女の子の体はメリハリボディが大事と言われているけれど、部分的にダイエットなんてとても難しい話です。
全体的にスレンダーになるのは簡単でも、胸だけは残してウェスト引き締める、ヒップの膨らみも残して、足は細くする。このように漫画のようなメリハリボディを作るのは容易なことではありません。

年齢とともにお尻が大きくなってしまうのにはたくさんの原因が隠れており、一概にこれ!とまでは言うことができません。それでは人が大きくなってしまう原因を個別にわけていきたいと思います。

まずは骨盤のゆがみ、猫背、足を組む癖、内股歩き、座りっぱなしの生活、運動不足、サイズのあっていない下着、ヒップのたるみが起きる原因はもちろん1つではありません。遺伝的な体質や、年齢を重ねていたろうかなど様々な原因が重なって起きてしまいます。
ですがこういった体のメンテナンスは自分の努力次第で、改善できることがたくさんあるので、今からでもヒップアップエクササイズは遅くはないのです。



ヒップアップ簡単エクササイズ方法

まずは上半身をしっかり起こして、顔はまっすぐ正面を向いてください。
手は肩幅くらいに開き、肘から肩にかけての角度が90度になるようにします。そして片足の膝を曲げそのまま床から足を持ち上げる。
それを左右に10秒キープしながら行ってください。そしてヒップにハリをもたらす方法は、つま先を揃えて足の裏をしっかり床につけます。そして太ももの内側の筋肉を使って、左右のくるぶしと膝の間が開かないようにします。

そしてお尻のサイズの筋肉を寄せるようなイメージで、腰から上に持ち上げていてください。肩と手で体を支え、より高く上げるようにします。

次はヒップと足の境界線を綺麗に作る方法です。上半身は正しい姿勢を保ち、その姿勢をキープしたまま膝から下を横に曲げて椅子に乗せてきます。そのまま、椅子に乗せた足に体の重心を移動させていきます。太ももからお尻までの筋肉が震えてくるまで行うことで効果実感できます。これを左右20秒キープで行ってください。

今度は外側に広がってしまったお尻をきゅっと引き締める方法をご紹介します。両足の膝から上は床につけ頼ま、膝から下を開いていきます。両膝の間が開かないように注意して、限界まで近づけます。
お尻の穴をぎゅっと締めるようにしてお尻の穴に力を入れることで効果が期待できます。広がってしまったお尻は、なかなか元に戻すことは困難です。ですがこのエクササイズで広がってしまったお尻を元の位置に戻すことで綺麗なお尻に仕上がるのです。

最後にお尻の上部に効くエクササイズです。まずは両膝を揃えて膝を軽く曲げます。そしてそのまま足の付け根から持ち上げるように曲げていきます。両膝が離れないように注意することで効果は実感できます。このときに顔が正面より少し上を向くくらいまで、上半身を反らせてエビ反りのような形になることでお尻の筋肉が引き締まっていくのです。

この他にも小さなハート型のお尻を作る方法というものもあります。まずは足を肩幅より広めに開き、つま先を外に向けて伸ばしていきます。この時に両手を方の横に置き息を吸って準備しておいてください。次に息を吐きながら、お尻の割れ目を中央に引き寄せるようにして、状態を胸くらいまで持ち上げていきます。この体制で5秒間キープしてください。
この時に、体だけで持ち上げるのではなく、腹筋と背筋などの筋肉を使って状態を支えていきます。そして息を吐きながら元の位置に戻していきます。


その他にも、うつぶせになり両手はおでこに持っていきます。この時に足は片場くらいに開いてください。
息を吐きながら、膝まっすぐに伸ばしたまま両足を持ち上げていきます。そしてゆっくりと両足下ろします、この動作を繰り返すことでヒップアップ効果が実感できるのです。


エクササイズとなると、なかなか続かないなあ…という人の場合、自宅や空いた時間にできるとても簡単な引き締め方法をご紹介していきたいと思います。

まずはよくある話ですが、階段を上る時につま先立ちで上がっていると思います。それをかかとまでしっかりとつけてのぼり降りするようにします。そうすることで、お尻の筋肉がしっかりと使われるようになるのでヒップアップにも効果的です。

そして立ち仕事をしている人などは、お尻をきゅっと締めるようにお尻に力を入れ、その状態を30秒程度維持するようにします。これらを毎日3回程度繰り返すだけでお尻の筋肉が鍛えられるので効果的です。


鏡を見て、正面で見える部分は自分の目にも見えてしまい気になってしまう部分ですが、背中やお尻など、他人からみないとわからない部分は少し見落としがちになってしまいますよね。やはり後ろ姿が美しい人は、正面を向いても美しいと言われるほどあって、日ごろから見えていない部分にまで目を配るのが女性には大切なことなのでしょう。







2015081000047_3
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)