小鼻やあごなどにニョキニョキと白っぽく現れる角栓。古くなった角質と皮脂が混じり合ってできたものです。この角栓はニキビをまねく恐れがあるため、見つけたらできるだけ早期に除去する必要があります。しかし、目に見えて確認できるほどの状態になっている角栓は洗顔やクレンジングだけでは除去することが難しくなります。そこで日々のスキンケアで予防を心掛けることが大切です。今回は、角栓ができる原因と予防法についてご紹介します。

【角栓ができる原因と予防法】

そもそも角栓はなぜできるのでしょうか。予防を心掛けるには角栓ができる原因を知ることが先決です。

◆過剰な皮脂分泌・油分過多のスキンケア

角栓ができる原因の1つに過剰な皮脂分泌があります。皮脂分泌が活発になる理由は脂っぽいものをよく食べている、ストレスなどで男性ホルモンが優位になっているなどが考えられます。食生活を見直すほか、男性ホルモンが優位になっている理由として考えられるストレスの原因を解消することで改善の見込みがあるでしょう。

また、油分過多なスキンケアも過剰な皮脂分泌の原因となっている恐れがあります。使用アイテムを見直し、油分を多く含んでいるものを重ね塗りしている場合は1つに絞る、濃厚な乳液やクリームをジェルにシフトしてみるなど工夫してみましょう。

◆ターンオーバーの遅れ

睡眠不足や加齢などによって細胞の生まれ変わりのメカニズムであるターンオーバーが遅れることも角栓をまねく原因の1つであるといわれています。ターンオーバーが遅れると古い角質が肌にたまり、皮膚が厚くなるなどして毛穴を防ぐことに繋がる可能性があります。その結果毛穴に古い角質や皮脂が溜まり、角栓ができることに。古い角質をスムーズに排出するためには定期的に角質ケアを行うのが効果的です。肌に負担をかけにくい、クレイパックや毎日塗るだけというような角質ケアアイテムを日々のスキンケアに取り入れましょう。

忙しくて睡眠時間があまりとれない時もアロマやアイマスクなどを利用してスムーズに入眠できるよう心掛け、睡眠の質の向上をアップさせることが大切です。また、就寝前にスマホやPC、テレビの使用を控えたり、就寝前に軽くストレッチをすることもスムーズな入眠、睡眠の質向上に効果が期待できます。

◆毛穴の開き

加齢や乾燥などによって毛穴が開くと、古い角質や皮脂が溜まりやすくなるため角栓ができやすくなることに。そのため毛穴を引き締めることで角栓を予防する効果が期待できるでしょう。

乾燥で開いた毛穴はセラミド、プロテオグリカン、ヒアルロン酸などの保湿有効成分が配合されたコスメを使用するのが効果的。また、洗浄力の高いクレンジングや洗顔料を毎日使用することは肌の潤いを奪う恐れがあります。肌状態やメイクによってクレンジングや洗顔の種類を変えるなど工夫しましょう。

加齢による毛穴の開きには肌のハリ・弾力をアップさせるケアを行うのが効果的です。コラーゲンの合成に効果が期待できるビタミンC誘導体などが配合されたコスメを使用しましょう。また、コラーゲンやプラセンタなどのサプリメントはコラーゲンの合成に作用するといわれています。就寝前にビタミンCと一緒に摂取するとハリ・弾力をアップさせる効果が期待できるでしょう。

◆洗顔やクレンジングなどで汚れをキレイに落とせていない

毎日何気なく行っている洗顔やクレンジング。しっかりとメイクや汚れを落とせていないと角栓ができてしまうことに。クレンジングは手持ちのメイクアイテムをきちんと落とすだけの洗浄力があるかどうか見直しましょう。また、洗顔料は汚れを吸着するチカラがあるクレイが配合されたものや酵素入りのものを使用するのがおすすめ。たっぷりと泡立て肌に負担をかけずに汚れを落とすよう心掛けましょう。

いかがでしたでしょうか。角栓を予防することでニキビも予防し、健やかな美肌をキープしましょう。



c00928fdf5cf78ff95881283c7a991bf_s

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)