鏡を見るたびにユウウツになる毛穴のお悩み。とくに角栓がつまって黒いプツプツがいっぱいのイチゴ鼻は最悪の気分です。間違ったケアをするとさらに悪化してしまいますので、正しいお手入れでイチゴ鼻を根本的に解決しましょう。



【まずは知りたい、毛穴ってなぜ目立つの?】
そもそも毛穴は体毛が生えるだけでなく、汗や皮膚を守る皮脂を分泌しています。肌の1センチ四方に20個以上あり、人の顔には約20万個の毛穴があると言われています。この毛穴に、古くなった皮脂や角質、また空気中の汚れや洗顔で落としきれなかったメイクの残りが溜まると、それらが酸化して固まり角栓となります。




【イチゴ鼻の主な原因とは?】
もともと鼻は顔の中でも皮脂の分泌が多い場所ですので、角栓がたまるとプツプツが大きく目立ち、まるでイチゴのようになってしまうというわけです。10代、20代のように若いうちはホルモンのバランスが崩れて皮脂が過剰に分泌されるため、イチゴ鼻になりやすいと言われます。また年齢に関係なく、間違ったスキンケアや生活習慣も大きな原因になります。




【イチゴ鼻ならないための対策とは?】
間違ったスキンケアをしていると、イチゴ鼻を悪化させてしまうこともあります。自分のタイプを考えながら、スキンケアや生活を見直してみましょう。



◆クレンジング
メイクする人はもちろん毎日、しない人も週に1回はクレンジングで毛穴の汚れを取り去りましょう。


◆正しい洗顔
洗顔は肌より少し温かい程度のぬるま湯を使用し、洗顔料はよく泡立てて、肌をゴシゴシこすり過ぎないように洗います。最近注目の電動式洗顔ブラシは手で洗うよりも刺激が少なく、毛穴をキレイにするといわれていますので、こうしたアイテムも上手く取り入れたいものです。しっかりとすすぎ、最後にお水で毛穴を引き締めることもポイントです。


◆たっぷり保湿
オイリー肌でも保湿は大切です。化粧水をたっぷり使って重ねづけしたり、ローションパックなどで充分な保湿を心がけましょう。水分を逃がさないように乳液なども積極的に取り入れましょう。ベタ付きが嫌いな人は、保湿力の高い美容液を使って仕上げるのもいいでしょう。


◆優しいスペシャルケア
ピールオフタイプのパック、美顔器ケアなど、肌への負担が大きいスペシャルケアも注意が必要です。お風呂で毛穴を広げてから、刺激の少ないピーリング剤などを週1回程度使用するとよいでしょう。


◆生活習慣の見直し
揚げ物やファストフード、炭水化物など極端に偏った食生活は肌の新陳代謝が悪くなります。また寝不足、喫煙、飲酒、辛い食べ物やコーヒーの多量摂取なども同様です。



肌は全身の健康のバロメーターとも言われます。スキンケアはもちろん、生活スタイルも見直してイチゴ鼻にサヨナラしましょう!

lgf01b201406121300[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)