ファッション雑誌やメディアなどで数多く紹介されているスキンケア商品。
たくさんの用途や商品があり、どんな物を選んでいいか迷ってしまいますね。
口コミサイトなどで商品の評価や使用感を調べてから購入を決める方も多いのではないのでしょうか。

今人気の商品は、何か?皆が求めているモノは一体どんなものなのか?など、今のネット時代では簡単に手に取るように知ることが出来ます。

そんな中でボディにも、洗顔にも人気のあるスクラブ商品を見てみたいと思います。
スクラブとは一体どんな物なのか、いまいちよく分からないという方も多いのではないのでしょうか。


スクラブとはクレンジングやマッサージパックに含まれる粒子状のパウダー物質の事です。
主にお肌の上でコロコロと転がり、摩擦によりお肌の汚れや角質除去するのが目的です。

スクラブ成分には様々な種類があり、アンズ核などのバラ科植物のアンズや、結晶セルロース、コーンスターチなど植物性の種子や繊維を基にしたいろいろな成分。
また研磨剤の一種で、アルミナという可溶性のアルミニウム塩の水溶液から得られる成分は、無臭で水に溶けないので、白色顔料としてメイク製品にも使われています。
その他にも火山から産出される火成岩を粉末にしたもので、化粧品成分表示名称で軽石と言われているものや、よく洗顔料で見かけるのはシリカやポリエチレンと様々な種類があります。
スクラブの効果としては、 溜まった古い角質や乾燥して硬くなった角質を除去して、顔だけでなくカカトや膝の黒ずみを防いだりもしてくれます。

数多く取り上げられている「SABON」のボディスクラブは死海の塩を主としており、くすみの除去やお引き締めに効果的で、滑らかでつるんとしたお肌に仕上げてくれます。
またスクラブにはマッサージ効果もあり血行を促進し代謝を高めるといった効果も期待できます。
SABONボディスクラブにはアーモンド、ホホバ、ボラージなど自然の恵みがたっぷりのオイルも豊富に配合されているので保湿もしっかりしてくれるのが魅力的です。
一度使うとやみつきになってしまう女性が続出しているようですよ。

ボディスクラブの使い方としては、身体を洗ったあと軽くタオルドライしてから使うのがオススメです。
身体を温めて柔らかくなった肌へ使うと、より効果を感じられます。
スクラブを使うときは優しく肌へ乗せ、力を入れすぎない事。ゴシゴシと強く擦ってしまってはお肌を傷つけてしまいますので、軽く撫でるようにしてください。カサつき、ザラつきが気になるかかとや膝などは丁寧にケアしてください。
ボディスクラブは保湿成分が含まれているとはいえ、角質層を剥がしくすみやザラつきをケアします。
そのため頻繁に使用しすぎると肌トラブルの原因にもなってしまうので、週1~2回を目安にしましょう。
また日焼け後や脱毛前後などによりお肌がダメージを受けている時は、1ヶ月に1回または2~3週間に1回ほどに回数を減らし、お肌の状態が改善してきたら徐々にペースを戻すのがいいですね。
男性もスキンケアをする時代になり、身だしなみには気を使っている方も多いですね。

男性用のクレンジングフォームなどにもスクラブは使われています。
皮脂分泌が多く古い角質が溜まりやすい男性のお肌にスクラブを使う事で、角質を除去しお肌を引き締めながら皮脂分泌を抑えてくれます。
男性にはオススメのスクラブ洗顔ですが、女性のお肌はとてもデリケートで敏感にできており、少しの刺激にも反応してしまいます。
女性が洗顔を行う際には濃厚でたっぷりな泡で抑えるように優しく洗うのがオススメです。
くすみやザラつきが気になるという方は月に1~2回程スクラブ洗顔をしてもいいかもしれませんね。その際にはしっかりと保湿をし、お肌をケアしてください。

スクラブの選び方としてオススメしたいのが、お肌に近い弱酸性であることと、保湿効果が高いことを見極めて選んでください。
またボディスクラブはリラックス効果のあるアロマオイルとお塩やお砂糖を合わせて作ることが出来ます。
塩スクラブは粒の大きさが小さいほど、肌当たりはマイルドで引き締め効果もあり、洗い上がりさっぱりになります。
砂糖スクラブは肌当たりがマイルドで溶けるまでの時間が早く保湿効果もあり、洗い上がりはしっとりな使い心地など好みに合わせて手作りしてみるのはいかがですか。


このように、スクラブはお肌の保湿や新しいお肌の生まれ変わり維持のためには、必要なモノです。
ただ単に、体を毎日洗っているよりも、週に一回のスクラブでお肌のキメを整えているというモデルさんも多いそうです。
いろんなスクラブが世の中には沢山発売されているので、自分に合ったもの、好きなモノを選んで、私達の綺麗なお肌を保っていって下さい。
正しいスクラブ方法を知ることで、ちゃんとお肌のキメは保つことは出来ます。



背中ニキビクリーム、ルフィーナ

CRI_IMG_6016-thumb-815xauto-18015
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)