紫外線や日焼けが気になりだす季節になると、ビタミンCをメインとしたサプリメントを飲んだり、今まで使っていた美容液をビタミンC入りの美白系に替える女性が急増します。「美白・美肌=ビタミンC」という情報は、ほとんどの女性の中で定着しています。

しかし、ビタミンCはそもそも食べ物に含まれている成分であり、口から摂取するはずのもの。そのビタミンCが、本当に肌から吸収されるのでしょうか?さらにビタミンCは水溶性ビタミンといって水に溶けやすい成分。私たちの表皮には皮脂という脂がついているため、それだけを考えても水溶性であるビタミンCがすんなりと肌から吸収されるとは考えにくくないですか?

 【ビタミンCは肌から吸収されない!】

ビタミンCはとても不安定で、空気に触れるだけで壊れるほど弱く、とても敏感な成分。空気と触れることによって過酸化ビタミンCにとなり、肌を傷つけてしまう場合もあります。では、どうやって肌からビタミンCを入れるのでしょうか?

ビタミンCが肌へ悪影響を及ぼさないように新しく開発されたものが「ビタミンC誘導体」という成分です。ビタミンC誘導体は肌に吸収されやすい構造に変換されており、同時にビタミンC効果の安定性も高められているので、空気に触れても簡単に壊れたりはしません。夏に女性が使いだす化粧品に含まれているのはビタミンC誘導体。美白系の化粧水や美容液の有効成分としてよく使われており、誰でも気軽にビタミンC誘導体を使うことができます。

また、ビタミンC誘導体に限らずほぼ全ての化粧品にいえることですが、肌に浸透しやすい構造をもつビタミンC誘導体でも、肌への吸収は表皮の上部を構成する「角質層」までしかされません。私たちの肌はサンドイッチのように「層」になっており、皮脂膜→角質層→表皮層→真皮層という順に深くなっていきます。上から数えると2番目までしか浸透しておらず本当に効くのか不安になりますが、ビタミンC誘導体は角質層に届くだけでも美肌効果を発揮してくれます。

【ビタミンC誘導体の美肌効果】

ビタミンC誘導体には、水溶性ビタミンC誘導体・脂溶性ビタミンC誘導体と、その両方を合わせもつ新型ビタミンC誘導体があり、それぞれ効果の現れ方が異なります。

◆水溶性ビタミンC誘導体

水溶性ビタミンC誘導体は通常のビタミンCの8倍の浸透力をもつため、すぐに角質層に浸透し、ビタミンCの効果を発揮します。その効果は12時間持続すると言われており、メラニン生成抑制・メラニンの排泄・ターンオーバーの改善・皮脂分泌の正常化などの効果が期待できます。しかし、毛穴を引き締めることにより皮脂の過剰分泌を抑える効果もあるため、乾燥肌の人にとっては更に乾燥を招いてしまう可能性もあるので要注意です。

◆脂溶性ビタミンC誘導体

脂溶性ビタミンC誘導体は、クリームやジェルでも使えるようにしたもので、水溶性ビタミンC誘導体よりも浸透率が良く、持続性も高くなります。普通のビタミンCと比較すると20~30倍の吸収性をもち、持続力も水溶性ビタミンC誘導体の倍になります。しかし、脂溶性ビタミンC誘導体は水溶性に比べ即効性に劣るので、即効性を求める人には脂溶性ビタミンC誘導体は向きません。秋や冬の美肌対策には効果をじっくりと出す脂溶性を使用し、皮脂が気になる夏に水溶性を使用するのも良いかもしれません。自分が何を効果として求めるかによって水溶性と脂溶性を使い分けることをおすすめします。

◆新型ビタミンC誘導体

ビタミンCの100倍の浸透性があるとして、話題になっているビタミンC誘導体。水溶性と脂溶性の性質を併せ持つため、抜群の浸透率と即効性を兼ね備えています。ただし、安定性にはやや欠けており、臨床における美白効果のデータがないため、厚生労働省にまだ認可されていません。新型ビタミンC誘導体の美白効果が認められれば、各美容ブランドや女性たちの注目の的になることは間違いないでしょう。

夏に受けた紫外線によるダメージは、時間をかけてゆっくりと表面に出てきます。
ビタミンC誘導体を上手に活用し、紫外線に負けない美肌作りをしていきましょう。



73297c4744fa01fd4c1b4fe7904c7e97_s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)