日焼けしたら何か悪いらしいから日焼け止め塗ろうな~んて思ってる人いませんか?紫外線の何が悪いのか、正確な話を知ってる人って少ないんじゃないでしょうか?紫外線のことを良く知って、正しくケアをするようにしましょう。



☆骨粗しょう症予防には必要な紫外線。
女性に多く見られる骨粗しょう症。骨粗しょう症の予防法の一つとして紫外線を浴びるというのがあります。なぜ、紫外線が必要か?というと紫外線にはカルシウムを吸収して、骨を丈夫にする効果があるビタミンD作成に必要な効果が得られるからです。けれど、だからと言って大量に摂取する必要はなく、普通に生活していれば必要量の紫外線は普通に摂取することができます。なので、毎日家の中に引きこもり、暗い部屋に閉じこもりっきり、とかいうのでなければ気にする必要はないでしょう。



☆皮膚の張りを衰えさせる紫外線A
皮膚の奥には真皮と言う、柔らかい場所があります。ここには、膠原繊維と弾力繊維の二つが存在し、肌の張を保ってくれているのです。若い子の肌はぴちぴちしてて張りがあるでしょう?張りがない肌は老けて見えます。張りを保たせてくれているこの二つの繊維は、若さを保つためにはとても重要な存在なのです。けれど、紫外線のA波はこの真皮まで届いて、この二つの繊維を委縮させてしまいます。そうなると、肌の張りを保つのが難しくなり、結果、老化が早まってしまうというわけ。この作用を【光老化】と呼びます。紫外線を防ごう!というのには、この光老化を予防しよう!という意味合いがあるのです。



☆なぜ紫外線を浴びるとシミ、そばかすができるの?
紫外線がシミ、そばかすの元と言われるにはきちんと理由があります。日焼けした時、色が黒くなりますよね?(中には赤くなる人も)これは、カラダが「あっ!これは日光浴びすぎじゃんか!やばいやばい!スクリーンかけよう!」ということでメラニンを皮膚の表面(表皮)に覆いかぶせ、日光を防ごうとしているのです。そして日光量が減っていくと、「これ以上はいらないか~」となり、それ以上のメラニンが生成されることはなくなります。そして、表皮に残ったメラニンは、新陳代謝で新しい皮膚と交代させられるときに、古い皮膚と一緒に剥がれ落ちていくのです。しかし!ここで問題が!この新陳代謝がうまくいかなくなることがあります。一般的には20歳過ぎたらお肌の曲がり角。メラニンが上手に抜け切れず、シミとなってしまうことがあるのです。なので、日焼けはなるべくしないほうが肌のためには良い!というわけ。きちんと日焼け止めを塗って、肌の老化を抑えるようにしましょう。



☆日焼け止めの選び方は?
日焼け止めにはわけのわからない記号が付いてますよね。SPFってなんじゃらほい、+ってなんだ??うんうん。月森もわかりません。なので調べてみました。SPFは効果の高さを表すそうです。例えば、SPF50とかになると海水浴などを含む、日光がさんさんと照っている炎天下でもOKSPF30程度だと日常の買い物程度までならOK!と言う風になっているんだそう。当然、この数値が高ければ高いほど、肌への負担が重くなっていきますので、きちんと洗い流してくださいね。+の記号はその効果がどれくらいのものかを表していて、プラスが多ければ多いほど効果が高い、とのこと。選ぶときは数値と記号を見ながら選ぶようにしたいものですね。



☆ビタミンCはシミの予防に効くって本当?
ビタミンCはシミの予防に効くか?ということですが、メラニンを作る機能を抑制する効果があるというのを、シミ予防と言っていいのであれば、シミ予防効果ありと言います。また、出来たシミを薄くする効果もありますので、夏の紫外線の強い時期には意識して摂取しておきたい栄養素ですね。ただ、よくレモンやキュウリにビタミンCが入っているからと言ってパックに使う人がいますが、それはやめてください。ビタミンCは肌に塗っても吸収されないばかりか、ソラレンという、光毒物質が含まれているため、逆にシミの原因となってしまうことがあります。化粧品などでビタミンCが入っているじゃないか、という人もいますが、あれにはビタミン誘導体という物質が入っていて、それがない限り、ビタミンは肌に塗っても吸収されることはないのです。ビタミンCは食べて摂取するようにしましょう。

なぜ紫外線が怖いか、ちょっとわかったような気がしましたでしょうか?紫外線は老化を早める、女性の大敵なんです。なければ困るけれど、大量には必要ない、それが紫外線です。正しいケアをして、紫外線による肌の老化を予防しましょう。

初秋の日差し[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)