さて、夏も終わりそろそろ楽しみなブーツの季節ですね。でも!ブーツを脱いだらイヤ〜な匂いしてませんか?自分の臭いは慣れている為、気がつきにくいものです。それでも気がつくような強烈な臭いは、他人にとっては苦痛でしかありません。友達の家にあがるときに、居酒屋のお座敷席の時に…。いつ靴を脱ぐタイミングが来るかわかりません。常に臭わない足で居る為に、ここでは足の臭いの原因、簡単に自宅で出来る改善方法を詳しく説明していきます。

【そもそもなんで足ってくさくなるの?】

人の汗腺は「アポクリン腺」「エクリン腺」という2つの汗腺があります。足の裏にはこの「エクリン腺」が集中していて、体の中でも多く汗をかく部位です。平均でなんと、一日コップ一杯(約200㏄)の汗をかくと言われています。ですが足の臭いの原因は汗そのものではありません。汗は無臭なのですが、この汗を食べる犯人がいるのです。その犯人とは・・・細菌です。細菌は汗を食べて繁殖します。そしてその際の老廃物としてニオイ物質を放出するのです。これが足の臭いや体臭が発生するメカニズムなのです。

・足の臭いの原因

足の汗は実は無臭。
人の汗腺は「アポクリン腺」「エクリン腺」という2つの汗腺があります。

よく耳にするのは「アポクリン腺」ではないでしょうか。アポクリン腺とは乳輪、ワキ、陰部など決まった部分にしか存在しない汗腺で、成分は中性脂肪・アンモニア・脂肪酸などが中心なので、臭いの元になる物質が分泌されます。逆に聞きなれない「エクリン腺」が分泌する成分は、99%が水分で、残り1%は塩分です。つまり臭いの元となる成分はほとんど分泌されません。

足の裏にはこの「エクリン腺」が集中していて、体の中でも多く汗をかく部位です。平均でなんと、一日コップ一杯(約200㏄)の汗をかくと言われています。ですが足の臭いの原因は汗そのものではありません。先ほどお話した通り、エクリン腺からでる成分はほとんどが水分で構成されているので、無臭に近いのです。

では何故足は臭くなるのでしょうか?

足の裏の雑菌が原因だといわれています。
足裏足の裏の皮膚は分厚く、表面の皮膚が剥がれ落ちやすく、それが垢になります。垢は雑菌を繁殖させる恰好のエサになり、さらに皮脂腺からの分泌液や汗が混ざると、あのいやーな臭いを発するのです。具体的には白癬菌やバクテリアが繁殖すると言われています。

しかし白癬菌や雑菌、バクテリアは、どこででも繁殖するわけではありません。繁殖するためには、温度や湿度など、一定の条件が必要になってきます。白癬菌などの雑菌は湿った場所を好み、「温度15℃以上、湿度70%以上」になると活発に活動、増殖します。この状態で皮膚に白癬菌が付着すると、急速に増殖し、角質層へと侵入し、やがて水虫の症状として現れてくる場合があります。特に靴を履いている足の裏は「湿度90%以上、温度は30℃以上」にもなるといわれているので、白癬菌が繁殖するには好都合なのです。


・ストレスは臭いの原因

ストレス足の臭いはストレスも要因になる場合があります。例えば、休日家にいる時は全く臭わないのに、出社し仕事をしていると足の臭いが気になってくる。緊張する場面に遭遇すると、手のひらや足の裏に汗をびっしょりとかいてしまう。などの状態の時に汗をかいたりする方がいます。このようにストレスによって起こる発汗を「精神性発汗」といいます。

具体的には、

◾環境の変化がある時
◾緊張した時
◾驚いた時
◾痛みを感じた時

このような時に汗をかきやすいと言われています。

・汗をかきやすい食材に要注意

直接足の臭いを強くする食事は特にありません。しかし、食べる料理や食事の仕方で、汗のかき方は変わってきます。先ほどお話した通り、汗と足の臭いは密接した関係があります。つまりは汗をかきやすい食事は、間接的に足の臭いに影響するということです。

