ピアスを開けたいけれど、なかなか勇気が持てない・・・。
でも、やっぱり開けたい人のために、今日はピアスを開ける際についてのお話をさせていただきます。
ピアスは開ける場所にも注意が必要ですし、開ける際のポイントをご紹介しますね。

●ピアス穴を開ける位置が重要ってどうゆうこと?

ピアスを開ける位置についてですが、適当に開ければいいわけじゃないですよね。
それは誰しもがわかっていることだと思います。
ファーストピアスの開ける位置でオススメなのが、耳たぶの真ん中よりも少し下くらいです。
耳たぶの真ん中でもいいのですが、耳たぶのど真ん中にしてしまうと、ピアスの穴を増やしたいときに増やせなくなってしまうので、注意してくださいね。
また、位置を間違えてしまうと、ピアスの種類によっては耳たぶが引きちぎれてしまう可能性があります。
耳たぶの下の方に開けすぎてしまうと・・・、何となく言っている意味がわかるのではないでしょうか。

●初めてピアス穴を開ける際に注意したいポイントとは?

ピアスをしたいのであれば、耳に穴をあけなければなりません。
穴を開けるという行為自体、日常生活で経験しないことですから、不安を抱くのも無理がない話でしょう。
でも、ピアスの穴にはしっかりとしたあけ方がありますから、これを知っておくことで痛みをあまり感じることなく穴をあけることができますよ。

・ピアスを開けるには?

ピアスの穴を開けるのには、ピアッサーという道具を用いるといいでしょう。
これは市販されています。
市販されているものでは、16Gと呼ばれるものが多いのですが耳たぶが厚い人はロングタイプや、14Gを用意しておきましょう。
そして、消毒液とマジック、保冷剤も用意してください。

・ピアスの開け方

まず保冷剤で耳たぶを間隔がなくなるまで冷やします。
次に、手と耳たぶを消毒液で消毒し、マジックで開けたい場所に印を付けるようにします。
マジックで印を付けるときには、鏡で左右をよく確認しながら印をつけましょう。
ここでポイントなのが、マジックで印をつけるときは、誰かにやってもらうことです。
これでブレることはありませんからね。
マジックで印を付けたらいよいよ耳に穴を開けることになります。
ピアッサーで開けるときのコツは、テーブルに肘をついて固定させ、耳たぶにつけた印にファーストピアスの先端を定ませるようにすることです。
ファーストピアスは耳たぶに対して垂直に設置し、ボタンを押すと「バチン」と大きな音がしてファーストピアスが耳たぶに刺さって終了です。

片耳だけにすると「意味」が生まれる

ピアスを片耳だけにした場合、意味が生まれることをご存知でしょうか?
片耳だけ開けると、同性愛者という意味があるそうです。

男性の場合・・・右耳のみ
女性の場合・・・左耳のみ

海外から伝わってきたものですから、日本人はあまりなじみのない意味かもしれませんね。
しかし、知っている人は知っていますから、もしかしたら誰かに勘違いされてしまうことがあるかもしれません。

さいごに

自分で開けるのがどうしても不安だという人は、無理して自分で開ける必要はありません。
それにズレたり失敗したら、耳たぶが膿んでしましますからね。
そうならないためにも、病院で医師に開けてもらうようにしてください。
皮膚科で開けてもらうのですが、安心して開けてもらうことができるでしょう。



538423d5a003308e1af675886bdb13c6_s

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)