。今シーズンは、どんなスカートが出てくるのでしょう?今回は、今シーズンのトレンドをおさえたスカートについてご紹介します。


【今シーズンは、長め!?】
フレアスカート、タイトスカートなど定番のスカートは、今シーズンも使えるアイテムです。しかし、注目したいのはその丈。長めがトレンドになるようです。

◆ミモレ丈のフレアスカート
去年から引き続き注目のフレアスカート。長さは、ミモレ丈が相変わらずの人気。ミモレとは、フランス語でふくらはぎという意味です。気になるヒップや太ももをふんわりとカバーしてくれるので、体系にコンプレックスがある方にもうれしいアイテム。
着こなしのポイントは、トップスとのバランス。いくら体系カバーになるからと言って、ボリュームのあるフレアスカートにボリュームのあるトップスを合わせると、ハリハリがなく老けた印象になります。トップスは、すっきりとしたコンパクトなものを合わせましょう。

◆チュールでふんわり
2014年の秋冬のトレンド「レイヤード」「透け感」の流れが、引き続き出ています。透け感のあるチュールスカートもその一つ。春夏なので、透け感というよりは「エアリー」、「軽快さ」を意識して可愛く着こなすのがおすすめです。丈は、こちらもミモレ丈がオススメ。ソックス&パンプスを合わせてみるのも新鮮ですね。

◆やっぱりタイトスカートは女子力高め
もちろん、基本中の基本であるタイトスカートも様々なタイプのものが出ています。トレンドであるデニムのタイトスカートも着回しが効くアイテムなので、一つあると便利。丈は、ひざ下丈のものが脚のラインがきれいに見えておすすめです。
デニムは、濃いインディゴのものから薄い色、またクラッシュデニムも出ています。大人の着こなしのポイントは、「きれいを意識すること」です。クラッシュデニムには、あえてきれいなヒールやバックを合わせたりすることによって、カジュアルになりすぎることを防ぎます。必ず全体のバランスを考えてコーディネートしましょう。

◆プリーツも
ふわっとエレガントに広がるプリーツスカート。こちらも、女性らしさが出るアイテムです。購入の際には、お腹からヒップのラインに注意してみましょう。プリーツが大きく開きすぎている場合は、身体に合っていない証拠です。ウエストだけでなく、お腹とヒップ周りにあったサイズを選びましょう。女性らしい印象の強いアイテムですが、今シーズンはスニーカーやレースアップシューズなどの異なるテイストのアイテムを合わせるのがおすすめです。

◆ガウチョ
今シーズンは、久々にガウチョも出ています。ガウチョとは、ガウチョパンツのこと。南米の草原地帯の人々が着用していたと言われる7分丈の裾が広がったパンツです。ゆったりとしていて履きやすく、動きやすいのが特徴です。一見スカートに見えるこのガウチョパンツに、注目が集まっています。リネンやデニムなどのさまざまな素材のものが出ているので、シーンに合わせて選ぶのが良いでしょう。


【スカート選びのポイント】
スカートは、着用した自分をイメージしやすいので、即決で購入してしまうこともあるのではないでしょうか?後から後悔しないために、スカート選びのポイントをご紹介します。

◆後ろ姿は、必ずチェック
試着の際は、正面のからだけのチェックで購入される方も多いですが、スカートのときも必ず後ろ姿をチェックしましょう。ふんわりとした素材のときなどは、後ろ姿で下着が透けているなんてこともあります。後ろ姿も必ずチェックするようにしましょう。

◆スリットの位置
スリット入りのスカートは、立っている時だけでなく、しゃがんだ時のスリットの位置も確認しましょう。座ってみたら、びっくりするくらいスリットの位置が深かったなんてこともあります。また、ボックスプリーツのスカートなどには、見えない部分にスリットが入っていることもあります。風が吹いてスカートがめくれたときに、初めてそのスリットの存在に気づくなんてこともあるので、スリットの位置はきちんと確認しましょう。

◆裏地
裏地があるかないかも大切なことです。裏地がないことで下着が透けたり、静電気が発生したりすることがあります。裏地が付いていない場合は、ペチコートなどを利用するのも良いでしょう。

◆実際に動く
歩いているうちにスカートのウエストがぐるぐる回ってしまう、歩いているうちにスカートの丈が持ち上がってしまうということも良くあることです。要因は、歩き方や素材、サイズなど様々です。こういったことを防止するために、試着のときには、実際に歩いたり座ったりして確認しましょう。


いかがでしたか?今回は春のスカートについてご紹介しました。スカートは女性の魅力をアップしてくれるアイテム。春のおしゃれでスカートを楽しんで下さい。

cc-library010000920[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)