すっかり定番となったネイルアート。ネイルに気を使う女性は年々増えています。今回は、気になる春のトレンドネイルについてご紹介します。


【日本のネイルトレンド】
日本ネイリスト協会からは、春夏のネイルのトレンドが発表されています。今回は、今シーズンのファッショントレンドと合わせて楽しみましょう。

◆キーワードはエアリー
日本ネイリスト協会が発表したネイルトレンドは4つ。その中でも、ファッションのトレンドとリンクしているものがあります。ファッションとリンクさせるときのキーワードになるのが「エアリー」。エアリーとは、さわやかさ、軽さ、空気感、抜け感、やわらかさなどがイメージできるものです。春夏のファッションでは、70年代スタイルがブーム。明るく開放感があるスタイルです。そしてネイルでも「ポエティック」や「オフショア」などの抜け感のあるデザインが提案されています。ファッションとネイルのトレンドに共通するキーワードの「エアリー」を意識すると、ファッションとネイルのコーディネートの楽しみが広がります。

◆ポエティック
日本ネイリスト協会から発表されたトレンドスタイルです。乳白色をベースに、蝶や鳥の羽根、葉っぱや虫などをモチーフにしたアートが施されています。優しく生命感にあふれたスタイルなので、季節にピッタリです。

◆オフショア
こちらも日本ネイリスト協会から発表されたトレンドの一つです。ホワイトや淡いパステルカラーで、花をモチーフにしたアートや曲線が美しく描かれています。クリアベースの部分もあるので、自然な仕上がり。また、モチーフが女性らしいので普段のファッションと合わせやすくなっています。


【脱ジェルネイル派も増えている】
長持ちするし、さまざまアートが楽しめるジェルネイル。しかし、どんなに気をつけていても爪を傷めてしまうこともあります。そんな時は、思い切ってジェルネイルをお休みしてみるのも一つのアイディア。健康な爪があってこそ、爪のおしゃれが楽しめるのです。

◆やっぱり、ネイルポリッシュ
日本ほどジェルネイルが発展していない海外では、まだまだネイルポリッシュが主流。人気セレブとのコラボ商品などもたくさん出ています。カラーが可愛いのはもちろんのこと、パッケージもキュート。お部屋のインテリアにも使えそうなデザインのものが出ています。また、ネイルポリッシュならば、安心してセルフネイルを楽しむことができます。お洋服に合わせてカラーを変えるのも良いですね。

◆健康な爪のためのネイル
国内外のさまざまなブランドから、健康な爪を作るためのネイル用品も出ています。健康な爪作りに効果的な成分の入ったものや、爪に負担の少ない成分を配合したものなど、ラインナップは実に豊富です。自分のライフスタイルに合わせた商品を選び、健康的な爪づくりを目指しましょう。

◆ネイルオイルも注目
健康な爪づくりには、乾燥防止が大切。オイルによるネイルケアも欠かせません。ベーシックなホホバオイルだけでなく、浸透性の高いマカダミアナッツオイルやククイナッツオイルを始め、アンチエイジング効果も期待できそうなアルガンオイルやココナッツオイルなど様々なオイルが出ています。また、このほかにもアロマ精油が入った香りのよいオイルや、かわいいボトル入りのものなどもあります。好みに合わせて色々と試してみるのもおすすめです。


【プロによるお手入れはやっぱり違う】
健康な爪は、毎日のお手入れから。もちろん自分で行うデイリーケアは重要です。しかし、場合によってはプロのお手入れを利用しましょう。

◆甘皮処理
甘皮処理は、プロに任せたほうがいいお手入れの代表です。自分で行うと必要以上に甘皮を切りすぎて、出血することもあります。きちんと知識と技術を持ったプロのネイリストにお任せしましょう。

◆爪磨き
自分で簡単にできそうな爪磨き。しかし、磨きすぎは自爪を薄くしてしまう危険性もあるのです。プロのネイリストは、何種類かのやすりを使って、丁寧に磨きあげます。普段から自爪を楽しむ方は、プロのネイリストにお願いするのがおすすめです。

◆ジェルネイル
最近では、セルフジェルネイルをされる方も増えています。ジェルネイルの原料は特殊なもの。きちんとした知識を持っていないがために固まらない・ライトが熱すぎたというトラブルだけでなく、グリーンネイルなどの細菌感染といった危険なトラブルを引き起150327_chinatsu_02[1]こしてしまうことがあります。ジェルネイルは、きちんとしたプロのネイリストにしてもらいましょう。また、どうしてもセルフで行いたい場合は講習会に出たりして、安全のための知識と技術を身につけてからにしましょう。


今回は、春のネイルについてご紹介しました。ご自身のライフスタイルやファッションスタイルに合ったネイルを楽しんで下さいね。



(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)