見た目年齢に大きな影響を与えるのが、目元の印象です。可愛らしいファッションで頑張っても、目元にたるみが目立ってしまうと……それだけで「老け度」が大幅アップ! 目元のたるみの原因と、メイクで隠すためのコツを紹介します。



【目元のたるみの原因は、様々! あなたの場合は……?】
顔の中でも、人の目につきやすいのが「目元」です。そんなところに「たるみ」を発見してしまったら……テンションダウンは避けられませんよね。でも、どうして目元はたるみやすいの? 実は原因は一つではないのです。

一般的によく知られているのが「老化」です。皮膚の中には、コラーゲンやヒアルロン酸など、水分を保持するための成分が含まれていますが、加齢と共に失われてしまいます。その結果、ハリがなくなり、皮膚がたるんでしまうのです。
また近年増えているのが、目元の筋力が低下し、たるみの原因になっているケース。パソコンやスマホを利用する時間が長いと、まばたきは減少。これが筋力低下の原因となり、たるみを引き起こしてしまうのですね。

これ以外にも、目の下の脂肪がふくらむことで、たるみが引き起こされることもあります。まずは自分の目元をよく観察し、生活習慣を見直してみてください。原因を取り除けば、たるみの進行を遅くできるはずです。



【明日はデート……! こんなときは、メイクで隠す】
根本的な改善は重要なこと。とはいえ「明日はデート! 今すぐなんとかしたい!」と思うこともありますよね。こんなときには、メイクで上手にカバーしましょう。そのためのコツはたった3つ! 順番に紹介します。


◆→コンシーラーで目の下のたるみを
目元の皮膚がたるむと、目元には余計な陰影が出来てしまいます。これが見た目を老けさせるポイント。ファンデーションをのせるまえに、コンシーラーで隠してしまいましょう。たるみが少ない場合には明るめ、たるみが目立つ場合には暗めのコンシーラーを使います。陰影を消すように使うことで、目の下の皮膚を平たんに見せてくれます。


◆→まぶたのたるみはシャドウとアイラインで解決
まぶたのたるみが気になる方は、アイシャドウを活用しましょう。お肌に「ハリ感」を与えてくれる色をチョイスするだけで、印象は大きく変わります。ハリを演出してくれるのは、光。光を上手く取り込んでくれるような色を、まぶた全体に塗ってくださいね。具体的にはベージュやゴールド系がオススメです。

このままでは、目元がボンヤリしてしまうので、アイラインもしっかりと引きましょう。パッチリした目元に仕上がるはずですよ。


◆→仕上げはマスカラ
目元メイクの仕上げは、マスカラ。たるみを目立たせないためには、ボリュームよりもカール力を重視してください。くるんと上を向いたまつげは、目元をパッチリ見せてくれます。あれこれ塗り過ぎると、まつ毛が重くなってしまいます。マスカラを選ぶ際には、上向きまつ毛を維持してくれる製品を選ぶのがオススメです。



日常生活の中でたるみ改善を目指しつつ、普段の生活ではメイクで上手に隠してくださいね。パッチリ若々しい目元を、いつまでも維持しましょう!

MS251_kosumeviewr500-thumb-1000xauto-2718[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)