ビタミンCできれいなお肌になっちゃおう♪
そう言ってレモンパックやキュウリパックをしているあなた!すとーっぷ!筆者が全力で止めちゃいます!だって、そのパック、シミの原因になっちゃうんですもん。



「え~、雑誌とかテレビでやってるじゃん!」とか「ビタミンCは美容にいいんでしょ?化粧品にも入ってるじゃん」と言う声が聞こえてきそうですが、そもそも、肌の表面にビタミンを付けたって、吸収なんかされません。化粧品に入っているビタミンCが肌に吸収されるのは、ビタミンC誘導体が配合されているからであって、そのままではまず無理!ビタミンCは、基本は食べること以外で摂取することができない物質なのです。ですので、キュウリやレモンをパックに使って「ビタミンC吸収♪」なんて言っていても、実はなんの意味もない行動なのです。

それどころか、レモンは酸が強いので、肌を傷めてしまう危険性がありますし、レモンもキュウリも「ソラニン」と呼ばれる、光毒物質が含まれてますので、洗い残しなんかがあった場合は、太陽光にあたるだけでシミやそばかすができやすくなってしまいます。ビタミンCが欲しい理由って、シミやそばかすを防いで美白になるためですよね?なのに、そのために起こした行動のせいでシミやそばかすができやすくなるというのは、本末転倒でしょう?

なので、レモンパック、キュウリパックは絶対にNG
百害あって一利なしです!化粧品の中にも、かんきつ類のエキスが入っているものがありますよね?あれでも、ちょっと避けたほうがいいよと言うくらい、かんきつ類の酸は強いもの。(たいていの化粧品は害がないよう、いろいろ手は加えてあるのが普通ですが)



「え~!化粧品とかは添加物一杯で怪しいじゃない!天然の物のほうが絶対にいいに決まってる!」でもね、化粧品って、きちんと肌に塗るために作られたものなんですよ。そして、食べ物は食べるためのもの。一時期ははやったかもしれませんが、安易に行ってはいけない美容方法だと思います。

レモンやキュウリではなくヨーグルトや蜂蜜をパックに使う人も要注意。ヨーグルトパックの後は肌がしっとりすべすべになるので、「やった!効果があるんだ!」と勘違いしている人が多いのですが、それは乳脂肪が肌に残っているからそう感じるだけ。実際に肌にいい影響を与えているなんてことはないのです。それどころか、むしろ、人によっては大きなマイナス要素もあります。

乳脂肪って、結局のところ油なんですよね。油が皮膚に残るってことは・・・そう!毛穴のつまりの原因になるんです。ニキビができやすい人にとっては最悪ですよね。

蜂蜜だってそう。肌にいい影響がないどころか、粒子がざらざらしているため、肌を傷めてしまう危険性だってあります。どんなに良さそうに見えても、食べ物を使っての美容効果は、やっぱり食べることで得るのが一番です。



最初に紹介した、ビタミンCは、レモンなどのかんきつ類のほか、ホウレン草やブロッコリーなどの緑黄色野菜のほか、ジャガイモなどの根菜にも含まれていますので、毎日ローテーションを組んで、少しづつ摂取するように心がけると良いでしょう。

特に、イチゴやキウイフルーツをはじめとする、果実には多く含まれているため、朝食のお伴やおやつとして楽しく摂ることができますよ。ビタミンCは水溶性物質と言って、水に溶けだす栄養素ですから、レモンを絞って水と砂糖で割って飲むのも、いいかもしれません。



食べ物を使ってパックするという発想は昔からあります。
そして、今現在、その方法を取り入れたいと思うのは、「口に入れるものだから安全だろう」という、肌への気遣いでしょう。でも、口に入れるものは食べるからこそ、良い効果を得ることができるのであって、その他の摂取方法では、良い効果を得るどころか、マイナスにしかならない事が多いのです。現在市販されている多くの化粧品は、たくさんの研究結果を経て作られた商品ですので、もう少し信頼してみてもいいのではないでしょうか?いずれにせよ、なんでもかんでも肌に塗るのはあまり良いことではない、ということですね。

00959[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)