自分らしい香水を身にまとっている女性は、男性から見てもとても魅力的です。
でも香水って種類がいっぱいあるし、どれを選んだらいいかわからない……と手を伸ばせない女性は多いですよね。

今回は、フレグランスブランドとしても人気の高い「L'OCCITANE」から、香水初心者さんから上級者さんまで楽しめる好感度UPの香水をご紹介します。


【L'OCCITANEとは】

植物原料とエッセンシャルオイルをベースとする自然派のコスメティックブランドとして、1976年に 南仏・プロヴァンスで誕生しました。とくに厳選された植物素材を使用し、上品さと可愛さ、そしてナチュラルさを兼ね備えた“フレグランス”は今日に至るまで世界中の女性たちを魅了し続けています。


【男子が好きな香りNo.1といえばシトラス】

爽やかでフレッシュな香りのするシトラス(柑橘類)は、万人に受ける好感度の高い香水。

特にナチュラルな女の子がタイプの男性や、強い香りが苦手な男性にも「いい香り」と思ってもらえるハズレなしの香水です。

◆ヴァーベナ
ピュアシトラスの香りです。「恋をしそう」そんなドキドキする瞬間の気持ちを味わわせてくれる、とびきりフレッシュでみずみずしい香りです。
レモンのような甘酸っぱい香りから、フローラルに似た優しい香りに落ち着いていきます。
香水としてはもちろん、ルームフレグランスとしてカーテンやクッションに一吹きするのもGOOD♪ 部屋中がいい香りで満たされます。

◆シトラスヴァーベナ
レモンとグレープフルーツの元気いっぱいの香り。
香水とは思えないほど軽くナチュラルな香りなので、食事の約束の際にも相手を不愉快にさせません。
目覚めたときや、お風呂上りにシュッと身にまとえば、1日を心地よくしてくれます。自分だけでなく、周りもHAPPYにさせる香りです。


【女性らしさを堪能できる香りといえばフローラル】

甘く大人っぽい香り持つフローラルは、身にまとう女性によって可愛くも美しくも感じさせる変幻自在の香り。

目を引くオーラを持つ女性が好きな男性や、可憐な女性が好きな男性から好まれる香りです。

チェリーブロッサム
ピュアで愛らしい花々をブレンドした、透明感のある香りです。壮大な自然に囲まれた、南仏・リュベロン。
春になると桜の花が村いっぱいに咲き誇ります。年月が経ち、その桜の花をみて思い出すのは、淡く美しい初恋。その儚い日々を閉じ込めた香りです。
時間が経つとほんのりと甘く優しい香りが残り、まさに乙女の香水。
愛する人と過ごす一瞬を大切にするために、デートの前につけて行きたい香水です。

◆ローズ
笑顔と幸せを咲かせてくれるロクシタンローズの香り。
13世紀のローズガーデンに舞い降りたような、気品溢れる女性らしい香りで、男性も女性も虜にします。
この香りを自分のものに出来たら、女としての格が上がった証拠。
特別な日はもちろん、寝る前に一吹きして香りを楽しみながら眠りについて、愛らしさを高めていきましょう。

◆ピオニー
爽やかでありながら上品さを兼ね備えたピオニーの香り。
華やかな美しさの可能性を、果実のような蕾の中に秘めています。朝露が舞い降りて、そのベールをやさしく溶かすとピオニーは目を覚まします。
全ての女性がもつ美しさの蕾を、ドラマティックに開花させる香水。
フレッシュなシトラスで幕をあけ、艶やかでフェミニンなピオニーの花が咲き誇ります。
毎日の生活に取り入れていけば、それだけで女性としての魅力がアップしていきます。


香水は1つにこだわらずに、その日の気分によっていくつかの種類を使い分けるのも楽しみの1つ。
「香りが強いな」と感じる場合は、量を調整したり、香水をつける部分を首元や手首から下げて、足首につけたりすると優しく香るようになります。

お気に入りの香水を見つけて、男性をうっとりさせてしまいましょう♪







AI_IMG_7674-thumb-815xauto-12533
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)