世の中には、たくさんの老化予防の商品やら方法が出回っています。顔のシワやたるみは、外からとか内から改善できると思いますが、体全体の老化現象は一体どうしたら改善できるのでしょうか。中年になると、女性は特に下っ腹につきやすくなり、そしてお尻は横に広がっていき、下半身が大きくなっていくのです。いくら顔をきれいにしていても、体がおばさん体型だと綺麗には見えませんよね。女性は後ろ姿が大切だと言われているのに、体型の変化には疎い人が多いと思います。今回は、体全体の老化現象が起こる原因と、改善方法をご紹介していきたいと思います。



【体の老化現象は、骨の歪みにあった!】
女性にとって大切な骨盤は、筋肉の衰えや出産によって開いてしまったりしてしまいます。その他にも生活習慣や、生活上のくせ、筋力低下や筋肉量の減少で、骨盤はどんどん歪み広がっていくのです。本来骨盤は人が直立歩行するために必要な骨です。骨盤が開くと、O脚やエックス脚、肥満や肩こり、頭痛などの慢性的な症状が出てきてしまいます。

そして運動不足による、骨盤周りの筋力が低下することで、骨盤の歪みはさらに悪化していくのです。骨盤が歪んでしまうと、体型の崩れ以外に生理痛やむくみ、新陳代謝の低下、冷え性にもつながってきてしまうので、それほどまで骨盤は大切な骨なのです。



【なぜ骨の歪みは起きてしまうのか?】
骨盤の歪みは筋肉の衰えに、他の要因が加わることで簡単におこってしまうものです。中でも生活上の癖が、1番の原因ともされていて、知らず知らずのうちに骨盤を大きく開いていってしまっています。

片方だけ使う、バランスが悪い生活習慣により起こる歪みは、鞄や荷物を持つ手がいつも一緒だったり、立つ時に片足の足に重心をかけているなどの癖があると、骨盤は簡単に歪んでいってしまいます。日常の生活習慣や、意識的ではない癖により、身体の左右の筋力や、筋肉量が異なってきて骨盤のズレ、開きなどが起こるのです。その他にも、うつぶせで寝てしまう人や、横向きで寝る人も、上記と同じようになってしまうのです。これほどまでに簡単に、骨盤はずれていくのかと、少し不安になってしまいますよね。ですが、骨盤のゆがみを直すことで、これらの体に出てくる不調や、老化現象を防げることができるのです。



【骨盤の歪みや、ズレはどうやって直すの?】
老化現象に多い体型で、下っ腹がぽっこり出ている人がいますよね。そういった人は、骨盤が開いた状態で長くいてるので、その部分に内臓がずり下がってきて、下っ腹が出てしまうようになるのです。内臓の垂れ下がりは、内臓の不調にもつながるので、骨盤の歪みやズレを直すことで、内臓も元の位置に戻していくことが必要です。



それでは、骨盤の歪みを治すストレッチの方法をご紹介していきたいと思います。まずは仰向けに寝て、両手を上に上げて伸ばしながら、踵を垂直に曲げていきます。体を限界まで伸ばしたら、その位置で数秒間キープしてください。そしてその後は、気持ちが良い姿勢を自分なりに探してみて、その状態で伸びをします。この方法は、上半身をリラックスするための方法で、骨盤ストレッチの効果をアップさせるために、必要なセットアップなのです。
次に、仰向けに寝たままの状態で、両膝を曲げ両足の裏を合わせます。簡単に言うと蛙のようなポーズで、これもまた数秒間キープしてください。そしてその後は、先ほどと同様自分の気持ちの良い体制で、伸びをしてください。骨盤の歪みを取るためにはまずは広げることが大切なのです。
そして、両足を曲げ両足の裏を合わせた、帰るポーズの状態から、両膝をくっつけて行きます。そしてどちらかの膝を片方の膝の上に重ねていきます。そしてまた先程と同様、自分の楽なポーズで体を伸ばしてください。このストレッチをすることで開いた骨盤を正常な状態で引き締め、骨盤を正常な位置に戻していくのです。

この骨盤ストレッチ方法を行うときは、上半身と下半身をリラックスした状態で行うことがお勧めです。



このほかにも、骨盤の歪みを治す方法は運動にもあり、歩くことや走ることなど有酸素運動が適していると言われています。有酸素運動は大人になればなるほど、意識しないとしなくなってきてしまう運動ですから、そのため私たちの体は老化へと進んでいってしまうのでしょう。

yoga01[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)