雑誌などで一週間・一ケ月着回しコーデなんて言葉を雑誌で見たことあると思います。
少ない服の枚数で着回してオシャレにコーデ出来るのってスゴイなんて思ったことありませんか?
着回しでオシャレは苦手なんて思っている人も多いと思います。

今回はそんな着回しが苦手な人のための簡単なアドバイス・コーデの紹介をしたいと思います。


◆着回しに一番いいのはシンプルなもの

着回しに一番いいものは主張があまりなくバランスがとりやすいシンプルな服ですね。
例えば、家に必ずといってもいいほどあるチェックシャツや白いTシャツ。白いTシャツは流行のプリーツスカートや、ワイドパンツに合わせてチェックのシャツを羽織るだけで今風なコーデに早変わり。チェックシャツだけでも腰に巻いたり肩にかけてみたりと、使い方は自由です。
よく雑誌でアウターは着るのではなく羽織る!なんてフレーズもあるように、着るということ以外にも使い方は人それぞれということですね。


◆サイズ感を大事にしよう

基本Tシャツを買う時自分に合ったぴったりなサイズ選んでませんか?もちろんくびれも出ますしスタイルがよく見えたりします。しかし、ぴったりなTシャツを着ることによってくびれが目立ってお尻が大きく見えたり、どこかマイナスなポイントが出ちゃったりもします。
なので、あえてワンサイズ大きいサイズの服を買ってみてはどうでしょうか。ワンサイズ大きめの服って太って見えそうなんて思う方の方が多いと思います。でも、そうでもなかったりします。

ぴったりのサイズ感のTシャツを着ることで腰回りのお肉が目立つことや、さっきも言った通りお尻が大きく見えることだってあります。必ずしも、ぴったりなものを買うのではなく、ワンサイズ上のものを選んでみませんか?
ワンサイズ上の服を選ぶと腰回りの肉感も隠すことも出来て、お尻も小さく見せることも出来ます。魅せ方によっては流行の抜け感が出たりしますね。

サイズ感といえば海外セレブを見ると、一見なんでもないような服でもなぜか様になっていてかっこよく感じませんか?
そこで学ぶべきなのが、サイズ感です。なんでもないシンプルなものでもサイズ感を知っていれば自分の見え方もガラッと変わります。

オシャレに着回すポイントで重要なのはサイズ感なのかもしれないですね。


◆雑誌のオシャレにとらわれ過ぎないで

雑誌に出ているこの服カワイイ、この服もカワイイ、トレンドは持っておかなくちゃ、なんて思うことありますよね。
実際はそんなことないのに変な焦燥感にかられてしまって買ってしまうこともあると思います。ですが、その服を買って毎日その服装でってことはないですよね。飽きが来てしまっては買った意味もなくなっちゃいます。
自分なりのオシャレとしてこのスカートにはこれを合わせてみよう、など雑誌でオシャレを決めるのではなく自分なりのコーデを楽しんだ方が服を買ってよかったと思えるのではないでしょうか。


何でもかんでも、可愛いと思って買うのではなく、少ない服で着回した方がもしかしたらおしゃれが楽しめるポイントなのかもしれないですね。



トレンドの洋服がプチプライズにて販売

GREEN_E20140125-thumb-815xauto-16630
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)