まゆ毛のお手入れはしていますか?まゆ毛の形や太さにも流行があります。バブル期の写真等を見ると驚くほど太かったですね。時代を感じるものです。今年はどうでしょうか。昨年からの流れで太めのまゆ毛がトレンドです。あまり細いと古臭い感じになってしまいます。まゆ毛の印象で全体の印象が変わってきます。メイクの中で重要なポイントなのです。



【まゆ毛の位置】
意外と見落とされがちなのがまゆ毛の位置です。元々生えている位置があるので完全に変えることは難しいですが、位置による印象の違いを覚えておくと役立ちます。どのように違うのでしょうか。tore

◆目とまゆ毛の間を少し広めにすると活発な印象になります。しかしあまり広くなってしまうと老けてしまうので注意が必要です。逆に老け顔から脱出したい方は少し狭めるようにすると若々しい印象になります。

◆まゆ毛と目の間隔を狭めると彫りの深いハーフ顔に近づきます。外国人の方のお顔を見てみると本当にまゆ毛と目の間が狭いですよね。あの感じですね。サングラスをかけた時にまゆ毛がサングラスから出ることなく格好よくかけることが出来るのです。憧れです。



【まゆ毛の整え方】
まゆ毛の整え方もカミソリで剃る派、毛抜きで抜く派、併用派といらっしゃるかと思いますがそれぞれの方法についてみてみましょう。


◆毛抜き 毛抜きで抜くのはまぶたにたるみが生じるのでNGという方もいらっしゃいます。はっきりとした科学的根拠はないようですが確かにアンケート調査などによると毛抜き処理のほうがまぶたにたるみを感じやすいようですね。毛抜きを使うときにお肌を引っ張るのも原因の一つかもしれません。確かに毛を抜くという行為は毛穴への負担が大きな行為です。目の周りの皮膚はデリケートなのであまり頻繁に毛抜きで処理するのは避けたほうが無難かもしれませんね。

もし、毛抜きで処理するならお風呂上がりのお肌が柔らかくなっているときがおススメです。毛の流れに沿って抜く毛の根元の皮膚が引っ張られて伸びないように、軽く押さえて抜くのがポイントです。


◆カミソリ 普通のカミソリでも剃ることは可能ですが、眉、顔用の電動シェーバーの方が肌に負担をかけずに無駄毛を処理することが出来ます。


◆眉ばさみ 綺麗なまゆを作るのに最も重要なアイテムです。専用のものを使ってください。細いハサミの方が細かい部分も綺麗にカットできるのでお勧めです。


アイブローブラシ&コーム まゆ毛の流れを整えたりまゆカットをするときに切りすぎを防止するのと綺麗なカットラインを作るために使います。



【まゆ毛の形をチェック】
まゆ毛の理想的な形の目安としてまゆ毛の黄金比というものがあります。

・小鼻と目頭の延長線上に眉がしらがくるようにする。

・小鼻と目じりの延長線上に眉尻がくるようにする。(ただし日本人の場合は若干短めがよいかも)

・眉山は目頭から目の長さの2/3の位置にくるようにする。

眉山の位置は、黒目の延長線上から目じりの延長線上の間にくるようにすると綺麗なまゆになります。

この黄金比や眉の形が素敵な芸能人などを参考にして理想の眉の形を決めます。

自分の元々の眉の形を生かして、カットして形を整えるくらいの形が良いですね。
眉カットが苦手だという方はまずはアイブロウペンシルやアイブロウパウダーで理想の眉の形を描いてからカットしましょう。



【ふと眉の作り方ポイント】
理想のまゆ毛の形をマスターしたら次は今年風のまゆ毛にも挑戦しましょう。
ふと眉を描いてみましょう。黒くて太いまゆ毛は女優さんのようではありますが一般人には難しいかもしれません。バブル期のような顔になってしまう可能性も・・・・・
今風なのはブラウン系の明るいカラーです。ふんわりとした優しい印象のふと眉を作りましょう。

◆ふと眉の場合は角度が大切です。角度をつけずまっすぐまゆ毛で優しい目元を作りましょう。


あらかじめアイブロウペンシルでアウトラインを引いてからはみ出た部分をハサミでカットしたりシェーバーで処理するのが良いでしょう。
足りないところはアイブロウパウダーで埋めていくと優しい印象のまゆ毛を作れます。アイブロウペンシルの場合は1本1本毛を描いていくつもりで。


いずれの場合もまゆ毛はお顔全体のバランスが重要です。間近で見ているだけでなく少し離れてバランスを取りながら作っていくのが理想のまゆ毛を作るポイントです。黄金比のまゆ毛も素敵ですが、今年はふと眉に挑戦して違った自分を演出してみましょう。細いまゆ毛は古臭い印象になってしまうので避けましょう。

◆お勧めアイブロウパウダーブランド

・ケイト デザイニングアイブロウ 

・インテグレード アイブロー&ノーズシャドウ

・セザンヌ パウダーアイブロウ

3つともプチプラブランドです。
しかしながら優秀な仕事をしてくれます。


お勧めアイブロウペンシル

・ケイト アイブロウペンシル

・エクセル パウダー&ペンシル アイブロウEX

・資生堂 眉墨鉛筆

ペンシルもプチプラながら優秀なものです。
ペンシル、パウダーを使ってふんわりふと眉で今年のお顔になりましょう。

AI_IMG_7694-thumb-1000xauto-12532[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)