「姿勢正しく」と子供の頃から言われてきたものですよね。しかし、ずっと背筋を伸ばし続けるのは面倒だったたり、特に良い姿勢でいる必要性を感じていなかったりする方は多いのではないでしょうか。
外国人から見て日本人女性は「歩き方が残念」と思われる事が多いそうです。ハイヒールの靴などでおしゃれを楽しむ姿は素敵ですが、確かに猫背や内股になっていたり、前のめりになってカクカクと痛そうに歩いていたりする方は多く見られます。それを「特におかしいことではない」と思ってしまい、残念な姿勢を続ける事は、女性の魅力を半減させたり、スタイルを悪くしてしまったり、身体に不調が出てきて元気に過ごせなくなったりする原因になります。もっと素敵な女性になるために、一度自分の姿勢を見直してみませんか?



《なぜ姿勢を見直す必要がある??》
24時間、歩いている時も、走っている時も、座っている時も、お風呂に入る時も、寝る時も…どんな時も私達の身体に影響を与えるものは『姿勢』です。間違った姿勢を続けていると、本来のあるべき骨の位置が歪んできます。それに合わせて筋肉の付き方も変わってくるので、間違った姿勢が癖になり元に戻すのが困難になったり、要らないところに筋肉がついて太くなったり、コリが生じたりします。その結果、例えば顔が歪んだり、歩く時に変なところに力が入って 脚が筋肉で張り出してしまったりしてしまいます。格好悪いですよね。



《美人にとって美姿勢は基本中の基本》
スタイルが良くていつも姿勢がキレイな女性は、不要な筋肉が付かないので脚もほっそりで、お腹も引き締まっていますよね。「何もしてないよ。」とは言いつつ、自然とキレイなスタイルを維持する姿勢を身に付けているのです。しかも習慣になっているので、本人は辛くないのです。  テレビ等でみるモデルさんや女優さん達は皆さんとても綺麗な姿勢です。立っても座っても細い首がスッと伸びていて、肩が上がっている人はいません。



《今から始める歩き方・立ち方・座り方改善!》
【耳・肩・腰・くるぶしが縦一直線上にくるように立つ】  

力を抜いて立ち、横向きから全身鏡を見てみてください。正しい姿勢を日々確認しながら身につけていきましょう。

特にありがちな立ち癖は、腰が反っていて、おなかは前に出っ張ってしまい、おしりはアヒルちゃんのように突き出してしまう状態。上半身だけ見ると堂々としていて良い姿勢に見えますが…おなかから下は少し残念。これは反り腰といい、身体の歪みです。おなかは下腹から胸下のあたりまで真っ直ぐになっているのがベスト。おなかが出てしまうのは、脂肪だけでなく、内蔵を支える筋肉が弱いために前に流れてしまったり、骨盤が歪んでしまっていたりするという要因もあります。日々意識して鍛えていく事が必要です。


【上に引っ張られているイメージを持ち続ける】  
おなかとおしりはどちらも引き締め、頭のてっぺんをひもで上に引っ張られるようなイメージを持ち続けましょう。そうすると、肩も下にストンと落ち、首回りがすっきりします。  女性はS字ラインが理想的とも言われる事もありますが、おしりをぷりぷり突き出して歩くのは身体にも良くありませんし、あまり素敵な姿勢には見えません。地面に対し垂直に体重が乗るようにする感覚をいつでも心掛けましょう。


【膝とくるぶしをくっつけて座る】  
脚を閉じて座るのが辛い方もいると思いますが、それは必要な筋肉の不足です。意識して脚を閉じ、鍛えていく事が必要です。座る時も、お腹を引っ込めて上に引っ張られているイメージを。



姿勢を見直してみて、どうでしたか?もともと実践していて「自分にとっては当たり前の事だった!」という方や、正しい姿勢がかなり辛く感じ、「これで大丈夫なのかな?」と不安になる方もいると思います。美姿勢が辛く感じる方は、必要なのに備わっていない筋肉と歪んでしまった身体に注意しなければなりません。  いざ「ダイエットしたい」「身体の疲れを取りたい」「キレイに・格好良くなりたい」と思った時に後悔するのが姿勢の悪さ。早めに正しい姿勢を身につけて、要らない悩みの種はなくしていきましょう。

20140422142429

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)