ブランケットに包まる寒い冬が過ぎて、あたたかい風が心地よい季節になってきました。これから向かうのは、眩しく光る太陽のなかで過ごす日々。緑いっぱいの公園に、プールに、海に、旅行! 楽しいことの連続が待っている中でも...女性の頭から離れないことがあります。そうです。日焼け。シミやシワなど、夏において、稲川淳二の怖い話よりも女性を恐怖に陥れる原因となるものです。
紫外線対策といえば、日傘・帽子・長袖などもありますが、その煩わしさを1つで解消してくれるのが日焼け止め。しかし、この日焼け止めは選択を間違えると肌トラブルを起こしてしまう原因となります。紫外線が強くなるのは5月〜8月までの4ヶ月間。間違いのない紫外線対策をして、日焼けからも肌トラブルからも、自分自身を守りましょう。



【紫外線の種類】
紫外線には3種類あります。日光にはメリットもありますが、医学的にも美容的にも悪影響のほうが大きく、素肌にまともに浴びるのは推奨されていません。


紫外線A波 = シワやたるみの原因に
紫外線A波は地上に届く紫外線の95%を占めます。この紫外線は、肌の表面だけでなく皮膚の深い層である真皮層まで届きます。そこで肌内部に活性酸素を発生させます。それによりコラーゲンやエラスチンが破壊され、シワやたるみなどの肌老化を招きます。雲や窓ガラスも突き抜けるため、曇りの日や室内でも注意が必要です。


紫外線B波 = シミやそばかすの原因に
紫外線B波は地上に届く紫外線の5%ほどしかありません。紫外線A波のように肌の奥深くまでは届きませんが、肌の表面にたいして強いダメージを及ぼします。この紫外線を肌の表面に浴びると、メラニン色素を作り出す酵素を活性化し、シミやソバカスを作り出します。また、レジャーなどに行き紫外線に長時間当たったとき、皮膚を赤くヒリヒリさせるような日焼け状態にしてしまうのはこの紫外線B波による影響です。


紫外線C波 = 皮膚病の原因に
有害な紫外線です。現在は、この紫外線C波はオゾン層によって吸収されており地上へは届きません。しかし、近年のフロンガスの影響により、地球を紫外線から守ってくれているオゾン層が破壊され、二酸化炭素の増加や温暖化の問題が指摘されています。

日焼け止めは紫外線A波と紫外線B波をカットするものです。



【日焼け止めの「SPF30 PA++」って??】
◆SPFとは (紫外線B波を防止)
SPFとは、Sun Protection Factorの略です。紫外線B波を防止する効果の目安を表しています。SPFは2から50までの数値で表されますが、表示する数値には上限があり、「50」が最高です。数字が大きくなるほど効果が高くなります。この数値ですが、20分間に何も付けていない素肌と比べて日焼けが始まるまでの時間を何倍に伸ばすことが出来るかという目安です。(紫外線が当たってから日焼けしてしまうまで、人によって個人差がありますがだいたい20分と言われています)つまりSPF30の場合、20分×30=600分=10時間。10時間までは日焼けが抑制されます、という表記です。


PAとは (紫外線A波を防止)
PAとは、Protection Grade of UVAの略です。紫外線A波をどのくらいカットできるかを表しています。

PA++++ 極めて高い効果がある

PA+++  非常に効果がある

PA++   効果がある

PA+    やや効果がある



【正しい日焼け止めを選びましょう】
『スキンケアの中で、日焼け止めが最も肌に負担をかける』と言われるように、紫外線防止成分は肌に大きな負担をかけます。ただでさえ夏は、免疫力の低下で肌が弱くなり、また汗・皮脂が分泌されやすくなることで、肌荒れが起こりやい時期でもあります。少しでも肌に負担をかけないために、正しい日焼け止め選びをしましょう。


◆紫外線吸収剤
紫外線吸収剤とは、紫外線のエネルギーを自らの中に取りこんで化学的に処理するタイプの日焼け止め成分です。この紫外線吸収剤は油でできており、非常に伸びもよく人気ですが、紫外線を浴びている間中ずっと肌のうえで化学変化を起こし続けるため、皮膚への刺激性があります。肌を酸化させてしまう、かゆみ・かぶれなどのアレルギー、肌荒れを引き起こすことがあります。また、一見して何も炎症が起こってないように見えても、実際には細かな炎症を起こしていることもあります。現在ではこの紫外線吸収剤のデメリットが広く知られ、紫外線吸収剤不使用と記した商品が多くなりました。


◆紫外線散乱剤
では、紫外線吸収剤不使用の商品とはなにかというと、この紫外線散乱剤。粒子で肌全体を覆うことにより、紫外線を肌に吸収させることなく、肌の表面で散乱、反射させるだけなので安全性が高いとされています。また化学変化で紫外線を処理しないので、散乱剤そのものに無理な力がかかりません。そのため構造が壊れにくく長持ちです。また、化学物質を使用しないので肌の刺激にもなりにくいという特長があります。紫外線散乱剤の一つである酸化亜鉛は消炎作用もあり紫外線対策にはかかせません。ただ、紫外線散乱剤も肌を乾燥させやすくするというデメリットがあります。朝、日焼け止めをつける前に化粧水と美容クリームでたっぷりと保湿を行いましょう。



【日焼け止めの正しい塗り方】
肌に負担のかけない日焼け止め選びも大切ですが、塗り方も非常に重要です。
日焼け止めのパッケージに記載されているSPFやPAなどの数値は、皮膚に一定の量を塗布し、測定されています。つまり、これと同等の量を塗らないと数値上の効果はありません。しかし実際には、私たちはこれらの量の半分以下しか塗っていないと言われています。このように薄く塗ってしまうと、数値の20~60%程度の効果しかない、ということになります。十分な量を塗布し、塗りムラや塗り残しがないようにしましょう。

また、日焼け止めは汗や摩擦によって落ちていきます。SPFの時間に関係なく、2〜3時間置きにこまめに塗り直すのが理想です。この塗り直しによる重ね塗りにはすごい威力があり、1回だけ塗るのに比べて2.5倍程の効果が測定されています。



【日焼け止めはできるだけ数値の小さいものを!】
ここまでの話を総合すると〔SPF50/PA++++〕を使えば効果的だと思ってしまいますが、高い数値を使えばいいというのは誤りです。日焼け止めは効果の高い数値であればあるほど、肌に負担が大きくなります。
ちょっとした買い物や散歩も含めた日常生活であればSPF10〜20/PA+〜++程度で十分に効果があります。また日焼け止めの数値を小さいものにして、日傘などを併用するのも効果的。

日焼け止め成分は、吸収剤も散乱剤であっても、肌にとってプラスになるということはありません。できるだけ負担を減らして、夏の間も美しい肌を保ちましょう♪

夏の空[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)