「二重あご」が気になるけれど、なかなか治らないという女性、たくさんいらっしゃいます。
歳と共に、ひどくなってきていませんか。解消法、そして、防ぎ方、どのようにしたらよいのでしょうか。

「二重あごの原因」

どうして二重あごになってしまうのでしょうか。体が太っていても、痩せていても太って見えてしまうので、悩みの種です。年齢にかかわらず、悩んでいる方が多いですね。
あごのラインがすっきりしただけで、シャープな印象になるのはわかっているけれど、解消できない。
なぜ、二重あごになってしまうのか、その原因を見てみましょう。

原因① 肥満

これは、言うまでもないことなのですが、肥満により脂肪が蓄積されてあごの下にたるみが出来てしまうのは、多く見られます。
実際、太っている人の方が二重あごの人の割合は多いですね。

原因②表情筋の低下

顔にはたくさんの筋肉があります。顔の骨の表面に張り付いたようにあり、目、口を動かしたりしています。その筋肉が働かなくなり、脂肪を支えられなくなって二重あごの原因をなってしまうこともあります。
また、あご周辺にリンパ管があるのですが、筋肉が働かないことでリンパの流れも滞ってしまい、むくみ、それが二重あごにつながるとも考えられます。

原因③姿勢の悪さ

姿勢が悪いことで、二重あごになってしまうことがあります。
肩こりや首の凝りがある方は、前かがみになっていることが、多くそれが二重あごに結び付く可能性があります。

「二重あごの解消」

二重あごがどうしたら解消できるでしょうか。
もちろん、ダイエットして脂肪を減らすことは、大切な事なのですが、それだけで二重あごは解消しないことが多くあります。
リンパの流れの悪さや、筋肉の衰えが原因の場合は、脂肪が減ったからと言って二重あごは解消しないのです。
では、実際に解消する方法をご紹介しましょう。

*リンパを流す

リンパを流してあげるだけで、意外と顎のあたりはすっきりするものです。

顎の先から耳の下向かって流します。
耳の下から首の横を通り、鎖骨の上のくぼみまで流します。あまり力を入れすぎないように気を付けましょう。

*トレーニング1

①両手の人差し指をかぎの手にし、第二関節をくちびるの端にあてます。「イ~」と言いながら口を横に広げキープします。この時に首に筋が出来るくらい引き上げます。初めは、首に筋を出すのは、難しいですが、練習するうちに出来るようになります。
②5回これを繰り返します。

*トレーニング2

①ゆっくりと首をあげて、天井を見ます。
口を開けて、口角も上げ、キープします。
ゆっくりと口を閉じます。
あごを戻します。
⑤5回繰り返します。

「二重あご解消グッズ」

トレーニングに加えて、二重あごを解消するためのグッズを使うのもいいでしょう。

・プラチナローラー
色々な部分に使えるので、持っておくのも良いでしょう。テレビを見ながらでも出来るのも魅力です。

・小顔補正ベルト
色々なものがありますが、ゴム製のものが多いようです。効果のほどはわかりませんが、補助に使ってみてもよいでしょう。

「二重あご 手術」

「脂肪吸引」と言う方法もあります。
耳たぶの裏の付け根や鼻の内側など傷跡が目立たない部分から、気になるあごの余分な脂肪を吸引します。
脂肪吸引後は、緩んだ皮膚を定着しながら徐々に引き締めていくので、肌がたるむ心配もないようです。
手術時間は、30分ほどで終了します。

「二重あごにならないために」

二重あご予防に、欠かせないのが「アーッ」と口を開け、5秒間キープします。そのあと口を閉じ、5回繰り返します。
口を閉じているとき、舌の先を上の前歯の付け根のあたりにつけておきましょう。
姿勢に気を付けて、前のめりにならないようにしましょう。

「二重あご」について、ご理解いただけましたか。お顔のラインが変わるだけで、見た目の印象はかなり変わります。今日から、鍛えてにっくき「二重あご」を解消しましょう。



371aadafa5477a8652f686fb993aee87_s 

















(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)