土踏まずがない足のことを偏平足と言いますが、偏平足だと足が痛くなることが殆どです。また、今現在生活するうえで足が痛いということがあれば、もしかするとそれは隠れ偏平足の可能性もあります。



【隠れ偏平足ってなに?】
隠れ偏平足とはその名の通り隠れた偏平足のこと。一見土踏まずもあり普通の足のように見えるのですが、歩くとアーチ部分が下がってしまい偏平足と同じような状態になってしまう足のことです。

歩行している時はもちろん、ちょっと体重をかけたりすると土踏まずの部分がぺったりと地面に付いてしまう、足の裏がフラットになるという場合は隠れ偏平足です。隠れ偏平足だと骨や筋肉に直接刺激が伝わってしまうため痛みを生じることがありますし、炎症が生じてしまうこともあるんです。



【隠れ偏平足になる原因】
隠れ偏平足になってしまう原因はいくつか挙げられますが、一般的には正しい歩き方をしていないことが原因だと言われています。特に重心バランスの偏った歩き方を続けている場合筋肉や骨格に歪みをきたしてしまい、段々隠れ偏平足になってしまうとも言われているんです。

また、足の筋力低下、運動不足が原因ということもあります。歳を重ねてしまうと隠れ偏平足になってしまうという方がいますが、これは加齢が直接的な原因というより年をとったことで運動することが少なくなったことが原因、と言えるでしょう。



【隠れ偏平足を解消するには】
土踏まずのアーチ部分を支えている筋肉を鍛えるトレーニングがもっとも効果的だと言われていますし、ちょっとした生活上の工夫で予防することもできます。

日頃からハイヒールをよく履くという女性や、すり減った靴で出歩くことが多いという方はまずそれを止めてみることです。また、、足の指を使ってタオルを寄せ集めるようなトレーニングも足を鍛えることができますから効果的と言われています。まずはできることから順番に始めてみましょう。

隠れ偏平足になるとただ歩いているだけでも足が痛くなってしまいますし、それが嫌で段々外出するのも億劫になってしまいます。そうなると今度はどんどん足の筋肉量も落ちていきますから、更に隠れ偏平足が悪化する可能性もあるんです。つまり悪いスパイラルに陥ってしまうということですね。そんなことになったら悲惨ですから、もし今現在隠れ偏平足だと思った方は今日からでも改善できるように工夫してみましょう。

7795465560_0021b77223_b[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)