◆"おまたカイロ"ってなに?

おまたカイロとは一体何?という人が多いと思いますが、名称は少しおかしく感じますが、これはれっきとした健康療法の1つなのです。

おまたカイロと言う名前の通り、股間にホッカイロで温めるという行為なのですが、注意事項があり低温火傷を避けるためにパンツに対してとカイロを貼るのではなく、毛糸パンツや、間にタオルを挟んで使用してください。
女性にとって子宮を温めるという行為は、体の色々な部分の不調を改善してくれる、そして生理痛や、血行不良による体の不調を、子宮を直に温めることで、それらも改善してくれるのです。


◆人間に7つのチャクラがあり、その部分からいうと効率がいいのはおまたを直に温める事

人間には7つのチャクラというものがあり、チャクラの点から考えてもホッカイロを腰やお腹など側面に貼るより、第一チャクラ、つまりチャクラの帯の直下を温めることが、頭から股間まである7つのチャクラを活性化させるために、とても効率の良い考えだといえます。人間の体は温めるコツさえ分かっていれば、体の中から、冷えは改善でき、女性に多い冷え性にも効果発揮してくれるのです。
そして、その冷えを一番効率よく解決してくれる部分が、おまたなのだと言うことがわかりました。

ですが先程も言った通り、おまたカイロは、低温火傷してしまう可能性があるので使用上の注意は必ず頭に入れておいてください。 その部分を温めることで、自浄作用となる膣分泌液がサラサラになり、抗菌作用も高まるので女性に多いウィルスへの感染なども防げることもできます。
そしておまたカイロを始めたばかりの人に多い現象が、その膣分泌液がさらさらと、たくさん出てしまうことで不安がられる方も多いと思いますが、それは膣内環境の調整だということですので、ご心配なく。 現代人に多いのは膣の温度が非常に低いと言うところです。ほとんど女性の膣が冷たいし、固いと言われており、これは婦人科系疾患だけとは言わず性器周辺の低体温は万病の元となってしまうのです。



◆体の体温を上げると健康になる!

女性は生理が始まって、子供の頃のように平熱が36度などという、高めの体温ではなくなってしまいます。35度くらいの方が多いでしょう。 ですがその低体温は、いろいろな病気の元凶となり、反対に高体温は健康の源となるのです。 体温が1度上昇するだけで、体の中のいろいろな場所で劇的な変化が生じます。

まず体温が上がると血行が良くなり、血行が良くなるということは血液がスムーズに流れるということなので、結果的に血流量が増え血中もサラサラになっていくのです。 体を作ってくれる細胞に十分な酸素と栄養が供給されるので、女性に嬉しいお肌がワントーン上がるとか、顔が、からだが、むくまなくなった、そしてお肌トラブルでもある大人ニキビなどができにくくなった、背中や胸にできる吹き出物がなくなった、など目に見える効果も大いにあるのです。

このように、私たちが日々体で悩んでいることの多くの原因は、膣や体の中の冷えが原因だとわかりますよね。
一番理想的な平熱の温度は、37度といわれています。37度と聞くと、35度の人からすると、もうそれは熱があるのと一緒で、体がだるくてふらついてしまうレベルだと思います。37度とまではいかなくても、36度後半ぐらいだと体の健康状態が保たれ、細胞も若々しく、体自身疲れにくく感じてくるのです。体の詰まりがなくなるので、朝起きた時のだるさや、翌日のむくみなどから解放される、身体が軽く感じることでしょう。

そして同じ運動量でも筋肉の修復がスムーズに行われ、筋肉が増えやすくなったりします。 そして筋肉の場合と同じ理由で、骨さえも丈夫になるのです。年齢を重ねていくと女性に多いのが骨粗鬆症の病気です。 骨密度が少なくなっていき、体の中にある骨がレースのようにスカスカになってしまう病気のことです。この病気は男性よりも、やはり女性に多いので年配の女性たちには悩ませる病気の1つだといえます。

血流量が増えることで胃や腸など消化器官の臓器にも良い影響が出ます。具体的に言うと胃腸が内容物を先に送るための、蠕動運動が活発になることで、腸の中で発生する硫化水素や活性酸素などといった毒素が、素早く排泄されるのです。 それは便秘解消や大腸がんの予防にもつながりますので、体温を一度あげるだけで、デメリットはなく大きなメリットが私たちに与えられるのです。

脳の血行も良くなり脳の活性化が進みます。特に海馬という記憶を司る神経がありますが、この場所の血行がよくなることで記憶力や痴呆症の防止にとても効果があり、近年多いアルツハイマー病や若年性アルツハイマーなどの予防にもつながっていくのです。



◆さいごに

新陳代謝を活発にさせることでお肌はきれいになるという意識は、女性なら誰しもがわかっていることと思います。そのため皆さんがいざ実行しようと試みるのは、半身浴が一番多いのではないでしょうか。
ですが、半身浴がゆっくりできる時間がないと意味がないので、2つのこと同時に行うという行為は難しくなってきてしまいます。ですがこのように膣を直に温めるという行為は、毎日の生活に1つプラスするだけのことなので、知らず知らずのうちにでも徐々に、膣の中が温まっていくのです。

細胞を美しくすることで私たちの美容は保たれ、お肌の対する悩みやトラブルの改善にも大きな力を発揮してくれるのです。



FUMEWLWHCJODPM9.LARGE[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)