シミは女性の敵です。撲滅しましょう。
撲滅運動を行うためにはシミが作りやすい原因と顔の箇所を確認しておく事が必要です。

<主なシミの原因>

・ストレス
・睡眠不足
・炎症(ニキビなど)
・紫外線
・加齢
・女性ホルモンの異常分泌(生理不振や妊娠など)

<シミが出来やすい箇所>

・おでこ
・目の周り
・頬
・口の周り

シミになる原因(睡眠不足・紫外線など)を行う事で「活性酸素」という身体の酸化や錆びが生まれます。
その活性酸素は「メラノサイト」という細胞と組み合わさる事でメラニン色素(シミの原因)が作られます。
それが目に見える「シミ」になるのです。

通常であれば活性酸素は身体の老廃物として体外へと排出されます。
睡眠不足などによって体外へ排出活動を行うための新陳代謝が低下します。
新陳代謝が低下する事で活性酸素が体内に溜まる→メラニン色素が生まれるという悪循環
生まれます。

夏の日差しに含まれる紫外線だけがシミの原因とはならないんですね。
さらにシミが出来やすい要因に「動かしているお肌」があります。
人間は運動などを行うと活性酸素が生まれます。お肌の運動も例外ではありません。
そのためおでこ~口までの動きの多い部分からシミになりやすいのです。

ちなみにシミの原因であるメラニン色素は実は身体を守る役割があります。
お肌に紫外線を直接浴びているのは非常に危険な事なのです!
もし、お肌にメラニン色素が生まれなかった最悪の場合
紫外線が直接細胞を傷つけますので皮膚ガンという恐ろしい病気が生まれます。
メラニン色素はその細胞に紫外線が細胞を傷つけないようにお肌の中を守ってくれます。

メラニン色素(シミ)を作らずにお肌を守る方法は?
はい、もちろんUVケアですね。
ではシミが出来てしまった場合の対処方法は?
答えはビタミンCと充分な保湿となります。

ビタミンCにはメラニン色素を抑える事が出来ます。つまりシミの広がりを抑えます。
また、メラニン色素自体の色を薄める事も出来るのでシミ改善にはビタミンCを充分に摂る事がおすすめ。
充分な保湿は日焼けによる炎症と乾燥などを抑える手段となります。
※日焼けをした場合には出来れば氷水などで充分に患部を冷やしてください。

シミの撃退にはUVケアの徹底と、ビタミンCと保湿でアフターケアが必要不可欠となります。
みなさんも夏場のシミ対策はお気を付け下さい。

外出先でもさっと使える黒ずみケアはコチラをクリック


1024-cc-library010000705
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)