足の臭いを気にする場面では、以下の食材に気を付けましょう。
具体的に汗のかきやすい食材とは、

◾カレースパイス
◾しょうが
◾にんにく
◾唐辛子
◾ねぎ
◾キムチ

などです。足の臭いの予防を考えると、これらの食材の摂取を控えると良いでしょう。

【足の臭い改善!簡単に自宅で出来る方法をご紹介】

足の臭いを改善させるには大きく分けて二つの方法があります。足自体の消臭と使用する靴の消臭です。

◆足自体の消臭を行う

身体洗う用ブラシまずは足自体の消臭で効果的かつ、簡単に行える方法を紹介します。

・臭くなりにくい足の洗い方を行う

入浴時、足をしっかりと洗っている方は少数かもしれません。さっと洗って終わりにしていませんか?正しく洗えば臭いは軽減されます。ここでは正しい足の洗い方をお教えします。

1.湯船に浸かるか、洗面器にお湯を張り、足をゆっくりつけて十分に水分を吸わせましょう。最低でも、3分以上はつけると良いでしょう。
2.皮膚が柔らかくなった所で石鹸を泡立て、手で優しく洗っていきます。ボディーソープは保湿成分が含まれている場合が多いので、固形石鹸を使うことをオススメします。
3.汚れの溜まりやすい指の間、爪の間を念入りに洗いましょう。爪の間はブラシがあると、しっかり汚れを落とせます。
4.泡を洗い流し、タオルで水分を取ります。かかとや指の付け根などを軽石ややすりで優しく擦ります。水分を拭き取ってから行うことで、必要な角質を取りすぎません。
5.もう一度洗い流し、清潔なタオルで、水分をしっかり拭き取ります。しっかり足が乾くまで何も履かない様にしてください。

4のやすりや軽石でのケアは、週に一度程度スペシャルケアとして行いましょう。普段は1~3、5の工程で構いません。

・ミョウバン水で足の臭いを消す

ミョウバン水とは、簡単に安価で作ることが出来る、消臭スプレーです。殺菌作用、制汗作用、収斂作用、アンモニア臭を中和する働きがあります。

必要な物

◾焼ミョウバン 50グラム(スーパーで100円程度で売られています)
◾水道水 1.5リットル

ミョウバン水の作り方

1.ペットボトルにミョウバンと水道水を入れ、振り混ぜます。
2.ミョウバンはすぐには溶けないので、たまに振り、冷蔵庫で保管して下さい。
3.透明になったら「ミョウバン原液」の出来上がりです。

ミョウバン水の使い方

1.ミョウバン原液を10倍に薄め、スプレーボトルに入れて使います。
2.後は気になるところにスプレーするだけです。
3.
洗い終わった足にスプレーしたり、洗った靴下に直接ふきかけて、乾かすと臭いがなくなります。

また小さいボトルに持ち歩けば、気になる時にさっとスプレーできます。消臭効果があり、安全なので、他の臭いの気になる体の部分(ワキなど)に吹きかけても構いません。

◆靴の消臭を行う

・靴を休ませる

靴を休ませ、ローテーションする事は立派な消臭ケアです。一日履いた靴は、水分や湿気が取れ切れるまで最低2日は必要です。
湿気が取れ切れず、同じ靴を履き続けると臭いの元になるので、しっかり靴を休ませましょう。

・重曹シューズキーパーを使用する

重曹とは天然の無機物質で「炭酸水素ナトリウム」という物質です。研磨作用・中和作用・消臭作用・吸湿作用など、生活に役立つ幅広い様々な役割持った物質です。安全な天然素材で、人体への影響も心配ありません。

必要な物

◾重層 2分の1カップ(薬局などに売っている)
◾薄手の靴下またはストッキング 一足

使い方

1.使い古しの靴下かストッキングに重層をいれ、口を結びます。
2.それを臭いの気になる靴に、一晩入れておきます。
3.下駄箱に入れておいても、消臭剤としての効果があります。

※重層シューズキーパーは三か月を目安に変えて下さい。

・靴を冷凍する

一番手っ取り早い方法かもしれません。靴にいるバクテリアなどの雑菌は、冷凍庫の温度では、ほとんど生き残る事が出来ません。ジップロックなどに入れて一晩冷凍庫に入れておくと、臭いが消えます。

いかがでしたでしょうか。今回ご紹介した改善方法は、自宅で簡単に出来る方法です。気になっているけど「まぁいいか」と思わず、周りの人たちの為にもしっかりケアしましょう。特に夏は蒸れやすく、仕事靴の革靴などは、臭いやすくなっているでしょう。まずは自分が行いやすい方法から試してみましょう。



5cd6b8a7becc34c14bcd89f87f8a2b30_s

 (女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)