豆乳とは牛乳に似た見た目と食味を持つ飲み物です。しかし、大豆特有の香りが苦手な人もたくさんいます。豆乳には植物性のタンパク質や脂質がたっぷりです。豆乳が大好きな方も、少し苦手だと言う方も、おいしく豆乳を楽しみ毎日の食生活に取り込むことは、健康的な生活を送ることにつながります。また、ダイエット効果、美容効果も期待でき女性には欠かせない食品です。



【豆乳を飲んで美しく健康に】 
豆乳は水に浸した大豆をすりつぶし、水で煮詰めた後に濾過した汁です。大豆特有の香りはあるものの、見た目や食味は牛乳に似ています。しかし、この香りが苦手という方も多く、現在ではいろいろな味の豆乳が販売されています。コーヒー味やいちご味、バニラやバナナなど、その種類はとても多く、またおいしく飲めるものばかりです。ストレートの豆乳が苦手な方はそれらを試してみるのもいいかもしれません。
豆乳はもともと大豆なのでタンパク質が多く含まれています。タンパク質は体の基礎となる皮膚や内臓、筋肉、骨、血などを作る原料となります。その他、ホルモンや酵素などにも必要な成分です。豆乳は体内に取り込まれるとバランスよく必須アミノ酸に分解され、体の各組織に運ばれます。また、良質な脂質に富み、ビタミン類も豊富で栄養価の高く、動脈硬化や高血圧の予防が期待されます。さらに大豆特有の成分レシチン、サポニン、イソフラボンは、抗酸化作用や抗がん作用、骨粗鬆症の予防など現代人の健康を守るために欠かせない成分です。さらにダイエット効果にも期待できる豆乳。おいしく楽しんで美容に生かしましょう。



【豆乳にプラスαでもっとおいしく】
いろいろな味付きの豆乳はありますが、それも苦手だと言う方にお勧めの飲み方をご紹介します。最近とあるカフェでも人気の豆乳ラテを楽しんでみてはいかがでしょうか?コーヒーや紅茶のミルク代わりに豆乳を使うだけでお手軽に楽しむことができます。その他、ほうじ茶豆乳ラテなども人気です。少し濃い目にコーヒーや紅茶を用意し、温めた豆乳を加えます。温めた豆乳はまろやかで飲みやすく味に深みが出ます。お好みでコーヒー豆乳ラテにはシナモン、お茶の豆乳ラテには生姜などを加えると豆乳の臭みが消え、さらに飲みやすくなります。また料理に使うのもいいでしょう。豆乳鍋や豆乳しゃぶしゃぶなどコクが出て美味しさが増すばかりでなくヘルシー。ホワイトソースを作る時に使用するなど、牛乳の代わりに使えばバリエーションも豊富です。

img_59645_3[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)