夏が近づき生脚を出す機会も増えてきましたね。ミニスカート、ショートパンツ、サンダルと脚を露出するアイテムがいっぱいです。冬の間はタイツやパンツで隠れていてあまり見ることがなかった自分の脚ですが、生脚の季節になると気になるところがいっぱいという方も多いはず。思わず振り向いてしまうような美脚めざしてお手入れしましょう。



1、「足のむくみケア」
むくみというのは、血管外の細胞と細胞の間に余分な水分が溜まった状態のことをいいます。何らかの原因で血管やリンパ管の流れが悪くなり水分がスムーズに吸収されないと水分が溜まりむくみがおこります。特に脚は心臓から遠く、重心に逆らって血液を押し上げているため、血液循環が悪くなり、むくみやすい部位なのです。また、女性は筋肉量が少ないため、静脈の血行やリンパの流れが悪くなりがちでむくみをおこしやすいようです。むくみケア方法としては


・着圧レッグウェアを使う
普段ストッキングを履いている方であれば着圧ストッキングがたくさん出ているのでご自分にあったものを選んで履いてみましょう。夜寝るとき用のものも使って見るとよいですね。


・セルフマッサージ
マッサージするときはオイルを使ってすべりをよくしましょう。お風呂上りや、寝る前にマッサージすると効果的です。足裏からもみほぐすようにはじめましょう。足の指の間もほぐすようにするのも効果的です。足首からふくらはぎまではひざ裏に流すように、手のひら全体で少し圧をかけるようにマッサージします。ひざ裏は痛くない程度に指先でギュッと押します。ひざ頭の周りもくるくるとひざ裏にむけてマッサージしましょう。膝より上は脚の付け根のそけい部まで力を入れながら押し上げていきます。太ももは裏側に太リンパが集中的に走っているのである程度強めにゆっくりとしましょう。最後に足首からそけい部まで押し上げて終了です。セルフマッサージは気持ちの良い程度に無理をしないでやりましょう。「むくみ&たるみを作らないように」


・マッサージやグッズで解消するとともに普段の生活で出来ないようにすることも大切です。
脚に筋肉がない女性という方は運動する習慣をつけて筋肉をつけるようにしましょう。筋肉がないと脂肪も燃えにくくなるので注意が必要です。


・オフィスでデスクワークをしている方は長時間同じ姿勢でいることが多いので、最低でも1時間に1回は足首をくるくるまわしたり、つま先を遠くに伸ばしたりと動かすことをしてみましょう。


・冷えも脚のむくみに影響があります。冷え性の方は体を温める作用のあるショウガ、ニンニク、ニラといったものを積極的にとることでむくみの解消、予防に効果的です。入浴はシャワーで済ませずにしっかりと湯船につかりましょう。

 

2、「足の角質ケア」
ひざやかかとの角質が気になりますね。ひざの角質が残っていると白っぽくなったり黒ずんだりとスカートが似合いません。スクラブなどを使って柔らかくして取り除いてあげましょう。やり過ぎは禁物ですので気を付けましょう。


3、「足の脱毛」
脚の脱毛は永久脱毛、脱毛クリーム、脱毛ワックス、電気シェーバーなどご自身に合った方法を選んで処理しましょう。


4、「脚の保湿ケア」
脚もお顔などと同じように保湿ケアをしてあげましょう。定期的にボディスクラブをしてきれいに角質を取ってからクリームやオイルなどで欲しるケアをしましょう。


5、「タコ・ウオノメ」
ヒールを履くことが多い女性にはタコ・ウオノメで悩んでいる方がかなりいらっしゃいます。タコやウオノメというのは皮膚が角質化して肥厚していることです。見た目にもよくないばかりでなく痛いものなので、治してしまいましょう。市販薬も何種類も出ていますが、一時は治ってもすぐに再発してしまうことも多いので、病院で治療してもらう方が良いでしょう。タコ・ウオノメは完治したとしても原因を解消しないことには意味がありません。そこも含めてきちんと対処しましょう。



脚のケアに関して色々と書きましたが、皆様の1番のお悩みはどこですか。今からでも遅くありません。きちんとケアして思わず振り向きたくなる美脚を手に入れましょう。

cb73655489b2972dca4406189739372c

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)