現在、世界中の多くの女性たちの注目を集めるのが『スーパーフルーツ』と呼ばれる、美容と健康に効果的な働きをする果物たち。アサイーやアセロラなど、多くの果物が名を上げるなかで、それらの果物を凌ぐ『スーパーフルーツ』が出現しました♪その名も「マキベリー」です。



【マキベリーとは】
マキは、チリのパタゴニア地方の奥地のみに自生する常緑の樹です。その木にできるマキベリーは直径4mmほどの小さな実で、黒く、甘い果肉を持っています。マキベリーが育つパタゴニア地方は、世界でもっとも大気が清潔な地域のひとつとも言われ、ストロベリー、ラズベリー、ブルーベリー、ブラックベリー、クランベリーなど多くのベリーが栽培されています。ですが、このマキベリーはまだ人工的には栽培されておらず、野生のままの大変希少な品種です。




【マキベリーのすごさは圧倒的な抗酸化力!】
現在、世界中で注目を集めているのがアサイーやアセロラなどの『スーパーフルーツ』と呼ばれるもの。この『スーパー』と呼ばれる定義は、主に抗酸化力が高い果物に対してつけられています。



◆抗酸化力とは
生き物の体は、年齢とともに老化していきます。それは活性酸素によって体が酸化し、金属の錆のように細胞が錆びていくからです。活性酸素は絶えず体内で作られ、これが蓄積すると単に老化を早めるだけでなく、がん細胞が増殖したり、動脈硬化を引き起こしたりなど、様々な疾病の原因にもなっていきます。この活性酸素の働きを阻止する物質が抗酸化力です。



◆抗酸化物質は外側からも摂取
体内でも活性酸素を無害化するために複数の抗酸化物質が作られ、活躍しています。しかしこれだけだと、年齢とともに錆びていく体には対抗できません。そのため体内で作られる抗酸化物質を補助するためにも、外側から抗酸化物質を取り入れていくことが重要になってきます。そしてこの抗酸化作用を持つのが、だれもが聞いたことのある『ポリフェノール』という物質。このポリフェノールは活性酸素を除去する作用を持つため、様々な病気に対抗する力やアンチエイジング効果が期待されています。



マキベリーはポリフェノール含有量がすごいっ!
美容や健康にいいとされるポリフェノール。これまでこのポリフェノールの含有量が高いとして注目を集めていたのが、アサイーでした。しかしこのマキベリーは、なんとそのアサイーの5.4倍ものポリフェノール含有量を誇ります。とくにマキベリーは、ポリフェノールの一種であるアントシアニンと呼ばれる物質が豊富に含まれています。この物質は、眼精疲労を予防したり、メタボリックを予防したりなど、現代人にとって大切な効果を持っています。



さらにマキベリーの抗酸化力はトップクラス!
米国農務省と米国立老化研究所が食品の活性酸素吸収能力を科学的に分析し、数値化したのが、ORAC値と呼ばれるものです。そのなかでマキベリーは、アサイーやブルーベリーの7倍もの抗酸化力を持っていることがわかりました。活性酸素の吸収能力が高く、抗酸化力に優れていると、細胞を老化させる活性酸素の働きを抑えるだけでなく、皺やシミといった肌トラブルにも高い効果を発揮します。




【マキベリーの味は?】
ブルーベリーを彷彿とさせる小さい実のマキベリー。その味は、ラズベリーやチェリーが混ざりあったような甘みと酸味を感じられる味わい。アサイーのように独特のクセもなく、単体でも食べやすいと言われています。



【マキベリー摂取方法】
日本ではまだ果実のマキベリーはほとんど流出していないため、摂取方法としてはジュースやサプリメント、粉末などが挙げられます。とくに美容を気にする女性たちに好評なのは、さまざまな用途に使用できる粉末タイプ。ミネラルウォーターやミルク、スムージーに入れてドリンクとして飲んだり、ジャムやヨーグルトにかけたり、はたまたケーキに使用したりと、楽しみ方は百通り!




細く、しなやかな樹皮の枝に覆われているマキの木。主に日当たりのよい湿った斜面に自生していますが、旱魃による長時間の水不足にも耐える強さも持っています。そんな力強く美しい木にできるマキベリー。スーパーフルーツの女王として、今後多くの女性たちを虜にすることは間違いなさそうです♪

ベリー_1428454145-500x366[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)