女性なら誰しも「綺麗になりたい!」と願うもの。何をもって綺麗と感じるかという基準は人それぞれですが、上辺だけでなく、身体の内側、もっというとその人の内面からにじみ出るような美しさは周囲の人を魅了しますよね。そこで、今回は内側から輝くような美しさを手に入れるために身体の中から綺麗になる方法をご紹介します。

【身体の中から綺麗になる方法】

◆しっかり水分を補給する

スキンケアやボディケア、ヘアケアで一生懸命に保湿していても身体の中の水分が足りていないと細胞を潤わせることはできません。そこで、身体の外から保湿するのと同時に内側からもしっかりと水分補給を心掛けることが大切です。一日に必要な水分量の目安は体重×33。ただし、運動量が少ない人はもう少し控えめにしてもいいでしょうし、逆に運動量が多い人は水分量を多くするなど自分の体調やライフスタイルなどに応じて調整するとよいでしょう。
また、一気に大量の水分を摂取すると腎臓に負担をかける恐れがあるため注意が必要です。水分を補給する時にはこまめにコップ1杯程度を摂取するなど工夫しましょう。

◆添加物を極力控える

私たちの身体は日々口にしたものから作られています。そのため食事は重要!忙しいとコンビニ弁当やインスタント食品で済ませてしまうという人は要注意です。それらの食品には添加物が多く含まれています。添加物は気が付かないうちに老化を促進させている恐れがあるといわれています。今の時代添加物を完全に避けて通ることは不可能ですが、できるだけ口にしないよう心掛けることが大切です。

◆糖質を控える

甘いものが好き、ご飯やパンなど炭水化物が好きという人は要注意!糖質もアンチエイジングの大敵であるといわれています。注意しましょう。
とはいえ、いつも糖質の高いもの、甘いものや炭水化物、ビールなどのお酒を我慢しているとストレスが溜まりますよね。そこで、1週間のうちに1度か2度ご褒美デイをつくってそれらの食品を量を決めて摂取するなど工夫してみるとよいでしょう。

◆悪いオイルを避け、アンチエイジング効果のあるオイルを積極的に摂取する

オイルはダイエットの大敵と避けている人がいるかもしれませんが、必ずしもオイルは悪ではありません。オイルには摂取するのを避けた方がよいオイルと逆に積極的に摂取したいオイルとがあります。悪いオイルを避け、良いオイルを積極的に摂取しましょう。
悪いオイルとは、マーガリンなどのトランス脂肪酸を含むオイルや酸化したオイルなど。良いオイルとは、オメガ3脂肪酸などのオイル。オメガ3脂肪酸などのオイルはアンチエイジング効果があるといわれています。

◆1日30分程度運動する

運動は代謝を促進させる効果が期待できるため、日々の生活でできれば1日30分程度行うのが効果的です。しかし、忙しい中で毎日運動するのは難しいという声もあるでしょう。そんな時には、ウインドーショッピングで長時間歩く、通勤の時に階段を使う、遠いスーパーまで歩いて買い物に行くなどほんの少しの心掛けでできることを習慣にするとよいでしょう。

◆早寝早起きを心掛ける

夜10時頃から0時くらいまで、就寝してから1~2時間程度で分泌量のピークを迎えるといわれている成長ホルモン。私たちの身体をつくっている細胞の修復や生まれ変わりなどに作用するといわれています。この成長ホルモンを味方につけることはアンチエイジングにとってとても効果的なのだそう。そのため、夜10時、遅くても0時には就寝するのがおすすめ。早寝早起きは三文の徳という言葉がありますが、朝型の生活に切り替えることが美容の観点からみても◎。

◆ストレスは溜め込まない

美容にとっても健康にとってもストレスは大敵。とはいえ、ストレスフリーの生活はほぼ無理ですよね。そこで、ストレスを溜め込まないよう、発散できる方法を身につけておくことが大切です。没頭できる趣味を持つ、人とよく接し視野を広くするなどして上手にストレスを発散しましょう。

このほかにも心を豊かにするために読書をする、映画を観る、視野を広げる、心にゆとりをもつよう努力することも大切です。上辺だけの美しさだけでなく、内側から輝くような美しさを放つことができたなら女性として最も素敵であるといえるのではないでしょうか。

注目の水素サプリ!ハイドロゲンEX




ASE_017-thumb-1000xauto-12540

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)