昔から水をたくさん飲むことは健康やダイエットにいいと言われており、毎日水を2リットル飲むデトックス法や、硬水がミネラルたっぷりで健康にいいとか、夜寝る前と朝起きたらまずにコップ1杯の水を飲むべきだとか、水に関してさまざまな情報が溢れています。そんな中、最近新たに注目を浴びているのが「デトックスウォーター」です。SNSなどでデトックスウォーターの写真を投稿している女性も増えてきましたが、まだ知らない人もいるかもしれません。デトックスウォーターは、欧米では以前から人気があったそうですが、日本でブームになったのは今年の春くらいから。ミネラルウォーターに好きな果物や野菜、ハーブを漬けこんで一晩寝かせるだけ完成してしまいます。デ水にほんのりと果物やハーブの香りや味がつき、ただ水を飲むよりも飲みやすいと話題になっています。



【デトックスウォーターも作り方】
デトックスウォーターの作り方はとってもシンプル。ミネラルウォーターをボトルやピッチャーに入れ、そこカットした好きな野菜や果物、ハーブを加えて一晩漬け込みます。ミネラルウォーターの代わりに炭酸水でも良いです。容器はジャーサラダでお馴染みのメイソンジャーやミネラルウォーター専用ボトルなどを使用している方が多いようです。果物の量などに決まりはありません。デトックスウォーターの代表的な配合としては水+レモン+ミントや、水+きゅうり+レモン+ミントなど。レモンやきゅうりをミネラルウォーターに漬けこむのが定番のようです。レモンやグレープフルーツなどは皮ごと入れるのが推奨されているので、無農薬のものを購入し、しっかり洗ってから使用しましょう。もちろん、スイカやりんご、モモなどを加えてもOK。何種類かの素材を組み合わせてもOK。生姜やシナモンを漬け込むレシピも流行っているようです。



【ただのミネラルウォーターとなにが違うの?】
デトックスウォーターはただのミネラルウォーターと何が違うのでしょうか?見た目、香り、味はもちろん、栄養面でも違いがあります。その差を作り出しているのは中に入れている果物や野菜、ハーフなど。果物や野菜に含まれるビタミンには水に溶けやすい性質のものがあり、1番寝かせて作るデトックスウォーターにはそれらの栄養素が溶け出しており、疲労回復や抗酸化作用などの効果が期待できます。また、水溶性食物繊維という水に溶ける食物繊維も水中に溶け出しやすく、これは心疾患のリスクを低下させらたり、腸内の善玉菌を増やして便秘改善に働きかけるなどの効果があるといわれています。キュウリやりんごはデトックス効果が高いといわれており、老化防止にはブルーベリーやラズベリー、美肌を作りにはレモンやライムなど、それぞれの素材で期待できる効果も違うため、求める効果を特定してフルーツを選んでみるのも良いかもしれません。



【オシャレな見た目】
デトックスウォーターがこんなにも人気な理由は、おしゃれな見た目にもあります。SNSや雑誌などで見たことのある方はわかると思いますが、デトックスウォーター、本当におしゃれで可愛いんです。メイソンジャーのような透明な容器に入れて飲む方が多く、カラフルな果物の入ったデトックスウォーターは見ているだけで元気になれる可愛さをもち、柑橘系とハーブを組み合わせたものはとってもさわやかな印象を与えてくれ、夏にピッタリ。マイボトルにデトックスウォーターを入れて持ち歩くだけで、お洒落度がぐっとアップしたような、そんな気持ちにさせてくれる魔法のドリンクなのです。今年の夏はデトックスウォーターを片手に持った女性をきっとたくさん見かけることになるでしょう。皆さんもぜひ話題のデトックスウォーターにトライしてみてくだい。

DIY-Stress-Relieving-Fat-Burning-Detox-Water-Recipes[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)