メイクをするときはどこに一番ポイントをおいていますか?アイメイク?リップ?ベース?どれも大ですが、意外とチークを入れていない方多いのです。チークを入れるだけでかなりお顔の立体感が出て、表情も生き生きと可愛くなるんですよ。これからは忘れずにチークもいれましょう。



【チークの役割】
チークの役割ってどんなことだと思いますか?顔に赤みを付けるだけなんて思っていませんか?綺麗に仕上げたベースメイクにチークを入れることで、つやつやの美肌に見えたり、生き生きとした感じや小顔の効果もあるのです。透明感を演出したり、いつもと印象を変えたりすることも可能です。ベースメイクに欠かせないものなのです。




【チークの種類】

◆クリームチーク

◆パウダーチーク
◆リキッドタイプ

この3種類が主ですが普通チークと言って思い浮かべるのはパウダータイプでしょうか。クリームチークもべったりついてしまいそうなイメージですがこの頃は軽めのものも出ていますし使い方を間違えなければ自然な血色を演出できるものなのです。色もかなりたくさん出ていますので、顔色の状態や演出したいイメージによって使い分けてみるのも良いですね。



【チークの入れ方】
チークの入れ方は演出したい印象によって変えましょう。いつも同じ入れ方では面白味がありません。日によって違う印象のあなたを演出してみませんか。



◆健康的な印象
頬の高い位置で瞳の中心の下あたりから目じりに向けて斜めにコーラル色を入れます


◆少し大人で愛らしい印象
眼がしらの下を少し下がったあたりを中心に扇形にレッドを入れます


◆可愛らしいあどけない印象
薄いピンクを片方の目じりからもう片方の目じりまで鼻筋をとおってWを描くように軽く入れます


◆パッと明るい印象
目の幅くらいに横に入れ、中心から下に向かってTの字を描くようにオレンジ色をぼかします


◆2色を使って生き生きとした印象
2色使いをすることによって立体的な仕上がりになります。
自分の頬の色に最も近いカラーを入れてその上に明るいポップな色を重ねます。2色使いすることによって色が長持ちします。まずにっこりと笑った時に頬の一番高くなるところにナチュラルな自分の頬に近い色を入れます。髪の生え際に向かってなじませてから下のほうにぼかします。仕上げに頬の丸みの部分だけに明るいポップな色を重ねます。



【チークのおススメブランド】

◆ジルスチュアート ミックスブラッシュ コンパクト (パウダーチーク)
若い女性に人気のチークです。容器の可愛さも一押しです。4色セットになっているので使い方によって印象を変えることが出来ます。明るくツヤ感もきれいに出るが人気のポイントです


◆NARS ブラッシュ (パウダーチーク)
自然な色味と発色の良さが人気のポイントです。持ちもよく夕方まできれいな発色を保ってくれるのもいいですね。単色なので2色を買って使い分けをしている方も多いようです。


◆シャネル ル ブラッシュクレーム ドゥ シャネル(クリームチーク)
指でつけてぼかしたり、ブラシでつけたりとシーンによって使い分けをしている方が多いようですクリームタイプなので気を付けないと付きすぎてしまうこともあるようです。発色はとてもよくツヤ感があって立体感も演出してくれます。綺麗な色が揃っていて見た目についつい惹かれて買ってしまう事も多いチークです。プチプラ優秀チークもたくさんあります。


◆キャンメイク クリームチーク
こちらは580円とお値段も相当優秀です。見た目の可愛らしさや色の綺麗さに思わず大人買いしたくなるチークです。発色、伸びの良さが優秀です。プチプラなのでリピ買いしている方も多いようです。


◆ヴィセ リシェ リップ&チーククリーム
名前の通りリップとしもチークとしても使えるという優れものです。こちらも容器がとてもかわいい。色つき発色ともにとても良いのが選ばれているポイントのようです。ツヤ感も演出できるところも良いですね。お値段は1,000ですが何色もそろえてしまいたくなりますね。



チークの大切さはお分かりいただけましたでしょうか。チークを入れるだけでお顔の印象はかなり変わってきます。今まで入れていらっしゃらなかった方、ぜひメイクアイテムにチークを加えてみて下さい。明日から愛されフェイスになりましょう。

AI_IMG_7801-thumb-1000xauto-12545[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)