体型が変わると、服のサイズが変わります。これまでMで入っていた服が、Lになってしまう。子供の時は身長で服が決まっていたのに、大人になったら数段階でしかサイズを選ぶことができません。では、体型が変わっても大人になれば変わらないサイズってなんだと思いますか?そう。靴です。足のサイズは大人になればもう一生変わることはありません。老後は小さくなっていくかもしれませんが、50年以上は同じサイズを履き続けるわけです。



【どうして靴にお金をかけたほうが良いのか】
サイズが変わらないということは、「靴を買う機会もあまりない」ということです。履きつぶさない限りは飼い直さないでしょうし、好きな靴を履きたいと思ったら買う、そんな印象でしょう?でもおしゃれな人が、毎日毎日同じ靴を履いていたらどう思いますか?ビジネスにおいては靴が最も重要なファッションセンスを出していると言われています。スーツにお金をかけるくらいなら、靴にお金をかけろと。

プライベートでも同じです。靴にお金をかけたほうが、靴1足だけでコーディネートが完璧になってしまう場合もあるのですから。ファッションが毎年ころころと変わるように、靴にもトレンドがあります。靴さえ流行おくれしていなければ、ファッションってどうにでもなるんですよ。



【他にお金をかけるべきアイテムって?】

◆できる人ほど足元がすくわれる
人って他人を陥れる時に「足元をすくう」という表現をしますよね。全くその通り。いくらオシャレで名が通っていても足元をすくわれたら意味がない。出来る人ほど、足元が見られるんですよ。靴もそうですが、靴下にもお金をかけましょう。靴を脱ぐ場面だってあると思います。穴のあいた靴下なんて問題外です。しっかりとして靴下を数本持っておき、ブランドの靴下などもそろえておきましょう。


◆男性は時計にお金をかけるべき!
これは男性の場合ですが、男性はとくに時計にお金をかけるべきです。1万円以下の時計なんて玩具です。安いファッションでも、時計さえ高いものをつけていたら良い。それが男性社会です。社会人になれば、最低でも10万円以上の時計を1本は買っておきましょう。



どれだけ安いものを着ていても、どれだけおしゃれに気を使っていなくても、靴や時計、靴下などにお金をかけていればおしゃれになれます。白いティシャツにジーンズでも、靴がブランドそしてトレンド。男性の場合は50万円以上のブランド時計を持っていれば一目置かれるのです。それ以外は安くても良い、これが正しいファッションの楽しみ方だといえます。

NAT88_sunahamasandaru500-thumb-1000xauto-3023[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)