年頃の女子なら誰しもエイジングサインは気になってきますよね。まだ若いから~、と周りのお姉さま方に言われていても、自分にしか気づかない加齢による身体の変化を感じ始めている方も多いです。気がつけばエイジングケアと言うフレーズに飛び付き勝ちになっていたり…30代を過ぎて急に焦りだしたという方も少なくないハズ。


さて、崩れ始めた?ボディを目の当たりにし、最近では入浴前の鏡の前でのプロポーションチェックが日課になっている。そんな方々に意識して頂きたい盲点と言える部位があります。
それは"下半身の裏側"。 普段、正面からの自分ばかり見ていて、裏側は適当~っていう方いませんか?そんな方は要注意です!何故かと言うと、下半身の裏側は老化が表れやすく、しかも以外と見られている箇所なんです。特に男性は正面からだと女性に身構えられるという理由から後ろ姿をチェックしているらしいですよ…今回はそんな下半身の裏側にひっそりと表れ始めている?!隠れおばサインとその改善策をご紹介したいと思います。



《おばサイン その1》

◆ヒップと太ももの境界線がない
これはどこまでがヒップでとこがらが太ももなのかはっきりしない。つまりヒップと太ももが一体化してしまっている状態です。しっかりとヒップと太ももを単品パーツにしていきたいですね。これの一番の原因はたるみです。たるみによりヒップの肉が太ももに流れてしまっているのです。

これにはヒップから太ももにかけての筋肉、ハムストリングスに鍵があるそうです。この部位の筋肉を鍛えればみるみる内にきれいなヒップラインとスッキリした裏ももをGET出来る様です。ちなみに鍛えてもマッチョにはならない筋肉なので安心して鍛えてOKだそうです。それではハムストリングスを鍛えるべく"レッグカール"と言うストレッチをご紹介します。

1) 足首にダンベル、重りをセットし固定させる。

2)床やうつ伏せになり、体が動かないように何かつかまる。

3)膝を曲げて床と膝下が垂直になるようにゆっくりと上げ下げを繰り返す

たったのこれだけですが毎日続けることに意味があります。 身体はちゃんと答えてくれると思うのでコツコツ頑張っていきましょう。



《おばサイン その2》

◆年齢と共に目立ち始める?青白い血管
これは裏ももからふくらはぎにかけてみられます。生まれつきの方もいるみたいですが、昔は無かったのに、と言う方は老化現象の可能性があります。 脚の関節の真裏に出やすいらしいので注意して見てみて下さい。そして発見すると地味にショックを受けます。脚は露出している事が多いパーツなので長年紫外線などの影響を受けてきました。そのダメージで皮膚が薄くなり、血管が透けていくんだそうです。

それとひざ裏に毛細血管が浮き出ていたら、リンパの流れが悪くなり血流が滞っている状態です。 恐ろしい事にこのまま放置していると定着してしまい消えずらくなってしまうそうです。リンパや血液の滞りを解消する為にまずは食生活などを見直します。血液をサラサラにするのが最善策だそう。あとはセルフマッサージです。足首から太もものつけねまで下から上に流す事がポイントです。浮き出る血管には筋肉の衰えも関係している様で、筋肉量が減り肌が弾力を失うと目立ちやすくなるそうです。社会人になると運動量が減ってしまいがち。なるべく動く事を意識して若い頃の筋肉量を保ちたいですね。足に血管が透けすぎているとそれだけで不健康に見えてしまいます。血色よく健康的な脚を取り戻しましょう!



以上、下半身の裏側に潜む、隠れおばサインでした。足の裏側は表面よりも老化が顕著に表れる場所です。こんな所が?と思うかもしれません。しかし初期老化はそう言った些細な箇所から忍び寄ってくるのかもしれませんよ。これから先5年、10年後と綺麗に年を重ねていけたら良いですね。

beauty_20150114b[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)