足の親指が内側に曲がってしまう外反母趾。以前はハイヒールなど靴に原因があると言われていましたが、最近では歩き方に原因があると指摘されるようになりました。外反母趾がひどくなると痛みを感じ、歩くことが困難になる危険性があります。また足の指だけでなく体全体の歪みにつながることもあります。外反母趾は簡単なトレーニングで予防できます。



◆外反母趾になる原因
以前は外反母趾の原因はハイヒールであると言われていましたが、ハイヒールを履かない男性や子供でも外反母趾は見られます。外反母趾は履いている靴だけの問題ではありません。
ハイヒールは確かに外反母趾を引き起こす原因となることがありますが、それはほんの一例にすぎません。外反母趾になる原因は歩き方にあると言われています。

ではどのような歩き方が危険なのでしょうか?
ペタペタと歩くペンギンのような歩き方は足の指を使わずに歩いているため外反母趾になりやすく要注意です。足の指を使わないと、周辺の筋肉が衰えます。魚の目やタコができやすい人は足が退化しているサインかもしれないので特に注意しましょう。

歩き方だけでなく、ハイヒールやサイズの合わない靴は足の指に体重がかかり圧迫をされ、動かすことができなくなります。そのため、足指が踏ん張れず筋肉が退化し、変形すると言われています。



◆簡単トレーニングで外反母趾を予防する
歩き方が原因の外反母趾は、立って歩いているだけで進行してしまう恐ろしい病気です。足の歪みがもとで体全体が歪んでしまうこともあります。たかが外反母趾と考えず、ひどくならないうちに対策をしなければなりません。

外反母趾の原因である歩き方を改善すれば重症化せずに予防することができます。
悪い歩き方は、足の指を動かしていない、足の指に体重を乗せて立ったり、歩いたりしていないという特徴があります。「ホーマン体操」と呼ばれる簡単なトレーニングを続けるとこれらの悪い歩き方を改善することが可能です。

このトレーニングは幅の広いゴムバンドを使用します。両足の親指にゴムをかけ、間が2~3センチになる長さが理想です。床に足を投げ出し、かかとを合わせて座ります。左右の親指にゴムをかけかかとは離さず、支点にしてつま先を左右に広げます。5~10秒開いた状態を保った後、ゴムを緩め最初の位置に戻します。1セットに付き30回ほど繰り返し、1日3セット行います。簡単な体操ですが、継続は力なり。毎日続けることが大切です。

lgf01a201310100600[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)