常夏の島・ハワイ。そのハワイで現在、アサイーを越える美容食として注目されているフルーツがあるのをご存知ですか? それが「ピタヤ」と呼ばれるサボテン科の植物です。女性が見惚れてしまうような鮮やかなピンク色は、まさに南国の果物。夜中に月下美人のような花を咲かせ、印象的な果物へと実っていくその姿は『夜の女王』とも呼ばれています。



【ピタヤとは】
ピタヤは独特な龍のウロコのような形状から『ドラゴンフルーツ』とも呼ばれています。その名称を聞くと「あぁ、あれか!」と、思い浮かぶ方もいらっしゃいますよね。果肉の中にはゴマのような種子が散らばっていて、この種子が独特のシャリシャリとした食感をもたらします。果肉はやわらかく、果汁を豊富に含んでいます。味はさっぱりとした甘さで、酸味はほとんどありません。農薬を使わずに栽培できるということもあり、美容としてだけではなく健康志向の自然食としても注目されつつあります。




【ピタヤの美容効果】
ピタヤには、カルシウム、カロチン、鉄分、各種ビタミンに、ミネラル、など女性に嬉しい栄養素が豊富に含まれています。これらは、美白、シミ予防、高血圧、血糖値を下げるなど、多くの美容や健康面で効果があると言われており、アサイーを超えて注目されています。そのなかでも、特に女性に注目してほしい栄養素が以下の3点です!



1.食物繊維はバナナの65倍
ピタヤに含まれている食物繊維は、水分を含んで膨らみ、おなかに溜まった余分な物を掃除してくれます。その食物繊維の量は、なんとバナナの65倍! たった1つのピタヤを食べるだけで、バナナ約35本を食べたのと同じ量の食物繊維が摂取できてしまいます。また、ピタヤの果肉にある黒いゴマ状の種子は、腸を刺激して便秘を改善する効果があります。現代女性が不足しがちな食物繊維が豊富に含まれているピタヤ。それだけでもう生活に取り入れたくなってしまいますよね。


2.レッドピタヤでアンチエイジング
ピタヤには、果皮が赤くて果肉が白い「ホワイトピタヤ」、果皮が黄色くて果肉が白い「イエローピタヤ」、果皮と果肉が赤い「レッドピタヤ」、の3種類に分かれています。どの種類にも多くの栄養が含まれていますが、その中でもレッドピタヤしか持っていないのが、「ベタシアニン」という強力な抗酸化作用を持つポリフェノール。これが肌や内臓の老化を防止するエイジングケアとして、高い評価を受けています。

3.女性に必須のビタミン「葉酸」
女性に必須のビタミンといわれる葉酸は、DNAを形成・修復するビタミンです。葉酸を摂取することによって、女性にとって大きな問題となる貧血予防や、子宮頸がんの予防につながるといわれています。また妊娠を望んでいる女性や、妊娠初期の女性に欠かせないビタミンでもあります。

葉酸は調理や酸化によって壊れやすいという性質を持つため、食べ物から摂取することがなかなか難しい栄養素です。また、体内で蓄えておくことができないため、日々の生活で取り入れていくことが大切です。そのため新鮮なまま生で食べることのできるドラゴンフルーツは、葉酸の摂取にとても適しています。



【美味しい食べ方】
カットしてそのまま食べても美味しいですが、パイナップルやマンゴーとスムージにするのもサッパリとして夏の疲れを癒してくれます。そして一番のおすすめはやっぱり本場・ハワイでも大人気なピタヤボウル。ピューレしたピタヤにフルーツやグラノーラ、ココナッツ、などをトッピングしたもの。自然な甘みとヘルシーさで、猛暑を吹き飛ばしてくれます。美容と健康を大切にする女性たちを魅了するピタヤ。今年の夏は、ピタヤスムージーを持って海までドライブなんていかがですか♪


60b98f9f85d6e2931979ff5f3389a2e9_m

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)